わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

睡眠が一番
(月曜の日付で書いてますが、火曜の朝に書いてます。実は)
よほど疲れたんでしょうか、夕飯食べてちょっと片付けてふと気づいたら、寝落ちしていて、しかも朝6時まわってました @_@
えーっと、夜8時からのTV欄を見た覚えはあるから、9時間半、10時間くらい寝たってこと?
うわーっ
昨日、締め切りに送れず納品できたからホッとしたのかな。このところ何かしんどかったの、単に疲れが溜まってたのかな。
さすがに、今はすごく気分スッキリです。

福来たれたれ、赤が金運、青が恋愛運、緑が健康運。緑たれちゃんのご利益でしょうか。やっぱり睡眠、大事ですね。


22:10 - comments(0) -
部屋の中でゆっくり
ツイッターで、いろいろな絵を描かれる方、雑貨を作っている方をフォローしています。そういう方達の展示即売会のようなイベントが各地でいろいろと開かれているようです。
今日はインテックス大阪でそういうイベントがあって前から作品を見ていいなあと思っていた方が参加されるようなので行きたかったんですが、まだ疲れが取れないのと、朝から雨だったのとで諦めてしまいました。
うーん 遊ぶにも、出掛けるにも、体力入りますねえ。
好きなことが好きなようにできるだけの体力(と時間)欲しいなあ。

いつでも行けるようにメモ。
「年だから」というほどの年齢ではないはずなんですが、最近、脂っこいものがぱたっとダメになってきました。元々胃は丈夫で、食べることが凄く好きだったのに、夏バテなんてしたことなかったのに、3年前の夏に猛暑のせいか、酷くお腹(胃というよりは腸)を壊しました。それ以来、食べられるものや量が変わった感じがしています。
前まで甘いものも、生クリームも大好きだったのに。バターたっぷりのグラタンなんて目がなかったのに。最近はもたれてしまいます。
なので、ハンバーガーも早めに行っとかないと、しまいにもう食べたくない、食べられないになっちゃうかも。どうせ行くなら、がっつり食べるのが楽しいし、できればビールと一緒にとかだと美味しいだろうし(苦笑)。
  梅田・茶屋町にNY発バーガー店「シェイクシャック」 関西2号店

食べ物だけでなく、文章も、こってりしたの、重いの、ちょっとしんどくなってきました。
何せ純文学なんて全然読まない(読めない)人なので、高橋弘希さんのお名前、この記事で始めて知ったのですが <(__)> こちらの記事(文章)大笑いしたり、文章の上手さ・軽妙洒脱さにとっても感心したり。(著者プロフィールに寄れば、小説は濃密で繊細な筆致だそうです。そういう幅広さも凄いです。また、小説の方も読んでみたいです。)
  芥川賞後、廃人気分の作家に 将棋界から突然のオファー
小説家の方に向かって大変失礼だけれど、こんな文章(の2−3割の水準でもいいから)書けたらなあ。
と思っていたら、こちらは翻訳家の村井理子さんのエッセー。
  老犬、旅立つ
  大人の階段
さらっと書かれているのに、しみじみと心に沁みるし、考えさせられるし。
文章の上手い方、達人、羨ましいですねえ。
で、村井さんのブログでも断捨離の話が話題に。「ばっさり捨てて、しっかり暮らす
一度ちゃんと本とかも読んでみた方がいいですかねえ。コンマリさん、ここまで話題になってたら、ちゃんと知ってる方がいいでしょうしねえ。
  賛否両論の中でも「こんまりの片づけ」が世界中で大ブレイクする理由

雨のせいか今日は寒いなあと思っていたら、大寒だったそう。
この寒さがピークだった、となってくれればいいけれど、そうはいきませんよね。私の周りはインフルエンザが酷く流行っているので、うつらないように気をつけます。
 
こちらのパンも可愛いです。
うりぼうの形をしている、チョコレートパイ。神戸に住んでいたことがあるので、ふと川縁を見ると、親イノシシと一緒にうりぼうがえさを探しているなんて光景、何度か見たことがあります。
最近は獣害がいろいろ問題になっていますが、見ると、可愛らしいんですよね。どうにかうまく共存できる方法が見つかるといいのに。
 
