わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

2月は短い
あれだけ降ったんだから今日は晴れるのかなと思ったけれど、終日曇天の一日でした。そのせいか、16度まで気温が上がったと言ってたけど、実感なかったです。
ただ、暖かくなると言う天気予報を見越して、短めのジャケットに、2ヶ月ぶりくらいにブーツ以外の靴を履きました。そろそろブーツを卒業しておかないと、3月になると目立ってかっこ悪いですからね。(なんて思ってるなら、その前に薄手とは言えタイツ履くの止めた方がいいんだけど ^^;;;)

それにしても、20日か、今月も後10日かと思って、今月が2月なことに気づきました。2月は28日。あと、1週間しかないやん...

花の便りも、あちらこちらから届くようになりました。
動物の赤ちゃんも生まれています。可愛い ^-^
  子羊 もふもふ、よちよち 奈良・めえめえ牧場 写真はこちら
  コアラの赤ちゃんがお母さんの袋から出てきました!
「花」じゃないけれど、とてもキレイです。
  かざぐるま ぐるぐるカラフル 兵庫・淡路島に咲く
淡路島は、水仙郷もあるんですよね。今頃の季節、行きたいなあと思いつつ、まだ行くことができていません。
  
ジャンクフードはやめようと思っているんですが、これは一度食べてみたいな。
  レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー

いい役者さんがどんどん亡くなられて寂しい限りです。
佐々木すみ江さん、演技もだったけれど、最後まで男前でらっしゃったなあ。こんな行き方、ほんとあこがれます。ご冥福お祈りします。
  佐々木すみ江さんが死去 90歳 所属事務所「拍手で送っていただければ幸甚です」

村井理子さんのエッセイ、いいですねえ。(しかしお仕事をしながら、それも双子を育てておられるのは、ほんと大変だろうな。)
買っても積ん読になるだろうし、ご本人のエッセイは電子本で出ていないのでまだ買ってないのですが、じっくり読んでみたいなあ。
  いい親になりたい

いろんな意見(?)を見るのって大事です。
こちらの「正しいケーブルの巻き方」、これが正解なの? いったい今まで何(十)年間違った巻き方してケーブルを劣化させてたんだろう.....
  ケーブルの正しい巻き方(動画)
あと、これってほんとなの? 反対のこと(過激なゲームは、ずーっと信じてきたのに.....結論が出るまでもう少し時間がかかるんでしょうけど、こういうことありますから、uptodateって大事ですよね。
  若者の攻撃的行動と暴力的なゲームとの間に相関関係なし、英大学の研究結果が話題に

いつもにもまして、何だかまとまんない日記です(苦笑
絶対遅れられない納期の仕事、やっと今日片付いて送れて、ほっとしています。
来週にはそれの打ち合わせ(今後どうまとめていくか)で上京しないといけませんが、一つ階段をあがったということで。
その仕事のせいでいろんなことがほったらかし状態なので、明日からはいろんなこと整理していかないと。
22:36 - comments(0) -
文句ばかりでは
寒い、寒いと嘆いていたんですが、こんな写真を見るとそんな甘えたこと言ってちゃいけないな...と思ったり。
ユタ州って寒いんですね。それにしてもチューリップ、キレイです。こんな中でも咲くんですね。
  Tulips in Snow, Jeremy Ranch, Park City, Utah

(でもちょっとだけ。
 天気予報通り、しっかりした雨の一日でした。
 そのせいか、気温上がりませんでした。寒かった...
 せっかくの、平成最後のスーパームーンも見たかった。
 乾燥酷かったから雨は助かるけど、何もこんな日に降らなくてもいいのに)

「ごんぎつね」って、国語の教科書で読んだんじゃないかな。悲しい話で、でもすごく印象に残ってます。
あまり他に同じ作者(新美南吉さん)の本を見たことないなと思っていたのは、夭逝されたからでしたか。
  童話で異例の悲劇…「ごんぎつね」描いた新美南吉の思い

