わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

2007年も残りわずか
今年もいろいろありました。
皆様には、いいお年だったでしょうか?

日本は、時間が忙しく過ぎていきます。
ニュージーランドから帰ってきてまだ9ヶ月しかたってないのだけれど
もの凄く前のことのような気がします。

来年もこの忙しさは変わらないだろうけど、
ま、ぼちぼちに、できる限り自分のペースを失わないように
やっていければいいなと思っています。

皆様にとって、また、「はじめのいっぽ」にとって、
2008年もいい年でありますように。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。


干支は、亥から子年に交代ですね ^-^

  

上から見ると、こんな感じ。

    
11:15 - comments(0) -
少し時間ができたので
ちょこっと読書。同僚のミステリ好きから、面白いから是非読め、海堂さんは第二の
森博嗣だ!と激賞されてたの、やっと読めました。たしかに、とても面白かったので、
一気に読めてしまいました。
2005年、第4回の「このミステリーがすごい!」大賞を取った「チーム・バチスタ
の栄光」。ベストセラー、来年は映画にもなるのかな。

  この本の特設HP海堂尊さんのインタビューもあります。

主人公たちの強烈なキャラクターも、脇役の個性も、とても楽しめたし、お医者さんの
世界ってこんななんだという意味でも、話、面白いし。謎解きとしては弱いのではと
いう指摘もあるようですが、うーん、まあ、普通じゃないかな?
あと、ここかしこにちりばめられている「生き方」とか気持ちの有り様、人の有り様に
係わる科白がとても印象に残って、(楽しいだけでなく)考えさせられるところがたく
さんある本でした。

#最近の日本のドラマを見ていて物足りないなと思うのは
 海外ドラマ(日本へ入ってきているのは厳選されたものではありますけど)を見て
 いると、娯楽作品(私の場合、たいていミステリ)でも、心に残る、考えさせられる
 科白があるのに、それが(ほとんど)ないこと。ものすごく表面的な人間関係やら
 感情の変化やらが多くて、なんだかなと思うことが少なくありません。
 重厚な、重苦しいドラマは流行らないからということなんだろうけど、この小説、
 ものすごくエンターテイメント性が高いのに、そのあたりの描写・表現がしっかり
 していました。二重の意味で読み応えたっぷりで、ほんとよかったです。

また、ぜひ続編も読んでみたいなと思ってます。(早く文庫出ないかな ←移動時に
読むには文庫が便利なので)


チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599) 海堂 尊
宝島社 2007-11-10

おすすめ平均 star
star本当に殺人なのか?
star一見軟らかいが、内容は硬派
star今年のNo.1。おもしろいの一言につきます。

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))
チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))海堂 尊
宝島社 2007-11-10

おすすめ平均 star
star説得力ある構成
starいまひとつしっくりこない
star今年のNo.1。白鳥のキャラの濃さたるや!ほんとすばらしい。

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools



今年も残り少なくなってきました。
今年のうちに、12月に空を飛んできたたれちゃんの様子を、UPしておかないと ^^;;

機内食の様子(ビジネスって、リッチだ...(涎))

   

そういえば、インドネシアが大洪水とか。
今、アジアの南の方は、雨期なんですよね。せっかくのプールも残念でした状態。
それにしても、お国変われば品変わるだけど、この枕はそれぞれ何に使うんだろう?

    
21:45 - comments(0) -
まだまだ雨降り
朝にはあがり始めたように見えたのに、しぶとく、断続的に雨のお天気でした。
しかも、予報じゃ、今度は思いっきり寒くなるとのこと T_T 一気に7度下がり
ますって... ああ、こういう予報は(少しでもいいから)はずれてほしい...


ああ、何かやる気でねえなー という一日でした。

ケーブルTVで、楽しみにしていた「コールドケース」の放映が始まりました。
アメリカには殺人事件に時効がないので、あるきっかけから(大)昔の未解決事件を
再捜査していく刑事物です。
今日放映された3本は、現在は2003年、未解決の事件はそれぞれ70年代後半、80年代
前半、5年前とばらばら。その時には言えなかったこと、言ったけど伝わらなかった/
捜査の対象とならなかったこと、今になって技術的にわかるようになったこと、色んな
ことが事件を解きほぐす鍵となっていきます。
事件はいずれも「解決」はするけれど、知らないですんでいたことがずいぶん時が
経ってわかるわけだから、人間関係が壊れることもあるし、一方で、分かったことに
よって新しいスタートができることもあるし。人間、いろいろです。ドラマ的には
欧米的な物の考え方からしたら、原則、事件解決はいいことなんだけれど。日本人だと
どう思うんだろう?(評価しない人、いっそ知らないでおけばと思う人も少なくない?)
この手の、アメリカには殺人事件に時効がないことを題材とした小説や映像見る度、
時効のある日本のことを一瞬マイナスイメージでとらえてしまうんだけど、一方で、
こういうのはタフな(肉食だからか?しつこい)欧米人だからできるんだとも思ったり。
このドラマの売りは、フラッシュバック映像(登場人物達の当時と現在の映像が入り交
じる)と、当時はやっていた音楽の挿入。題は知らない/覚えてないけど、この歌流行っ
たよねーと思う歌がてんこ盛りになってます。実は、さっきからあの歌なんてタイトル
だっけ?とひどく気になってるんだけど(苦笑)、冬樹さんが紹介されていた
Yameloを上手く使うと、タイトル思い出せるかな?


