わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

画伯のトークショー
「おたくの殿堂」で行われたトークショー「漫力」に行ってきました。
(写真は、クリックすると大きくなります)

   

地階のホールで、1時間半くらいのフリートーク・その後、質問やグッズのプレゼント。
その後、(3階の書籍売り場で)本を購入する時間をおいて、漫画家の先生方のサイン会。
そんな進行具合でした。

会場に椅子が5つありますが、向かって左から司会の竹内義和さん、レギュラーの葉月京さん、The Seijiさん、ゲストのいのうえさきこさん、ふなつ一輝さんが並ばれました。
画伯は、黒の上下。オープンカラーで(襟ぐりが大きくて)、ネックレスがとてもいいアクセントでした。パンタロンの素材、デザイン(つぎはぎ風)とても風変わりでお洒落でした。靴がまた素敵な色で(紅とでも言ったらいいかな・・・)、しかもヒールは木目調。カジュアルだけどシックにきめられていました。 
トークは多種多様な方面にわたりましたが(今、浜村淳さんがそんなことになっているとは知らなんだ)、画伯がお答えになっていた話で記憶に残っているものをあげると
#お答えは、抜粋というか、大意を要約した感じです。

○なぜ漫画家になりましたか:OLを十数年やっていて(その間7回転職)もういよいよ続かないと思ったので、名刺を300枚ほど作ってとにかく配りまくったところ、ぼちぼちに仕事が舞い込み・・・
○漫画家になってよかったと思うことは:それがしんどいこともあるけれど、自分で何でも決めれること(横から、上がいないってことだよねとのつっこみがあり、そうですとの受け答えあり)
○情報収集のため、どんなことをしてますか:TVはよく見ます。お芝居が好きなのでお芝居へも行きます。
○好きだった漫画は:小さいときは、キャンディキャンディに夢中でした
○これからの抱負は:(この日、原稿料のお話がいろいろ出ていました)
 当面は、原稿料があがるといいな、売れたいなと。いずれは、滋賀出身、家は農家なので、地元へ戻って畑を耕しながら一日4コマとかが理想。

などなどいろいろ興味深いお話を聞きました。
サイン会ではしっかりパンダ姿の似顔絵をいただいてきました(アップしたいところですがあまりによく似ている(とりわけ体型なんかそっくり)ので、自粛します ^^;;;)。宝物にします。画伯、お疲れ様でした。
講演後は、お見えになっていた大柿さん、くまぞうさんとしばし歓談、楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。遠路、お疲れ様でした。

23:22 - comments(0) -
カレンズパン(パネトーネマザー)
たぶん、今年最後のパン焼き。良く膨らんで、いい感じに焼けました。
結局、粉物は冷凍庫に彫り込んでしまうからまあ大丈夫でしょうが(でも、味は落ちるだろうな)、レーズンがたっぷり、酵母もショートニングも余ってしまいました。ショートニングは処分するしかないかな。酵母も、来春使ってみて膨らまなかったらあきらめるしかありません。うーん、買うときにもうちょっと計算して買わないと(猛省)



「安全宣言」のレノボPCも発火」という記事を見て真っ青に。Appleに続いて、レノボのも?と思ったけれど、こちらを見る限り、どうにか私持ってる機種は対象外のようです。ほっと一安心。今、ダメですと言われても、対処のしようがないし。

保険に入りませんか、借り換えませんかというお知らせが(夏に変更したのとは違う)2社から来ました。そのうちの1社のパンフレットの絵柄。あはは、絵でこんな風に示されると、強烈ですね。新しくはいる気はないけど、借り換えの方は前からちょっと考えてたんだけど、今回は時間がないのでパス。また来春に考えることにします。



ITというと、孫さんとかホリエモンとかすごく脂ぎった感じがしてたんだけど、世代が違うと(76世代)また違うんですね。HPやブログでお世話になってるロリポップの社長さんも出てきます。ふーん、引きこもり社長さんなのか。ぴっかぴかの六本木ヒルズにいる人たちとは、世界が違うのかな。

明日は、画伯のトークショー。楽しみです。
#しかし、準備は大丈夫なのか>じぶん
23:20 - comments(0) -
ほうれん草パン(パネトーネマザー)
日が短くなってきました。夕方日が落ちるのも早いし、まだ暗いから朝じゃないのかなと思ったら、もうしっかり朝だし。
気温もめっきり下がってきたので、今までと同じように焼いているつもりだけれど、ほんの少し膨らみが悪くなってきたように思います。水や牛乳を温めるか、酵母をほんの少し増やした方がいいのかも。久しぶりのほうれん草パン。しっかりした色に焼きあがりました。(ちょっとパウダー多すぎたかも ^^;;)



