わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


熱いお風呂が一番
寒い日が続いています。
夏の間はシャワーでしたが、昨晩は久しぶりに(半年ぶりくらい?)お風呂に浸かりました。こう寒くなってくると、やはりね。売り出し情報見て、入浴剤も買っておかないと。
昨日はセーターに前開きの厚手ジャケット。それでやっと寒さがしのげた感じ。今日はまだ寒くなると聞いて、首まで閉められる上着を着て来ました。何かもう初冬の装いです。まだ10月なのに。

寒く/涼しくなってきて、林檎が美味しくなってきました。
こちら、すごいスケールですね。見応えあります。(でも、つい食い意地が ^^;; 展示が終わったら林檎どうするんだろう?)
  リンゴ3万5000個で描く「写楽」もうすぐ完成 青森

ああ。アメリカの山火事、ヨーロッパの天候異常、やはりこういう話になりますね... 
  ワイン相場 世界で値上がり懸念 山火事、天候不順で品薄

今年は神戸開港150周年、記念イベントが色々行われているんですが全然行けていません。
こちら、行ってみたいけれど、もう少し時間に余裕があればなあ.....
  元町3丁目商店街『モトマチワインアベニュー2017』 神戸市中央区


いろいろ、バタバタ、へとへと。
もっと強くなりたいなあと思いつつ。
断れずに引き受けたことでひーこらひーこら、時間がなくて走り回っています。
いろいろ気になった記事など。また、ゆっくり読みます。
  音楽、元気与える力持つ 指揮者 佐渡裕さん(もっと関西)
  アートの「価値」はどう決まる?――日本のアートビジネス新時代

コウペンちゃん。力づけられます。
何というか、ハッピーエンドが、明るいのが、気持ち前向きなのが、いいです。若干疲れ気味なので、ビタミン剤みたいに沁みてきます。
  「朝起きられてすごい!」「職場に着いた時点で満点」すべてを肯定してくれる『コウペンちゃん』の魅力

また雨が降り出しました。
道ばたで見かけた花、雨が降ってもがんばってるかな。
 

明日は、ちょっとゆっくりできるといいんですけれど.....
22:49 - comments(0) -
身体がついていかない
しかし、冷えます。
夏布団を片付けてから1週間か10日しかたってないと思うけど、もう薄手の毛布を出した方がいいかも。あと、職場に膝かけを持って行った方がよさそうです。今日は一応は20度を超えたらしいんだけど、何かしんしんと冷えてきた感じ。マフラーや手袋も出して置いた方がいいかな。

ふつうのルンバにも驚いたけれど、今度は勝手に雑草とってくれるの?
  ルンバが草刈り機に変異!? ロボット掃除機の生みの親が作った「Tertill」は雑草駆除が大好き
うちの庭の場合、平面がほとんどない(畝があったり、いろいろ段があったり)からダメだろうけれど、夏の草抜きは大変ですから活用できる方には朗報かも。
ルンバだけじゃなく、この頃はいろんな便利な物ができているんですけれど、最近ものぐさになったのか(それか、単なる老化で好奇心が弱くなってるのか)、どうも新製品に対して億劫になっています。
  一人での外出をもっと快適に!荷物を見守る小さなパートナー「TRENE(トレネ)」
  「グーグルホーム」を試してみた 予想以上のスマートさ
というか、もっともっと手前、Wifiルーターを買うかどうかで、情報収集しなくちゃなーで止まってしまっていますから ^^;;
でも、頭は鍛えておかないと。最近は今まで以上に名前が出てこないことがあって、蛍光灯が切れかけているような状態 x_x;; 重力波には頭がさっぱりついていかないけれど、
  中性子星の合体で重力波 米欧が初検出 日本も追跡観測で貢献、金の起源か
こちらなら、「見える」話なのでわかるかな。(しかし何でそんなこと=空洞があると分かるんでしょうね。謎です。)
  月の地下に長さ50キロの空洞 探査機「かぐや」で判明
  

たくさんいますね ^-^
もふもふ、ぬいぐるみみたい
  
「ぬいぐるみみたい」。
俊介くんを初めて見たときに、そう思いました。
俊介くん、急に体調を崩して、亡くなってたしまったそうです。少し写真の投稿がないなと思っていたら、突然のお知らせにびっくり。
年を考えると、来月で15歳、人間だと76歳らしいので、それなりに長生きだったのかな。
でも最後までまさに、The 愛くるしい で、あまりに突然で、何だか信じられません。
どうぞ、ゆっくり休んでください。(Shun mamaさん、どうぞあまりお力落としなさいませんように。)
20:15 - comments(0) -
雨ばかり
雨続きだからか、いろいろ仕事が押しているからか、何だかちょっと心の余裕がないような。

こちらの景色、素敵です。
じーっと見ていると心が落ち着いてきます。


ジョコビッチのニュース(出身国のセルビアで、ホームレスの人に無料で食事を提供するレストランを始める)を聞いて、偉いなあと感心。
もちろんジョコビッチも、宗次さんもお金持ちだからそういうことができるのだけど、お金があるからって、そういう使い方のできる人って稀ですよね。
  ココイチ創業者、小中高へ楽器寄贈続ける 6億円超相当
そういう行動はできないけれど、でも志の部分は、気持ちの持ち方は(ほんのちょっとでも)真似たいものです。

しかしそういう気持ちの面も、あと、いろんな面で、日本、大丈夫なんでしょうか。
日本スゴいな番組は多いけど、こういう記事を読むと、心配になります。
  世界3大映画祭を目指した東京国際映画祭が韓国・釜山にも負けた? 30回続くも岐路に
  故宮博物院の入場券、今後はインターネット販売のみ 売り場窓口は閉鎖