上のような紹介記事も、新聞も私は神で読まなくなってしまったので、ネットでいろんな情報を取っています。
そうでないと、たとえば日本人でもこんな映画を撮っている方がいるんだとか、そういうことがあるんだとか、
  ベルリン国際映画祭の金熊賞は「Synonyms」、日本映画がパノラマ部門最高賞に
東京だとこんな変わった(というと失礼なのかな)公演があるんだ(、いつか関西でも見れるといいのにな)とか
  「反戦」をテーマとする不穏な名作『緑のテーブル』をスターダンサーズ・バレエ団が14年ぶりに再演する!
こんながんばっておられる方がいてはるんだなとか
  47歳で音大生に「私ダメかも」の気持ちを打破する方法
  勤続半世紀、国立科学博物館の“必殺仕事人”が描いた「世界の鯨」ポスターに秘められた物語
知らないでしまいますから。
知らないでもたぶん生きていくのに困りはしないけど(<(__)>)、でも、知っていた方がもっともっと豊かに生きれる感じがします。せめて気持ちだけでも。
あと、
  アジア各国でサプライズヒット! 香港社会のリアルを描く『誰がための日々』
という記事を読んで、興味を持って、そのオフィシャルサイトにつながって、劇場がかなり限定される(大阪は九条だけ、京都は烏丸だけ、神戸は元町だけ)と分からないと動きようがないんだから。
時間に限りはあるし、もの凄い面倒さがりなんですが、できる範囲で動ければ、とりあえず情報だけは知っておこう、です。

少し時間に余裕ができたのと、あと倹約というかもったいないもあって(コンマリさんの影響も?)、この秋くらいから放置状態の母のコート類を私が着るようになりました(圧倒的に私の方が外へ出る回数が多いので)。
私が服を持ってないだけ(子どもの頃からですね。中学の家庭科で自分の持っている洋服を表にまとめてカラーコーディネートをしてみようみたいな課題があったんですが、手抜きしてるわけじゃなくほんとに数を持ってないのでー他の人の半分くらいだったかなー早くにできてしまってヒマでしようがなかった記憶があったり ^^;;)ですが、コートってそうへたるものじゃないし、太りさえしなければもう体型が大きく変わることもないだろうし、もう一生コート類買わなくていいんじゃないかなというくらいの数あります(苦笑
和服は、どれくらい母が持っているのか分かりませんが、母ももうここ20?年くらい着てないんじゃないかな。着物としてはもう誰も着ないでしょうから、何かアレンジすることを考えてもいいのかもしれません。
バニラファッジさん、2月に入り、お義母さん、おばさんのたくさんたくさんある衣装(ご遺品)を整理し始められました。(いやーしかし、とりわけいい物をお持ちということもあるけれど、古き佳き時代の物って見るだけで目の保養です。)そんな記事を見て、母のいる間にどうしたいかも聞きながらいい活用法をみつけたほうがいいのかなと思っています。
21:45 - comments(0) -
暖かくなるなる詐欺?
先週くらいから、次の何曜日から暖かくなるぞ〜と言ってたのに、また天候が変わって寒いままというのが続いているように思います。
金曜までは寒いけど週末から、いや日曜まで寒くて月曜からとかいろいろ聞いて、そのたびに暖かくなるぞ〜と期待しているのですが空振り。今日も言ってたほど暖かくなりませんでした。どよーんと曇ってましたからね。お日様が出れば一気に暖かくなるんだろうけど。
それでもダウンでなく厚手のコートで過ごせるんだから、少しはましになってきているのかな。
明日はもっと暖かくなりますように。

