わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


にっちもさっちも
ああ 今日もよく仕事をした一日でした。とてもがんばりました。
ただ、いい仕事ができたか、は? あと、自分の仕事ができたかというと、(お手伝い要員として活躍(笑)したので)そこは全然ダメでした。ふう。

こういう健康に関する話題、当たってるものなんでしょうか。
私がふだん飲んでるものって、それはダメですとばかり言われてるけど ^^;;;
  コーヒー or ジュース?「朝一番」に飲むべきドリンクとは
チーズの保存も、全然間違ってたみたいです T_T
  チーズの保存に、ゴールデンルールあり!

秋なので、いろいろな話題が。
オレンジ色がキレイです。
  甲州 オレンジ色がすだれのように…干し柿の天日干し
少なくなる、いなくなる方のニュースが多い中、よかったです。
  「死の川」よみがえり、サケ遡上 住民の稚魚放流が実る
ここまで、赤ちゃんの時と大人になってと柄が違うんですね。どうやって変わっていくんだろう?
  多摩動物公園 マレーバクの赤ちゃん誕生 「ソラ」ちゃん

デスクワークが長くて、姿勢が悪くなりがちなんですが、俳優さん、ダンサーの方達、姿勢がいいですね。で、若々しい。見習いたいものです。
  片岡仁左衛門さん、73歳だそうです... @_@
  ジョージア国立バレエ団で指導している、往年の名ダンサー、ミハイル・ラヴロフスキー。76歳。
しゃきっとしてはります。なんと、いまだにピルエット周りはるそうで... (私、いまだに全然まともに回れません ^^;;;)
ラヴロフスキー、いまだにバーレッスンを欠かさないそうです。
そういう毎日の努力、あと何より筋力トレーニング大事なんでしょうね。
  26歳で世界最高峰の舞台へ。彼女を突き動かす原動力とは
しゃきっとされてるの、立ち姿が美しいの、なんと言っても体幹がしっかりしてるんでしょう。私も毎日、せめて1回でもいいから続けないとねえ。

去年は全滅だった葉ボタン。今年はどうでしょう。
ちょっと葉っぱが、いつもの年に比べると細い(育ってない)ような気がするのですが。例年に無く早く寒くなってますしね。ちょっと心配。
  
23:19 - comments(0) -
やっとこさっとこ
今日は1本、映画を観ることができました。
ボブという名の猫 幸せのハイタッチ
観たかった映画で、でほんとのほんとにボブが可愛くて(影武者も混じってるそうですが、ボブ自身も結構出演しているそう) ^-^ 
いろいろなきっかけで躓いて、いったん躓くとなかなか立ち直るのは大変で。
でも、何よりもボブの、そして周りの人たちの支えで、ジェームズがしっかりと立ち直っていく様子。
昨日の魔笛じゃ無いけれど、こういう心暖まるストーリー、しかも実話。ああ 見て良かったとほっこりしました。

それにしても、映画久しぶりだなーと思ったんですが、この前いつかと調べたら何と8月末。ほとんど3ヶ月ぶりでした @_@
この間、忙しかったから.....
年に50本くらい見れるといいなとか思ったけれど、とってもそんな数にはならないけれど、これから年末まで、もうちょっとは映画、見たいですね。がんばって時間作ります。


猫つながりのニュースいろいろ。
  動物写真家・岩合光昭が教える「猫に嫌われないコツ」とは?

  『夜廻り猫』漫画家・深谷かほるインタビュー「登場するのは私が心を理解できる人たちだけ」。Twitterから広がる涙の物語
  「あなたの頑張りによって私は励まされる」漫画を─深谷かほるさん『夜廻り猫』ブクログ大賞受賞インタビュー前編
  人が出会うつらさには、「問題そのもの」と「孤独」の二つがある─深谷かほるさん『夜廻り猫』ブクログ大賞受賞インタビュー後編
「夜廻り猫」の新作、22日発売ですね。そろそろ予約しておかないと。

  猫はどうして「ペット」になったのか。なぜ「気まぐれ」なのか? 動物学者が語る猫研究の最前線!


いいお天気の一日でしたが、明日は雨に、そして一気に寒くなるとか。
これからの1週間は上が12度、下が5度くらいの予報。ううう 聞いただけで凍えそうです。冬になっちゃうんですねえ.....
 
22:10 - comments(0) -
しっかり予習
ああ 何だかバタバタとしています。



宝塚歌劇、それにしてもすごい世界というか、実力というか。
「るろうに剣心」は、ああ そら タカラヅカの世界だはと思ったのですが、さすがに「ポーの一族」は無理が... と思ったのだけれど、何かすごい世界が伝わってきますね。また、大人気になりそうな感じです。
  花組公演『ポーの一族』制作発表会

こういう、全然異なる世界(?)の組み合わせって凄いです。
能も、狂言も、全然わかってませんが、マリーアントワネットとタカラヅカならまだしも、能でねえ...(そういえば、「ガラスの仮面」も能になってましたね。)どんななんだろう?
  梅若玄祥と野村萬斎が語る、能と狂言の世界
  新作能「マリー・アントワネット」、新作狂言「鮎」にそれぞれ主演する2人に聞く

さて、これもそういう異なる世界の融合なのかな、再来週、モーリス・ベジャール・バレエ団の「魔笛」を観に行く予定。
元は、モーツアルト作曲のオペラですが、まだ見たことがなかったので、予習しとかないと分からないなあと思っていたら、ラッキーなことに英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマ、今期の第1作が「魔笛」で今日まで映画館にかかっていたのを観に行くことができました。
楽しくて(オペラって悲劇が多いですけれど、こういうハッピーエンドの喜劇もいいですね)、モーツアルトらしい美しい旋律の歌が多くて、大満足でした。(2幕物、途中2時間ほど休憩があって、3時間半かかったので、そこはちょっとだけ辛いですけど。)シネマは、いろいろ解説も入るので、わかりやすくて助かります。
さてこれで準備万端、かな。バレエの方も存分に楽しみたいと思います ^-^