久しぶりに、うちへやって来た新顔のたれちゃんです。
お正月の双六のさいころによさそう?
今年の新製品らしいですね。他にもいろいろなキャラクターがあるみたい。
  CHARA CUBE ぬいぐるみ Select 1

    

22:03 - comments(0) -
さすがにこのところ
仕事関連のメールがぐっと減ってます。
外国・外資系のところは今週にはいると(クリスマス以降はってこと?)
ぱたっとメールがなくなったし、他も、今日が仕事納めの所が多いでしょうね。

天気予報は大当たり。終日、酷い雨でした。
この冬は雨が少なかったそうだけど、その帳尻あわせだったのか。
人が、片道30分以上かけて歩いて歯医者さんへ行く日に限ってこれだもの(涙)

歯医者さんの方は、術後(歯の根=神経を薬で埋めてしまったの)のチェック。
とても良好だそうで、一安心。
今は仮の歯ですが、来年早々、かぶせ物にしていくことに。


ところで、年末だからか、ボーナス出たのを見越してか、ソフトウェア会社から
いろんな特売のお知らせがやってきます。
そんな中、年明け早々、Mac用のOfficeが出るらしいんだけど、どんなだろう?
基本的にシンプルな機能しか使わないので、というか、自分でファイルを作成する
のはエクセルとパワーポイントだけで、メールやネット関連部分はインストール
すらしないわけだし、ワードは、Windowsの人に贈ってもらったファイルを見る
だけに入れてるわけだし。(自分で文書作成する時は、エディタしか使わない)
唯一、買っとく方がいいかなーと思えるのは、Vista対応のOffice2007のファイルを
開けることくらいかな。でも、このOffice2007が(私の周りでは)大ブーイング
ソフトで、入れる予定なしとか、入れたけど戻したという人ばかりなんですよね。
当面いらなさそうだから、少し様子見しますかねえ...


さて「福岡の休日」の続き。
それにしても、一緒させていただいたアリアさんや奇妙愛博士、文楽についても
お料理についても、詳しい日記を書かれてますねえ。読ませていただいたは、へー
そうやったんかとか(をいをい)、そう言えばこんなの食べたよねーだったり ^^;;;
写真は(うちよりずっと)キレイだしなあ...

 アリアさんの別ブログに文楽の感想も出ました。 金蛸の紹介は、こちらに。

というわけで?、夕飯をいただいた金蛸。
焼酎、やっぱり美味しかったです。お料理も、素材がいい上に丁寧な料理がして
あって、美味しかった。昨日食べすぎだし、夜遅いから(観劇が終ったのが8時頃)
抑えようと思っていたのに、食べ始めたらそんなの全然忘れてしまった...(苦笑)
海の物、山の物、生ものに焼き物に煮込みものに、締めのうどんにはてはデザート
まで、しーーーっかり食べてしまいました ^-^
楽しい会話が、ご馳走をいっそう美味しくしてくれました。ああ、いらんこと
(仕事とか、今後のこといろいろとか)考えないでいいというのは、いいものだ。
アリアさん、教授、博士、楽しい夜をありがとうございました。

   

こちら、何だか面白い表情(いいぃーっってしている?)の素朴な焼き物の置物。
何だかたれちゃんと、ぴったり相性がよかったです。

   
22:38 - comments(0) -
穏やかなお天気が
続いています。でも、明日から雨になるらしいので...
これで少なくとも、網戸や窓ガラスの大掃除は今年も無理だなあ
(と、お天気に責任転嫁しておこうっと ^^;;;)。

