わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

今年は暖冬と言うけれど
そこそこ寒い日(平年並みなんだそうです)が続きます。
胃亜、髪の毛伸ばしているんですが、私の行ってる美容院、3ヶ月めまでに行くと割引が受けられるんですが、うっかり日を逃してしまい、ならいっそと年末にも行かず。ただだいぶうっとうしくなったのと、髪がぱさぱさになってきたので、ほとんど5ヶ月ぶりにカットに行ってきました。
裾を揃えて(2cmほど短くなったそう)、トリートメントしてもらったらさらさらぴかぴかヘアーになりました。いつもこれくらいお手入れしてます感が漂うといいんですけど...
どれくらいの間隔で来たらいいですかと聞いたところ、伸ばしてるんなら半年後でいいですよとのこと。
次に行く頃はもう夏。暑くなって、耐えられずにばさっと切りますと言い出すかな。それとも、今でもどうにかくくってアップにできるところまで伸びたので、半年後はほぼセミロングでしょうから、暑ければアップにしてしのげますかね。
ここ何年も(?10年近く?)ショートカットだったので、鏡に写る自分が結構新鮮です(笑

オシャレも、もうちょっと気にした方がいいんでしょうが。
こんな記事があったので
  〈シャネル〉のドキュメンタリーが〈Netflix〉に登場!
早速そのドキュメンタリーを見てみました。
職人さん達のすごい技の数々。見応えありました。
フィルム途中で、ところでこういった服はいくらするもんですか?という問に評論家が答えていたけど、数万ドルから数十万ドルなんだそうです(100円換算で、3〜400万から3〜4000万円ってこと?)。いやー 家が建ちますねえ。
というわけで全然、ほんと全然縁のない世界ですが、目の保養にはなりました。

昨年、『君の名前で僕を呼んで』で話題をさらったティモシー・シャラメ、23歳になったところですが、ファッションでもよく話題になっています。
6日に行われたゴールデングローブ賞授賞式での服装が話題になったり
  ティモシー・シャラメ、ゴールデン・グローブ賞にスーツではなく○○を着用
こちらでは6枚目に写真が載っています。
で、この衣装をティモシーが着ているのをデザイナーの人が喜んでいるツイートを発見。
同じデザイナーさんの衣装。右がランウェイ、左がティモシー。
 なるほど、同じ洋服でも着る人によってイメージ、変わりますねえ。
そのデザイナーさん、何と日本の方でした。
なかなかユニークな経歴をされています。
  ファッションデザイナー、豊嶋 慧。何も持たない青年が、パリのランウェイを任されるまで
ほんと、いろんな分野、いろんなところで活躍される方が増えましたね ^-^
21:48 - comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>