22:56 - comments(0) -
ゆったり過ごすのが一番
素人なのでどれくらいの発見なのか分かりませんが、どうもかなり大きな発見みたいです。たしかに、画像を見るとキレイな状態で、金を使ったきらびやかな絵が残っているみたいだし。とにかく古いものだし。
  横たわる夕顔、嘆く光源氏…幻の「夕顔の死」見つかる
それにしても、よく残っていましたね。
それもフランスに。
どうやってフランスに渡ったかも謎だけど、日本人だと何か古いもので由緒がありそうだ大事にしておこうとなるかもしれないけど、西洋の方々がよく何百年もこれを伝えてくださったなと感心します。

最近「断捨離」始めようかと思ったりもするのですが、残さないといけないものもある。そんなことを考えさせられました。
壊しちゃ、捨てちゃ、それで終わりですものね。

今日は、午後、西宮へ出掛けて古楽器の演奏を聴いてきました。
こちらでちょうど演目のレコード、評が載っています。
  古楽器の名手が結集した「アンサンブル・ディアーロギ」によるモーツァルト&ベートーヴェン:ピアノと管楽のための五重奏曲集!
古楽器、ブームになったのはいつ頃でしたっけ。
当たり前ですが楽器も進化というか変化していて、特に、昔は王様や領主の応接間みたいなところで少人数相手に弾いていたのが、大きなホールのようなところで演奏するようになって、大音量で響く、音の安定した、誰でもが同様に弾ける楽器が開発されていきました。
以前、古楽器のコンサートの説明書きに「たとえばモーツアルトの時代、楽器は今とは全然違った。作曲者は当時の楽器をイメージして作曲したので、当時の楽器でその思いを再演する」といったことが書かれていて、なるほどねえと思って、それから機会があったら聞きに行くようにしています。
今日も、一音目から、ぼわーんと鳴った管楽器に、うわっ変わった音と思ってしまったんですが、それは現代の楽器に耳が慣れているから。モーツアルトは、ベートーベン(の室内曲)はそういう音をイメージして書いたんだし、そういう音で当時演奏されていたんでしょうね。
そんなことを考えながら、ゆたかな音色を楽しんできました。ちらしのキャッチは
   「あっ、きこえるあの時代の音色」
   「ピリオド楽器の名手たちが作曲家の心に寄り添いながら奏でる本当のモーツアルト&ベートーヴェン」
   「悠久の響きに浸りましょう」
たっぷりと浸ってきました。

そんなでいい午後だったのですが、残念ながら、どうも体調が今ひとつです。コンサート会場でまっすぐ座っているだけがなかなか辛かったり。
(実は断捨離しようと思い立ったのも、ちょっといろいろ整理しておいた方がいいかなと思ったからだったり。今すぐにどうということはないでしょうが、早めに整理しておくに越したことはありません。)
疲れているだけだろうと思います。たとえお医者さん行っても、年を重ねるとしかたありませんとか、ストレスは厳禁ですとか言われるだけでしょう。でもねえ、ストレス感じないですむなら苦労しませんけどねえ...
ま、ともあれ、いろんなこと、ちょっとゆっくりめにやっていこうと思っています。

疲れていたのと、今朝(今年始めて ^^;;)体重量ったら、お正月に食っちゃ寝を続けていたので心配していたんですが400gしか増えていなかったので ^^;; ちょっと甘いものを。
ついついこういう可愛らしいケーキに手が伸びてしまいます。(美味しかったけれど、耳のアーモンドがすごくしけっていたのだけ残念)
 
21:59 - comments(0) -
きちんと調べれば
12日に聴いたプラハ交響楽団「新世界」。
素晴らしかったし、とてもティンパニーの方が印象に残ったのですが、この公演、西から東へ移動しているようで、東京でも最近公演があったようです。で、皆さんがティンパニーを激賞、またインタビュー記事等をつぶやいてくださってて、読むことができました。
  インタビュー:プラハ交響楽団の女性ホルン奏者と踊るティンパニー奏者
なんとあのティンパニー奏者、スヴァトプルク・チェク Jr.さん、若い頃はロックバンドでドラムをしていて(あこがれはメタリカとか)「踊るティンパニ奏者」と言われてはるとか。こういうエピソードを読むと、いよいよ世界が膨らみますねえ ^-^ こういうところ、インターネットさまさまです。
そうそう、ホルン奏者、女性でした(新世界は、いろんなソロがあるので、演奏後、指揮者が指名して順に立って拍手を受けるのが恒例なので、お顔が見えました)。コンサートマスター(ヴァイオリンのリーダー)も女性だったし、最近はオーケストラの中でも女性の活躍が目立つようになりました。

