わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

何故か集中して
出張続きです。
昨日は兵庫県の西の方まで、今日は大阪の北の方まで。
生まれてこの方兵庫県民のくせに、おおっ xxは明石より西にあるのかとか
そんな発見が多くて ^^;;; 昔から地理は苦手でしたけれど(実はいまだに
新神戸と岡山の間の新幹線の駅は、全部は言えない ^^;;;;;)


西宮によって、シンシナティ交響楽団のコンサートを聴いてきました。
指揮はパーヴォ・ヤルヴィ。楽団も指揮者も有名な所だと思いますが
何せ、オーケストラは(協奏曲のバック以外では)聞かない人。全く知識が
ありません。
で、何で生まれて初めての交響曲のみの公演に行ったかというと、5月に
クリスティアン・ツィマーマンのピアノコンサートに行って、とっても
良くて、で、10月にツィマーマンも1曲だけ出るオーケストラのコンサート
があるというので、チケットを購入していました。
オーケストラを聴かなかった理由は、管楽器(特に金管)が好きじゃない
からなんですが、(ただ、音だけじゃ金管のクラリネットと木管のオーボエ
が区別つかない人なので、勝手な食わず嫌いの面が大きいですけど ^^;;)
いやー 行ってよかった、聞いて良かった、食わず嫌いはよくないなと猛省。
曲目は、ある意味、アメリカづくし。
  バーンスタインの「キャンディード」序曲
  バーンスタインの「ディヴェルティメント」
  ガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」 (ピアノ:ツィマーマン)
 (休憩)
  ドヴォルザークの交響曲「新世界より」

前半は、大変メリハリのきいた演奏に感心したり、ツィマーマンの意外な
面を見たりで楽しんだものの、アメリカの作曲家のクラシックの曲って
(勝手な)何か違和感があって、感動!までは行きませんでしたが
#頭が堅いのか、すごくジャジーなフレーズとか出てくると、何か中途
 半端に思えてしまう(ジャズは大好きだけれど、これを「クラシック」と
 して聞くのはどうなんだろう風に感じてしまう)ので。変な先入観が
 できてしまっているんでしょうね。

「新世界より」のダイナミックな演奏は、ほんと素晴らしかったです。
あまりに緊張感溢れる演奏だったため、最後、曲が終わったはずだけどなあと
みんな思いながら、なかなか拍手ができなかったくらい。(お一人拍手を
しだして、おひとりブラヴォーの声がかかって、万雷の拍手になりました。
なかなか拍手が鳴り止まず、何と2曲もアンコールがあった。)
#ところで、私の世代ではこの曲の第2楽章を知らない人はいないと思い
 ますが(どこの学校でも、下校時の音楽に使っていたから)、今でも
 あの曲、使われているんでしょうかね。
 この間、小6の知り合いのお子さんに、朝顔の観察日記の話をしたら
 さっぱり話しが通じなくて、何でも今はそんなのしないそうな.....
 時代はどんどん変わってます。

時間やお財布と相談はしないといけないけれど、こういうのもいいかも。
芸術の秋ですしね。


もう1枚、ハロウィンたれちゃんの写真を。

   
22:00 - comments(0) -
今年は暖冬?
いつもなら、寒いからウールのマフラー、冷たいから手袋したいけど、
せめて11月になるまではがまんしようと自分に言い聞かせる時期ですけれど、
今年はつい上着を忘れて出かけそうになるくらい、暖かい日が続いています。
考えたら、まだベストで、セーターすら着てないですね。
過ごしやすくて助かるけれど、やっぱり地球は暑くなってるんだろうか...

と言いつつ、もう年賀葉書が販売されてます。
私は、ほんの少し、学校時代の友人に送るくらい。(それも年賀葉書じゃなく
美術館で買った絵はがきとかで。)職場関係が、どうせ3日とたたないうちに
顔合わせるんだから虚礼廃止でいきましょうとなってから、とんと出さなく
なりました。

こちらのブログ(Miyuki's Diary若旦那の独り言)、Macに関する
情報の速さ、確かさ、助かってます。で、すごくシンクロするから、楽しい
です。やっぱり、MagicMouseは買いですねえ ^-^