さて、日曜は5時にコンサートが終わり、大急ぎで駅に。5時9分発でぎりぎりと計算していたので、どうにかそれに乗れて一安心。
阪急梅田駅からJR大阪駅横に立っているビルへと走り(こういう急いでいるとき、走ろうと思ってもものの10−20mくらいで息切れして歩いてしまいます。走らないといけないようなことしなきゃいいんだけど、でも走れるだけの体力はあった方がいいですよね。ランニング、膝の痛みが気にならなければ始めるのになあ)、割とスムーズにエレベーターが来たこともあって11階にある映画館へ。どうにかスタートに間に合いました。
前から一度見たいと思っていたナショナル・シアター・ライブ、やっと見ることができました。
上映は1週間。ただ、オペラ(割と高年齢、退職された方が中心?)やバレエ(女性が圧倒的に多い、仕事していないと考えられてる?)と違って、若い人、男性が多いからでしょうか、大阪の場合平日は20時台からの上映。今回の場合終演は23:20、それだと帰りのバスは当然ないので大きな駅まで行ってタクシー必須だし、それより何より下手をすると終電に間に合わないのがちょっと厳しくて、今まで見に行ったことがありませんでした。
今回は日曜のみ17:40スタートなのをみつけて、間に合うかなあ、ぎりぎりかなあ、とにかくがんばってみよう、でチャレンジ。ぎりぎり間に合って良かったです。
演目は「マクベス」。
有名なシェイクスピアの悲劇で大筋はさすがに知っていますが、細かい台詞とか全然知らなくて、台詞を聞いては今の時代にも通じるなあ、名作だなあと感心。あと、舞台の俳優さんはやはり超の上に超がつくくらい上手いですね。(失礼だけれど、映画の役者さんがかすむくらい上手い。)
いやあ これははまりますねえ。今シーズンもいろいろな作品が今からかかるみたいなので、できる限り時間を作って行こうと思います。
直前にこんな記事を見つけて、お医者さん、どの人かなあとみていたんだけれど、しっかり演じてはりました ^-^
(甘えは良くないけど)やり直しが利く環境って大事だと思います。
  「芝居のおかげで刑務所を出られた」 両親不在の家からロンドンの舞台へ

インスタグラムは(私、オシャレじゃないので)登録はしたものの全然使ってないのですが、ナショジオのアカウント、いい写真が多いですね。もうちょっとちゃんと使ってみようかな。
  「大丈夫さ、友よ。俺たちはペンギンだ。こんな吹雪くらい乗り越えられる」
20:21 - comments(0) -
結構スマホ頼り
「方向音痴」ではないと思いますが、行動範囲が狭いからか、いまだに初めて行く美術館やホール、場所探しが大変です。
今は、その施設のページへ行って「アクセス」をクリックすれば地図が出ます。
で、最寄り駅をみつけて、私の場合はYahoo!の路線情報に行き方を教えてもらいます。出発時間や乗り換え情報など全部分かるので、プリントアウトして右肩にイベントの日付を書いて保管。その繰り返しです。
私は感覚が古くてプリントアウトも持ってないと心配になってしまいますが、どうせスマホは持ち歩くんだから印刷する必要もないのかもしれません。

しかし便利な時代になったもんですよね。
はしもとみおさんが大阪で展覧会をされる! 
  東大阪ではしもとみおさん動物彫刻特別展 「動物たちに会いに来て」
でも詳しい情報を見ると、え? 東大阪ってどこ?だったんですが、施設(東大阪美術市民センター)のページを見れば問題解決。最寄り駅は東花園(花園ってラグビーの球場でよく聞く所)。難波から近鉄で20分ほど、そんな遠くありませんでした。
というわけで、名前はよく聞くけど行ったことのないところはいっぱいあるし、あと最近は、どんどんと新しい線が増えています。3月にはまたJRにおおさか東線とかできるそう。新大阪にも関連するらしいです。そのあたり、任せっきりはよくない(万一の時困る)と思いつつ、もう乗り換えアプリにお願いするしかないなあになってます。