今年は朝顔見ないなと思ったのだけれど、今頃になってひとつふたつ咲き出しました。
夏の名残? それとも、ちょっとぼんやりしてたのかな。



夏暑かったせいか、桜の木がかなり酷い状態になっています。もう半分くらい葉が落ちてます。紅葉じゃなく、ぼろぼろって感じ。この木は、いつも4月の終わりに「この木が咲くと、今年の桜も終わりです」と紹介する八重桜。うーん、この調子じゃ、今年の紅葉や来年の桜は期待できないかな? 紅葉の方、銀杏や紅葉はずっとましなんですけどね。でも、桜の木は多いからなあ。

 


23:49 - comments(0) -
ああ 時間がない
だらだらと一日お仕事。進みませんねえ・・・(涙)

デジカメ届きました。
ついでに始めて液晶モニタのガードフィルム買ったのをデジカメにぺったんぺったん。
上手く貼るの、なかなか難しいですね。何となく気泡が入ったところができたり。
あと、枚数が無くて普通価格のと、プロ用仕様とうたったちょっとお高いのと買ったけど、なるほど、高いのは高いだけあるや(クリアで、貼った後もよく見える)。

500UZ、予想どおりCamedia C-700UZのケースにぴったりでした。(700UZの頃は、ケースが付属品としてついてきていたのです。)
早速部屋の中で撮ってみました。1枚目は窓を閉めた状態で、2枚目3枚目は昼間にブラインドをあけて明るくした状態で。結構、良く撮れてるような ^-^ 青の発色もいいみたいに思います。(しかし、良く撮れてるから、ちりめんたれちゃん、そろそろ一度洗ってあげないといけないのがよくわかります ^^;;;)いやー、どうかと思ったけど、よかった。唯一、今のところどうにかならんかねと思うのは、USBケーブルのつなぎにくさ(蓋をあけてつなぐんだけど、その蓋が、どないしたらこれほど開きにくくできるんだろうというくらい開きにくい)。まあ、いつものことと言えばそれまでなんだけど。

唯一遅れていた(間に合わない場合は現地へ直接証書を送ってもらうことになっていた)保険も間に合った、明日着で送るとの連絡が来て、これでほんと「仕事の材料以外の」準備は万端です。<−一番肝心なところがまだですやん(号泣)

  
22:29 - comments(0) -
紫芋パン(パネトーネマザー)
他のものはともかく、できるだけ自然酵母は使ってしまおう(封も開けてないホシノ酵母は置いておいて、パネトーネマザーを減らそう)ということで、せっせとパンを焼いています。留守中のことをお願いしに行くのにちょっと添えるのにもよさそうだし。
というわけで、紫芋粉を入れて焼いてみました。でも、あまり紫じゃないねと思った方、お目が鋭い(笑)分量が足りなかったので、オレンジ色したキャロットパウダーも少し混ぜたため色が淡くなりました。焼き上がり、まずまずだったけど、均一に膨らまなくて(大げさに言うと二山に)、こんな焼け方は初めてで、人にお渡しするときにもう一つなの、情けなくて申し訳ない <(__)> ラッピングの前に撮った写真、ちょっと気が早いですが、カボチャに乗ったハロウィンたれちゃんと。



夕方、土曜のお土産に考えている某ブツを買いに今日までデパートで開かれている京都展へ。閉場ぎりぎりだったけれど、いろいろな種類のが買えて良かった。ただ、食品コーナーでそれだけ買って帰ればいいものを、小物も可愛いなあとのぞいてしまったのが運の尽き。紙司「柿本」で小首をかしげた張り子の梟を見つけてしまい、お買い上げ。買い物づいて、和風のものはしばらく食べれないかなとデパ地下で惣菜を買ったり。さらに、電機屋さんで、買いそびれていた電池(エネループ1セットとオキシライドを12本)を買って帰宅。
これで、生活に最低限必要なものは準備完了かな。(詰めるのが残ってるけど)ただ、仕事用の資料整理がまだというのが何とも。