みんながんばっているのに、何でこう報われないのか。うまく廻らないのか。
がんばる方向がおかしいんでしょうか。あと、がんばらないとそもそもスタートもできないというか(旧い)分厚い壁があるというか、そこで疲れちゃうというか。
こちらの記事なんかも、攻め方向が違うんじゃない?としか思わなかったり。
  文庫本「図書館貸し出し中止を」 文芸春秋社長が要請へ

一方でこんな長期を見据えた話もあったり。スケールが全然違います @_@(記事の中で、無料で公開する話のところ、いや、ほんと、ファン層を広げるって大事なことだと思います。日本は、そうじゃなくて、何というか後ろ向きな話ばかり、切る/お金を使わないで済ませる話ばかりで...)
  「450年先」を見据える英国ロイヤル・オペラの長期戦略

どうも疲れ気味なのか、悪い方、悪い方考えてしまいそうです ^^;;;

雨が降り出す前に撮った花たち。今は、急に寒くなって一気に弱ってしまっています。もう少しゆっくり楽しみたかったのに、残念です。
  
19:53 - comments(0) -
空が暗いと
今日もどんより曇っているか、冷たい雨が降り続くか。
で、ほんとに気温が上がりませんでした。大阪は16度。11月下旬並み。東日本は10度そこそこで12月並みの気温ということだったので、それにくらべればましなんですが、それにしても先週の半ばは30度近くあったのに.....
お昼はつい、食堂に出掛けて熱い汁物を食べてしまいました。そろそろ鍋の材料も準備しとかないと、です。
で、木曜くらいまでずーっと雨だと思っていたら、その週末は台風が来るとか @_@ 何だか、変なお天気てんこ盛りという感じ。いつもなら爽やかな秋風の吹く晴天続きの時期なのに。少しでも早くお天気が落ち着きますように。

いいお天気になったら、あちらこちら、出掛けたいよね。
  


どうにも余裕がないので、素敵なファッション、ショーや展覧会の様子など。
見に行かれた方がみんな高評価なので、どこか特集してくれないかなと思っていたディオール展。やっと記事を見つけました。
  『クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ』展の全て。
  ディオール展で知る、後継者たちが紡ぐ美しいテーマ。
ふうう。素敵です。
メットガラ ドレスをまとった美術館」で、ファッションはアート(芸術)か?という問いかけがあって(METの人たちはアートと考えて収集しているわけですけど)、いやいや、こんな展覧会を見たら、絶対、アートって思いますよね。
自分で買ったり、着たりってことは絶対にないけど ^^;;; でも見ているとワクワクしたり、うわーっと、ほーっと、余韻に浸ったりしてしまいます。まさに目の保養というか、心が豊かになるというか。

こちらも、シルエットを見ているだけで溜息が出そう。美しいです。
  マラケシュにイブ・サンローラン美術館、代表的作品など展示
バレンシアガの展覧会のサイト
ここまでは実際に見ることはできそうにないけれど、こちらの映画は、関西で公開されたら観にいけるかな。
  ドリス・ヴァン・ノッテンの素顔に迫った初のドキュメンタリー映画、来年1月に日本で公開
こちらもすぐに入手できそう。
  世界一お洒落な紳士「サプール」の写真集
副題の、コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン、たしかにぴったりです。
けばけばしいくらいの色使いなんだけど、見ていると何だかとってもハッピーな気分になります。見つけ次第、買うつもり。
22:17 - comments(0) -
冷たい雨降り
大阪は朝から雨です。気温も全然上がりません。
木曜の晩に傷めた足、少しずつましになっていたのですが、冷えるとやはり少し痛みます。
この気候、雨と気温が上がらないの、木曜まで続くみたいで、ちょっと憂鬱。

さて、昨日の夜、フェスティバルホールから京都国立博物館にはしご。国宝展を観てきました。
この展覧会4期に分かれているのですが、第1期は15日(日)まで。日曜も出勤だったのでもう無理か...と思ったのだけれど、フェスティバルホールは京阪・渡辺橋の駅すぐ。京阪で七条まで出れば10分足らずで京都国立博物館ということに気づきました。
(実は阪急沿線の私は、阪急で京都へ出ると四条まで上がってしまうので、七条にある博物館までは遠いんです。このルート、思いついて良かったです。)
国宝展、金曜と土曜は20時まで(入館は30分前まで)。移動に1時間かかったので19時を少し廻ったくらいに博物館に到着。雑誌(BRUTUS)でしっかり予習してあったので、お目当ての作品、今回は「中世絵画」の雪舟6点、「近代絵画」の風塵・雷神図(俵屋宗達)、楓図(長谷川等伯)はしっかりと観ることができました。
できれば、信じられないほどすごい工芸品の数々もゆっくり観たいところでしたが、閉館直前になってもかなりの芋の子を洗う状態。人垣の後ろから背伸びして見るような状態で我慢するしかありませんでした。

しかし第1期の夜間開館でこれじゃ、昼間はどんな人出なんでしょう。おそらく一番の人出になるだろう燕子花図屏風(尾形光琳)の時は大変なことになりそう.....

でも、がんばって動いて、いい気分転換にもなったし、気持ちが豊かになった感じがするし、よかったです。
また、2期以降もがんばって時間を見つけないと。

昨日の建物は、京都国立博物館の夜景でした。こちらは、京都国立博物館から観た京都タワー。館内の大きな木が、シルエットになっています。あまりうまく写せませんでしたが、雰囲気だけでも。

 
19:14 - comments(0) -
| 1/832 | >>