意外なところにいろいろな施設ができています。
今日は豊中市立芸術文化センターへ出かけて来ました。阪急宝塚線の「豊中」駅(急行が停まる)ではなく、(各停のみが停まる)「曽根」駅を降りて5分ほどのところにある新しいホール(2016年10月にできたそう)、ホールは3つ(大中小)。その中ホールでピアノを聞いてきました。セルゲイ・カスプロフさんのはげ山の一夜
つい先日煽るような熱情的な交響曲他(クルレンツィス、ムジカエテルナ&コパチンスカヤ)を聞いたところでしたが、こちらは一転、一つ一つの音を聴きながら確認しながら音楽を奏でていく、そんな沈思黙考型とでもいうようなリサイタル。後半のムソルグスキー、はげ山の一夜や展覧会の絵がメイン・プログラムなのでしょうが、本来はオーケストラ用に創られたそれらの曲をピアノだけで弾く力量に圧倒されましたが、個人的には前半のラヴェル「夜のガスパール」の素晴らしい音色が、こんな音聞いたことないくらい素晴らしく、生で聴くことができて本当に良かったです。

音楽とは関係ない話ですが。
カスプロフさん、かなり背の高い方で、力強いピアノを弾くにはいいだろうなあと思ったり。あと、ものすごく小顔。普通の人と比べてもかなり小顔、で背が凄く高いので、10等身でも足りないくらい(12はないけど11くらい?)。あと、指(爪の周り)に、右手は人差し指と小指、左手も箇所くらいテーピングしてはりました。大変だなあ。
クルレンツィスも大柄で(背が高くて)驚いたけど、こういうのもホールに行かないと分かんないなあと思ったり。

この日の音楽会は3時から。アンコールが終わったのが5時少し前。
実は(たぶん生まれて初めてと思いますが)このあともうひとつ、はしごをしました。
映画や美術館巡りを複数まとめてすることはあるけれど、Twitterとかで公演時間を考えて複数箇所に行かれる方をわあ 凄いなと思って見ていたのですが、自分もすることがあろうとは。
ちょっと長くなって疲れたので、そちらはまた明日にでも書きます。
23:30 - comments(0) -
どんどん寂しく
急にたくさん人が死ぬようにはなってないでしょうが、自分が知っている人が多くなって印象が強まってるのかな。
自分が学生時代にもう大人の(というのも変だけど)役者さんだったんだから遠くない日にそうなっても仕方ないのですが、映画でたくさん印象に残っている役者さんが亡くなりはるの、寂しいですね。
1本だけと言われたらやっぱり「ベルリン・天使の詩」かな。
最近だと「ヒトラー 最期の12日間」の総統役がすごく強烈でした。
こういうあの人じゃなきゃ、見ているだけでうれしくなるような役者さん、だんだん減っているような。
ご冥福お祈りします。
  ブルーノ・ガンツさん死去 「ベルリン・天使の詩」主演
  「ヒトラー 最期の12日間」でヒトラー役、ブルーノ・ガンツ氏死去

時間ができて、というか、気持ちに少しゆとりができて、本も読み進められるようになりました。(去年前までは、電車でスマホを見るにしてもwitterとか考えないですむというか瞬発力だけでも大丈夫なものを見ているだけ。今は電子版の本を読むだけの体力が出て来ました。)
昨年すごく話題になっていた『カササギ殺人事件』、読了。
  史上初! 『カササギ殺人事件』が年末ミステリランキングを全制覇
なるほど、これは凄い!でした。
上下本。上を読んだときは、確かによく書けてるけど、時代がかっててイギリス物が好きでなければ多少ダルめかも、そこまで激賞するほどかなあと思ってしまったんですが、下に入って「驚きの仕掛け」に驚愕。
最後の最後まで、謎解きに展開の謎さにワクワクドキドキ。
いやー ほんと面白かった。あと、(理不尽に)不幸な結末を迎える人がいないので読後感もいいです。ミステリ好きの方で未読の方は絶対お勧めです。


調子戻ってきました〜と書いてる割に、いろいろうっかりミスが多い今日この頃。
若い人でも認知症はあります,調べてみましょうな質問に「今日が何月何日何曜日か言える」というのがありますが、これ、苦手です。で、最近日曜日に季節のたれちゃんの写真を撮ってるのですが、これだけ毎日ブログ書いているのに、次の週末でもバレンタインデーに間に合うと思ってました ^^;;;
というわけで遅ればせながら、バレンタインデーのたれちゃんず。たれなりにやってきたということで <(__)>
 
21:23 - comments(0) -
| 1/928 | >>