夜は、ふだんは日曜の夜に見ている「Wire in the Blood2」の最終回を見る。こういう風に一つの作品を数回、日や時間帯を変えて流してくれるの、見逃したとき便利ですね。(ただ、実は月曜の昼間の分を録画しようとして失敗した。何でかなあ。どこも間違ってないと思うのに。また録画できなくなったのかな、憂鬱) 最後は、主人公達の生活(?これからの人生)を示唆していくための話も挿入されているため、ミステリの方はちょっと弱い気がしたけど、でも、6人でたらめに選ぶとつながる(関連が出てくる、元の人へ戻る)というの、(ケビン・)ベーコン指数みたいで面白かった。ほんとにそんなものなのかな。
23:01 - comments(0) -
すっきり秋晴れ
いいお天気です。日中は汗ばむような陽気だけど、朝晩は涼しい感じ。
やっぱり彼岸花、満開になりました。

 

仕事の合間に、銀行周りやら、買い物やら。
帰り、整理した本(チーズやワインの大型本)、買ったけど読まないし場所とるし、誰かに読んでもらった方がいいなと思って、始めてブックオフへ持って行きました。別にお金が目当てではなかったんだけれど、1冊を除いてここ1、2年に買った本、購入価格は2万円にはいかないかなくらいと思うけど、買い取り価格630円で、ちょっとびっくり。まあ、そうでもしないと、あれだけの場所(スペース)代と儲けは出ないかな。
すぐ隣が100円ショップで、ガムテープや懐中電灯など旅行に持って行く品やちょうどなくなったホッチキスの虫や鉛筆キャップなどをちょうど6つ買いました。ふーん、あの本が、この文具に変わりましたか。(物々交換と考えると、ちょっと虚しいかも(笑)でも、役に立つ・実際に使える物に変わったんだからよかったか。)

デジカメその他をネットショッピングで購入。結局、一つ前の500UZの方にしました。
こちらのレビューフォトライブラリーを見た感じがよかったこと、デザインもこちらの方が好きだし軽いこと、お値段が1万2千円も安いこと、新製品の510Zのレビューを見て(実質、そこだけが違う)高感度はあまり使えそうにないと判断したこと、そのあたりで決めました。2.4万円弱で10倍ズームだから、旅行用と割り切って使えばいいかと。
考えたら、オリンパス、4台目です。(操作性などには)文句言いつつ、オリンパスの絵、好きなのかも知れません。
一応、NZへは、SP350(をメインに。動画もこちらで撮る予定)も、日常ポケットにいれておくソニーのT9も持って行くつもりです。(リュックに入らなかったらあきらめないとだめだけど(笑))

東京では、いろいろ貴重な品をいただいてしまいました。
ANA限定のポケモンウォッチ、ペンギンの図柄の入ったsuicaカード(こういう限定モノはあっという間に売り切れてしまう)。どちらもふつう入手できないものばかりで、感激。アリアさん、チコリさん、ほんとにありがとうございました。あと、ここには写っていないけれど、キャラメル茶、ちょこっと甘くて疲れがとれる感じでとても美味しいです。どうもありがとう>文舞さん。ミュージアムショップで買った、ピカソの描いたフクロウの図柄のしおりと一緒に。

 
22:13 - comments(3) -
東京は寒かった
1泊2日で東京へ行ってきました。
早朝の新幹線(6時台)で上京、夜遅く(23時台に到着)帰宅という強行軍でちょっと疲れましたが、仕事以外に、もりだくさんで楽しい2日間でした。

気になっていた「ウィーン美術アカデミー名品展」、そして、その会場の損保ジャパン東郷青児美術館で見たチラシで気がついた、ちょうど渋谷で泊まるので便利だった、Bunkamura ザ・ミュージアムの「ピカソとモディリアーニの時代」展をのぞいてきました。あまり時間がなかったので、さかさかっと見たけれど、調和や様式に溢れた重厚な絵、一方、近代から現代の人間や造形を新たな目で見つめ直した絵の雰囲気を味わうことができました。
ところで、Bunkamuraには映画館もありますが、ここでやるのは、まず大阪には来ないんだよね。(難波に大きな映画館(シネコン)ができたと話題ですが、東宝系だからなあ。結局、話題作・大作はかかるんだけれど、少し癖のある映画、観客を選びそうな映画は、ほんと来ない T_T)で、ラインナップ(こちらに情報あります)を見ていたら、「上海の伯爵夫人」(ジャームズ・アイボリーがカズオ・イシグロ書き下ろしの脚本を撮ったそうな。主演、レイフ・ファインズ&ナターシャ・リチャードソン。脇をヴァネッサ・レッドグレイヴが固めてたり。真田広之も出てたり)やら「クリムト」やら、面白そうです。クリムトの方、ちらし見ながら、それで誰が主演なのかなあ(写真見てもわからなかった)と名前を見たら、何と、ジョン・マルコヴィッチ! うーん、いつか見れるといいなあ。