しかし、それほどこまめに新聞読んだり、ニュース見たりしているわけじゃありませんが
2日ほど全然見なかったら、さっぱり浦島太郎です(特に、肝炎の患者さん救済の話)。
涙ながらに窮状を訴えておられたの、全面解決しそうなのかな?
えらい急展開です。いい方へ動いたのだから(ですよね?)いいのだけれど。
それにしても、何でまた?と思うくらいの急展開。
これも、一人勝ちじゃなく、強力なライバルが出現したからなんでしょね。
(少し前までなら、強行・・で押し切ってたんだろうから)
そう思うと、やはり、何であれ、一極集中的なのはよくないってことなんだろな。

さてさて、この連休の福岡行き。実質1日間の自由時間でした。
まずは一人でぶらぶらしていたときに入った、らむださんが紹介されていた「日本初出店の
クリスチャン・ヴォーティエ ル・コンセプト 」。定番のショコラを飲んでみました。
パウダーから作るのでなく、チョコレートを火にかけて生クリームと混ぜて作ります。
でも、(普通のショコラはビターチョコレートだけを使うこともあり)甘すぎることは
なく、ちょっと疲れ気味な体にいい心地でした。白が基調(カウンターや椅子等)で
アクセントにメニューやいろんな小物に使ってあるフクシア(濃いピンク)。シンプル
だけれど、ちょっと贅沢な雰囲気にひたれる、そんな空間でした。



その後、奇妙愛博士、アリアさんとそのご主人と合流し、今回のメイン・イベント、
文楽へ。演目は「心中天網島」と「勧進帳」。外連味たっぷりの勧進帳もよかった
ですが、何と言っても凄かったのは「心中天網島」。「勧進帳」の方は役によって
太夫(科白を言う人)が違います(たとえば弁慶には弁慶役の太夫が付く)が
天網島の方は一人の太夫が全ての科白を謡います。女性も男性も、いい人も悪役も、
若い人も年寄りも全部一人で演じるわけで、それも(芝居が芝居だから)感情
たっぷりなわけで。(特に一人目の人が凄いなと思っていたら、何と、この方
人間国宝だった。パンフレットも買っておく物です。)
人形遣いも、3人で1体ですが、誰が何をどうやってるのかさっぱりわからないけど
(をいをい)凄いのはよくわかった(^^;;) たわいもないストーリーですが
それをここまでのドラマにするんだものねえ。近松門左衛門ってすごい作者だった
んだなあと、つくづく感心。(昔、古文で習ったときにはさっぱりわからんかった
けど ^^;;) で、もっといろいろ知識があると、その分面白くなるんだろうなあ、
勉強せんととも思ったり。作品や浄瑠璃のこともだし、あと演じる方々についても。
たとえば2幕目で、主人公の奥さんが登場しますが、その時「待ってました」と声が
かかったので、誰か有名な人が登場したのかなと思ってたら(パンフで確認すると)
奥さんの人形遣いの人がまた人間国宝の人でした。うーん、ということはあの人形の
動きは難しいのかな? メインの、主人公の男女の人形やアクションの激しい悪役
人形でなく、主婦の、地味な動き(と私には見えていた)なのにねえ。
そのあたりぼちぼち調べつつ、せっかく国立文楽劇場が目と鼻の先にあるんだから
また機会を見て、文楽も見に行くようにしようと思いました。
 
 奇妙愛博士の感想はこちらに。 アリアさんの感想はこちらに。

博多座は、内装もなかなか凝っていました。
(たぶん)博多祇園山笠の飾り山の模型と一緒に、めんたいたれちゃんの記念撮影。

  

その後は、夕食へ。
ちょっと今晩はバテたので、写真は、また明日、アップします。
23:33 - comments(0) -
年末だから?
TVが面白くありません。シリーズ物は、終わったり、特番にとって代わられたり。
その特番が全然、面白くないものねえ...

今日は、楽しみにしてた高専のロボット大会だったけれど、ロボットや勝負はともかく
がっかりでした。某Nって、いつものことながら、何でああいう演出するんだろう?
大会を写して、技術的な説明加えるだけでいいのに。
どういう基準で選ばれたのかわからない、進行役のタレントさんにいろいろ感想?を
言わせても意味がないと思うんだけど。(クイズ番組ですら、科白の一つ一つに
台本があるそうだから、あの感想もほんとにその人達の感想なんだかどうか。)
それも、たまに聞くならいいんだけど、どっちがメインかわかんないような時間配分
だし。もっとたっぷり闘いぶりとか、それを作る際の苦労話とか、ロボットに関係の
ある話、映像を見たかったです。


日本って、変わってるんですかねー 欧米は違うだろうけど、アジアの国の中には、
多少は同傾向の国もあるかと思ってたけど。
 「フランダースの犬」日本人だけ共感…ベルギーで検証映画
私も、アントワープへ行くことがあったら、ぜひ大聖堂へ行って、ルーベンスの絵を
みたいと思っていたんだけど。(涙流さずとも、じーんとしながら見つめてしまうで
しょう、きっと) そんなに日本人、変わってるんやろか...
でも「滅びの美学」とか
「日本人は、信義や友情のために敗北や挫折を受け入れることに、ある種の崇高さを見いだす。ネロの死に方は、まさに日本人の価値観を体現するもの」
というのは、たしかにありそうな気がします。
でも、それって、そんなに変わった、世界で唯一な考え方なのか... ふーん... 