ネットでいろんなことに気づくこと、あります。
こんな、ラクダの毛を刈るアートが存在してるなんて始めて知ったし、しかもそれを日本人でしている方がおられると知ったり。
  「ラクダアート」に挑む日本人女性、毛を刈り美しい模様描く インド
子どもの頃歌った懐かしい曲を思い出したり。
  カエルの合唱、実は高度な技だった 通信開発へ応用も?
今年は3月中にお花見かな〜と予定を立てたり。
  桜開花トップは東京で3/18 西・東日本は例年並〜やや早い開花に
いろいろ嫌なニュースも聞きますが、上手く使えばとっても便利なメディアですよね。

紙の新聞で読めばいいのだけれど、つい、オンラインで読んでしまいますが「折々のことば」、鷲田清一さんの選択がいいですよね。こちら
  「かあさんって、ぼくがうれしいと、いつもうれしいっていうんだね」
はいつもにも増してぐっと来ました。
『きつねのでんわボックス』、ぜひ買いに行きたいと思います。

注文していたエアロビクス用のシューズが届きました。今週末、行けるかな。
膝の痛みも、太股の筋肉が落ちているからなことが多いとか。がんばって身体鍛えないと。
こんな超人にはとてもかないませんが、自分の身体がしっかり動かせるところまでの筋肉は欲しいです。
  冒険家・阿部雅龍さん あらよっと 南極点到達 車夫、そり引いて 単独歩行、日本人初ルート

スイーツ展の写真、これで最後です。
これが全部お菓子とは。カラフルでほんと可愛い ^ ^



21:41 - comments(0) -
日本人はだじゃれが好き?
あちらこちらでイチゴのお菓子特集をしていて、?だったんですが、一月五日はイチゴの日とか、いろいろあるんですね。
こういう語呂合わせのなんとかの日ってほんと増えました。
イベント?と絡めないと、ものがなかなか売れないのかなあ。

4月に、市川海老蔵さんが豊中の市民ホールへ来はるそうです。昨日今日とネットで先行予約だったんですが、昼休みにつないでみたらもうほとんど席がなくて(二部制だったんだけど、昼間の方は全ての席が完売)流石の人気に驚きました。元々ファンの多い方だろうし、直前に襲名の話で話題になりましたし。
1席だけだったのでどうにか取れました。春が楽しみです。

今年は○○するぞー/しないぞーといくつか決めてたんですが、まだ今年になって2週間ちょっとだけど、いろいろ破ってるなあ...
歌舞伎は見ないとか(でもさあ、海老蔵さんも一度は見てみたいじゃない)、コスメはお高いのは買わないとか(でも美白効果が凄いあるって話だし)、まあ、豆腐のように硬い意思ですねえ...
でもさあ、人生、生きているうちが花。楽しまなくちゃね(自分への言い訳だけは上手い... ^^;;)

ところでツイッター等見ていると、今年の5月は10連休、どこそこへのチケットを取りました!な楽しそうな話が一杯出ています。
うちも10連休とは行きませんが、どうもそこそこの休みにはなるみたい。
ただ、それは公式には(窓口業務とか)で、その間に進めておいた方がいいことはいっぱいあるしとか思ったり、気分転換にどこかへ出掛けたいと思っても人ばかりでしょうしねえ。
で、ふと思いついたのが、いっそ、山のようにある積ん読本を(少しは)読んで片付けたらどうかなあ>じぶん
この頃は読み終わった本を寄付できるシステムもいくつかあるみたいですし。そういう過ごし方もあるんじゃないかな。

明日から、ロイヤルバレエ団のシネマ「バヤデール」が始まります。
イギリスのメディアで、昨年の舞台2位に選ばれた素晴らしい公演なんだそうで、とても楽しみ。
ちょっと(というか、非常に)押している仕事があるんですが、これだけには行きたいんですけどねえ。がんばれ>じぶん
  ロイヤル・バレエの総力を結集した『ラ・バヤデール』いよいよ映画館公開、ムンタギロフのインタビュー映像到着


スイーツ展、ずいぶんたくさん写真撮ってました。今日は、お菓子でできたいろいろな動物たち ^ ^


21:55 - comments(0) -
| 1/922 | >>