泊まったのは、渋谷・宮益坂を少し上がったところにあるサクラ・フルール青山というプチホテル。(出張=東横インな私ではみつけられないホテルですが、チコリさんが泊まられるホテルの名前をお聞きし、便乗して同じ所に泊まりました。)アメリの世界を実現してみましたという「赤い部屋」に宿泊。壁紙はみな赤、寝間着やトイレットペーパーはピンクで統一、卓上の鏡はハート型でした(笑) 手も体も顔も洗えるリンス・インシャンプーにもなる洗浄剤(のみ)が置いてあったり、化粧惑星のアメニティがついてたり、ウォッシュレットはリモコンタイプだったり、ほーという感じでした。

 

ゴルコムの皆さんのオフ会にも参加。
楽しいお話をいろいろ聞いたり、美味しい鶏(写真は、網で焼く6種盛りのお皿、しめにたべた蔘鶏湯(さんげたん、ひな鳥のおなかに薬草やお米を詰め煮込んだ料理、写真は身をほぐしたところ))を堪能したりしました。

 

今回のお供は、ちょっと気が早かったけれど、ハロウィンたれ(Part2の三日月)と(お菓子を飾るラベルの)ハロウィン腹掛けをしたたれちゃんでした。(お店外のディスプレイと一緒に)

 

台風の心配をしたけれど、風は少しきつかったものの、いいお天気に恵まれました。
ただ、大阪に比べると4〜5度涼しくて(寒がりの私には)寒いくらいだった。がんがん冷房の入っているところもあったし。それでも23〜24度はあったはず。それでこれだけ寒いと大丈夫かな、長期出張先は20度超えることはまずないので、もう少し暖かい洋服を持って行こうと思ったり。
23:54 - comments(0) -
秋ですね
老舗中の老舗ページ、「あくてぃぶ!たれぱんだ」、今回の扉絵は新作です。ページもリニューアルされてどんどん新作がちりばめてあったり。

それにしてもなあ。
外国行くときはいつでも円高になるねえ、でも外貨買わないわけにもいかないしと昨日やっとのことで重い腰をあげてドル建てのトラベラーズチェック買った途端に、急激に円安になる(「円急伸、116円台前半」)とは。日頃の行いがよほど悪いか(号泣)

買い物しなくちゃいけないものをばんばんとネットで購入。
さて、最後に残ったのはデジカメ。オリンパスの10倍ズーム、コンパクトタイプ。
9/15に出た510UZにするか、一つ前の500UZにするか。どこが違うかというと、ISO感度の範囲が広がったこと(80〜400が50〜4000に)くらい。AFは速くなったらしい。電池の持ちは400時間が600時間に。あと動画は320x240しか撮れなかったのが640x480でも撮れるように。で、40g重くなって、デザイン(色合い)は前の機種の方が好き。
結局、いわゆる手ぶれ補正はついてないわけで。どちらもファインダがあるので、ズームするときはファインダのぞいてしっかり撮るしかない。高感度って、どれくらい効くのかな。今の時代400までというのは低いという気もするけど(でも、正直、今までそんなに高い感度で撮ったことない)。ただ、1000超える感度って、実際役に立つの?(使ったことないので、全然感覚がわからない。レビュー等ではノイズが増えてあまり実用性がないように言われているし。)
うーん、悩むところ。
高倍率ズームのデジカメは、NZでできれば小旅行(ペンギンツアー)に行きたくて、動物たちを撮るのに使う予定。遠くから見る形になるはずだから。動作の速い動物はあまりいない。問題は、できればブルーペンギン(コガタペンギン)も見に行きたいけれど、このペンギンは夜行性なので暗いところに強い方がいいのはいい。ただ、今の実売で3.6万と2.4万、12,000円の違いほどの意味があるのかな。
うーん、とにかく今日中には決めて発注しなくては。