柿の色が青い空に映えています。秋ですね。
 
23:18 - comments(0) -
少しずつ
今日は晴れましたが、昨日からの冷え込み、今日も続きました。
そろそろ冬(が近い)という感じになってきました。

この頃、ちょっと疲れると、気候が変わると、すぐにお腹を壊します。
(と言うと、家族には、単に食べ過ぎてるんじゃないの?とよくいわれますけれど。。。)
分量も、あと、脂っこい物がダメになってきました。
生クリーム、大好物だったのに、この頃は有名パンケーキ屋さんのこんもり盛られた生クリーム、昔なら驚喜してたのがああ これは無理...と思うようになってしまいました。年なんでしょうね。寂しいです。
相変わらず、乳製品が好きで、チェックはいろいろするんですが。
体重のこととか考えずに、食べれるときに食べとかないとダメですよね。←こういうこと思うから、痩せないんですけど。
  チーズもクリームも食べ放題 タカナシ乳業の新業態 
  形だけじゃない「おいしさ」 幕別の工房「カチョカバロ」
チーズやヨーグルトも、そしてワインの発酵食品ですね。
歴史ひもとくと、古くにさかのぼれるんでしょうね。
  世界最古のワイン醸造痕跡見つかる ジョージア、8000年前

特撮物も、アニメもほとんど見ない人です(なんせジブリ物でもフルに見たのは1作品か2作品)。
「シン・ゴジラ」も「エヴァンゲリオン」も見てないのだけれど、でももちろん監督のお名前は知っていて、いろいろあったとは聞きかじっていて。
  庵野秀明さん「僕は壊れました」 うつ状態だった彼が、ゴジラ総監督を引き受けた理由
「シン・ゴジラ」撮れはって、大成功で、本当によかったです。
  安野モヨコ描き下ろし、庵野秀明とカラー10年の歩みを描いた「おおきなカブ(株)」公開
  動画版:よい子のれきしアニメ おおきなカブ(株)

夏の間は緑だった葉が色づいて。
ちょっと水分が抜けてきた感じになりました。そろそろ、散るのかな。
秋って、キレイだけれど、ふと寂しさを感じさせる季節でもあります。
  
22:48 - comments(0) -
一雨ごとに寒く
朝から結構な降りの雨になりました。
夕方にはやみましたが、予報通り、ずいぶん寒くなってきました。
職場で膝かけはつかっているんですが、それでも足先、お腹、何だか冷えます。明日からはソックス持ってきた方がいいかな。

寒いときは見場より寒さ対策、な発想の人が言っても説得力がないんですが、ファッション、オシャレって、できる方は、凝れる方はそうすればいいけれど、あまり「こうじゃなきゃいけない」という敷居を上げなくてもいいんじゃないかな。
ある(バレエ公演も多い)劇場がこの記事↓ をリツイートされ、話題になっています。私、自信を持って(をい ^^;;)こんなこと考えたり、こういう服装をして行ったり、まったくないです ^^;;; (というか、そもそもそういう服持ってないので、買うところから始めなきゃ、です。)
  コンサートに行く日のドレスアップコーデ4選【オペラ・バレエ】
もちろん、そういう方もおられるだろうし、そういう気持ちを持つことを悪く言う気もないんですが、でも、「一度は出かけてみたいけれど、何を着て行ったらいいのかわからない」人のために教えちゃいますな記事としては、ずいぶんと敷居の高い記事に思えました。
(高級な)雑誌等が書くのは、ああこの雑誌はそういう読者層がターゲットなんだなですみますが、劇場がこんなことお勧めしちゃったら、劇場に足を運べる人がぐぐっと減っちゃうんじゃないでしょうか。そうでなくてもチケット、決して安くはないのに、さらに服装まで趣向をこらす(ということはお金もかかる)となると、厳しいんじゃないのかな。
もちろん、清潔なとか、見苦しくない範囲でとかはあると思いますけど、それ以外はそれぞれの人の思う結構でいいんじゃないかな。

#このRT、ずいぶん話題になったみたいで (どちらかというと、私の
 ように、わあ そんな敷居を上げないでもな感想が多かった)、某劇場、
 「記事の内容に賛成したわけではありません。もちろんご自分の好きな
 服装でお越しください。写真の背景に使われたのでRTしました。言葉
 が足りませんでした。」とまたツイートをされたそうです。
#この記事にある服装をしようとするといくらかかるか、計算された方も
 おられるみたい。シーンによっては100万円近くかかってたそうで @_@
 ああ それはちょっと反感買っちゃいますね.....
 お金、あるところにはあるんでしょうけれど。

そう言えば、こんな記事もありました。
3人とか、8人とかで半分。凄すぎて、全然ピンときません。
  米国で進む富の集中、上位3名の資産が国民50%の合計以上に
  この8人の大金持ちは、世界人口の半分と同等の資産を持っている
しかしゲイツさん(マイクロ・ソフト)とかベゾスさん(Amazon)とか、私もその人たちの資産に貢献してるんですねえ.... 

貧しくてもセンスがあるといいんですけれど。私はそれもないからなあ。
こちら、すごくカッコイイです。技術のある、センスのある人ならこういうことができる時代になってきたんですね ^-^
  「彼女が中古車を売りたがっていたのでCM映像を作ってあげた…」→クオリティが高すぎて500万再生を超える

はみ出ても、寒さにもがんばって咲いています。
だんだん色が無くなってきているので、こういう暖かい色の花は貴重です。
  
23:02 - comments(0) -
| 1/837 | >>