今日は、今年最後の外回りの仕事でした。
梅田、平日でも年末が近いからか、ものすごい人出でした。
一回は買い物に行こうと思ってたんだけれど、あの人混みじゃ、やめといた方がいいかも。

この頃の福引き、残念でした賞はお洒落なんですね。昔はティッシュと相場が決まってたのに。残念賞のラムネと、貘くん、くったりたれちゃん。

 

大掃除とか、(元旦到着は無理でも、とりあえず今年中に出すための)年賀葉書書きとか
やらないといけないことはいっぱいありますが、こちらは年越しになりそうな感じ(大汗)
23:09 - comments(0) -
どうにかこうにか
懸案の仕事がかたづきました。ほっ ^-^


さて、思わぬ所から、ひょんなクリスマスプレゼント。
年明けと聞いていた「リボルテック・ダンボー Amazon版」が届きました ^-^

箱の帯、「わたしはお金で動く。」を見て、思わず吹き出してしまう。
頭が、ダンボーと、段ボールを脱いだときのみうらの、2つできるようになっています。
あと、目が、光ります。
結構小ぶりだったので、たれちゃんと一緒に写真を撮るにもいいです。
くったりたれちゃんと、博多でアリアさんにいただいた貘の置物と。

    
22:57 - comments(0) -
メリー・クリスマス!
大阪へ帰ってきました。福岡に比べて、ぐっと寒いです。

明日には絶対と言われている書類と格闘中です(ああ、情けない)。
でも、どうにか目処はたって(たたないと、とってもとっても困るけど ^^;;;)一安心。

福岡の旅のこと、外国で撮ってもらってきたたれちゃんの写真、たくさんUPしたいことは
ありますが、今日はぐぐっと我慢して(?)仕事に専念します。

#でも、クリスマスのご馳走は食べますが(笑)
 いや、ほんと、宅配ってありがたいはあ ^-^

たれちゃんたちも、たれなりに、クリスマスを楽しんでいます。
写真に撮れそうだ~と買ってしまった(汗)クリスマス仕様の林檎と。
外国出張先のホテルで撮ってもらった、クリスマスツリーと一緒の写真。

それでは、皆様、いいクリスマスを。

    

*夜に追加:シンプルな苺のショートケーキ。十三のハンブルグさん
 美味しいクリームとやさしいスポンジが印象的でした。

  
16:06 - comments(0) -
(23日は福岡にいます)
いろいろご報告できるかな?


ともあれ、いよいよクリスマス間近。
クリスマス音楽隊、全5たれの写真をお楽しみ下さい。
この頃のたれちゃん達は、実に凝って作られてました ^-^
(それにしても、面白い楽器のラインナップ)

   

08:50 - comments(0) -
どうにか目処が
つくのかなあ...
(「めど」って、こんな漢字なのか...
 漢字変換がウソ教えたら、そのまま信じてしまいそうです。
 来年の目標:漢字にもう少し強くなる(というか、思い出す・忘れない ^^;;;)
       「読める」じゃなく、「書ける」をめざす

などと言いつつ、今から福岡へ飛びます。仕事じゃありません。
遊べるのは実質あした1日だけれど、たれちゃんと一緒に楽しんできます。

24日昼には帰阪。お仕事しているはずです(苦笑)
朝の飛行機しかとれなかったからなんだけど、今の状況じゃ、災い転じて福となす
でした。(25日に提出の予定)

というわけで、明日の日記はお休みします。
#せっかくのお休み、クリスマスイブ前日なので、クリスマスたれちゃんの写真
 だけ(今から(笑))貼っておきます。

ひとつご報告・予告 
  ←こうやって自分の首を締めておかないと、UPしないから ^^;;;;;
外国出張だった同僚に、空飛ぶ吊したれくんが同行してきました。
写真、撮ってもらえたようです ^-^
画像がもらえたら、またUPします。
↓ お土産にもらった(ホテルの常備品?(笑))キャンドルと一緒に。


   
15:45 - comments(0) -
| 1/4 | >>