それにしても、秋ですね。お彼岸です。彼岸花、まだつぼみだけど、来週にはもう満開でしょう。



今日は遅くまで近場への出張。明日は早朝に出発(起きれるんやろか)、明後日にかけて東京出張(夜はオフ会に参加)。というわけで、月曜日まで更新できません <(_)>
07:54 - comments(0) -
カレンズパン(パネトーネマザー)
「春のワルツ」って、2匹目のどじょうとは言うけれどと思わず笑ってしまったけれど、もともと4部作だったとは。ということは、夏の・・とか、秋のxxもあるわけですね。
ところで、ワイドショーをまとめた番組で言っていて、なるほどなあと思ったこと:早稲田実業の斎藤選手(ハンカチ王子)のファンって、ヨン様のファン層とだぶるんだそうですね。言われると、分かるような気がする。何というか、今の時代にしたら珍しいほど、誠実だったりきちんとしててやさしそうなところがいいんでしょうね。

MORI LOG ACADEMYを読んでいて(9/16)、「常に新しいものを取り入れよう」以下の3段落、もうやたらめったら耳が痛い話ばかり。年とっただけで、言い訳ばかりしたり、自分の仕事のことばかり話(自慢)したり、周りを見なくなったり、恥ずかしく思わなくなったり。猛省。

待たれるたれちゃんの新作の件、みーやんさんのブログ(9/17)を読んで ^-^
ところで、9/18のお話も興味深かったのだけれど、一番感心したのは、「絶対ダメだろうな」と思いつつ一応ちゃんと質問されたこと。私だったら、あきらめて聞きかけしなかったと思う(で、結局、写真も撮れない)。何事もあきらめちゃだめ、自分で勝手な判断しちゃだめ、つくづくそう思いました。この頃、努力もしない前に、自分で自分にどうせだめだからって言い訳して動かないってことが多くなってます。猛省。

しかし、反省してばっかり。
ちゃんと、少しずつでいいから、行動、あらためていかなくちゃ。

久しぶりに、馳星周さんの日記「ワルテルと小説家」が更新されました。
うーん、デジイチかあ。
でも、たしかに、写真として上というのは(色にコクがあったり、絵に深みがあったり)わかるけれど、コンパクトなものにはそれはそれでいいところあった(というか、今の時点ではそちらの方が個人的には好き)と思ったり。
来週にはデジイチだあと思ってたけど、さあ、どうなんだろう。

カレンズ、ほんとは70g前後入れるレシピが多いんだけど、何せ早く(9月中に)使ってしまわないといけないので ^^;; たーっぷり入っています(100g)。しかも、生地をうっかり堅めにしてしまった(水が少し少なかった)ので、なかなか上手く練り込めなくて冷や冷やしました。どうにか、かっこついたかな。


23:46 - comments(0) -
どうにかクリア
19日火曜日になっても、いろいろいろいろ忙しくはしているんだけど、
(郵便を出したり。SAL便=エコノミー航空便とかいうのにしてみる。結構高かったけど、2週間でNZへ荷物が着くらしい。それにしても、4時を3分ほど過ぎていたら振込はだめだった。相変わらず郵便局の時間制限はなくならないんですね。)
肝心要の20日のプレゼンの準備は手つかず。

やっとこ、夜になって多い腰を上げる。(今気づいたけど、なんでも鑑定団見るの忘れた T_T) で、当然のこと、深夜?早朝?といった時間までかかる。
準備はどうにかできて、内容は素材が素材だしまああんなものだけど、時間配分を失敗してダメなプレゼンでした T_T

大阪の南の方へ出向いていたので、帰りに天王寺によって、プラド美術展を見る。重厚な絵を堪能。
いつものように音声ガイドを借りたけれど、今回面白かったのは、説明の背景に音楽(絵にあったクラシック音楽)が流れることがあって、「今の曲をゆっくりお聞きになりたい方は・・番を押してください」というサービスがあったこと。説明のない絵も多いので、時代にあった雰囲気のある音楽が聴けて、結構良かったです。

ところで、市立美術館へは天王寺公園を抜けて行くんだけれど、まあ、すごいことになってますね。入ってすぐ、これだもの(笑)



普通の公園っぽいところもあるけど、

   

でも、こんなだもの。

   

小さいお子さんから家族連れ、年配の方まで、すっかり憩いの場って感じになってました。たれちゃんを連れて行ってなかったのが、残念。

お父さんパンダの顔が光ってしまったけれど、地下鉄のマナーポスター。ほのぼのした感じが、いい感じです。

 

帰りに梅田でいろいろ買い物。これで、あと、デジカメ関連以外はすべて買い物終了かな?
19:13 - comments(0) -
| 1/3 | >>