ニュージーランドのきなこさんの疑問
こういうこと、あるんですよね。お互い様ですけれど。
私がNZにいるときも、NZとオーストラリアの間の海で、船が沈没、油が
海に拡がって大変大きなニュースになってたけれど、連日連夜それしか
ないように報道していたけど、でも、これ絶対日本じゃ誰も知らない
だろうなと思いましたもの。
そういう地理的なこともあるし、あと、NZでニュース見ていると、
イギリス(それに関連してEU関連)のニュースがよく流れて、(昔風に
言うと)英連邦だものねと感心したり。で、カナダや南アフリカのことも
(日本人からすると)厚めに報道されて、そうか、英連邦だからだと気づい
たり。
所変われば品変わるというか、見方が全然違うもんです。


あっちこっち移動が多い割に、なかなか買い物には行けません。
がわだけ(中身のお菓子なし)って、ちょっと可哀相かな ^^;;;


22:23 - comments(0) -
流行りがわからない人
吉田カバン、評判高いんですけど、まだ実物を見たことがありません。
アクセントの博多織の模様が、とってもオシャレです。
  博多織と吉田カバンのコラボバッグ、サイトで販売へ

明日朝から通販。
明日からは怒濤の連続出張だから、サイトをのぞくのも無理かな...

流行が分からない人なんでしょね。黒谷由香さんに何の恨みもないけれど
ショップチャンネルで見て、これ(恋愛ボディ Whipness ウィップネス】
は売れないだろうと思ったんだけど。
  黒谷友香、むちを振るダイエット女王?
ということで、売れているみたいですね。
ふーん。たしかにダイエットにもだけれど、体に良さそうでしたけど。

買い物と言えば、来年の手帳が気になる頃です。
数年前、コスモスさんに勧めていただいてほぼ日手帳を使うようになって
手帳ジプシーはやめれたんですが、今度はどのカバーにするかで悩んでます。
私は年度に合わせて4月始まり手帳にしているので、まだ当分悩めます(爆)
世界の伝統柄シリーズ・パペルピカドがいいかなあ。それともいっそ、今年に
続いてアロハバージョンにしようかしらん(なかなか派手な黄色でしょ? 
絶対なくさなさそう(笑))。


ハロウィン間近なので、ハロウィン腹掛け(笑 本当は、焼いたお菓子に
付けるタグです)したたれちゃん、大活躍です。

   ハロウィン
21:51 - comments(0) -
タイミングが
良かったのか悪かったのか。
たまたまニュースを見たら、高橋智隆さんの新作ロボット、ROPIDが喋ったり、
走ったり、ジャンプしたりする実演が見れてラッキー。
  高橋智隆氏、走ってジャンプする「ロピッド」を開発
   〜2年半ぶりの新作ロボ、タイミングベルトで脚部関節を連動
  雑記帳:「ロピッド」公開 素早くジャンプ、着地も決め
  8cmジャンプも…人型ロボット「ロピッド」 京大ベンチャーが開発
  
と思っていて、後でロボ・ガレージのページ見たら、
今日のプレミアム8に、高橋さんが出演されていたのでした...
これって、再放送あるんですかねえ...
#BShiで、11月4日(水)午後2:00〜3:30にあるのが再放送かな?
夢の聖地へ「ウオッチバレー 独創の技をつかめ」ロボットクリエイター・高橋智隆が機械式時計の世界的産地・スイスのウオッチバレーを訪ねた。最先端の技術や伝統の技に触れ、新たなロボット製作のヒントを探す。

それにしても、、しばらく訪問しない間に、ずいぶんとロボットの数が増えています。
PENPALとか、ペンギンによく似ていて、可愛い ^-^
いろんな意味で、気になるサイトはこまめに訪問しないといけないって教訓でした。

高橋さんのロボットの中で一番カッコイイと思うクロイノのフィギュアと一緒に。

   ロボット
23:34 - comments(0) -
今日から「読書週間」
EGWORD、人気のあるワープロでしたが、惜しまれながら開発終了。
同時に姿を消した変換エンジンegbridgeが、別会社から「かわせみ」として
復活だそうです。あちらで、こちらで、話題になってますね。
せっかくの復活だからぜひ支援したいところだけれど、(Macファンなのに?)
こと漢字変換についてはAtok大好き人間と来ているので、買っても使わない
だろうなあ.....

ずいぶんと先の話だけれど、フェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」も
レンブラントも、とっても楽しみな企画です。
  フェルメール「真珠の耳飾りの少女」12年東京・神戸に

残念ながら、まめさのない人なので、あと長ネギやポテトが台所に転がって
いる可能性はとても低いので ^^;;; こまめにジャーマンポテトを作るとは
思えないけれど、第3巻も買いましょかねえ。この本の魅力の一つである
レシピはぜーんぜん活かされそうにありませんが ^^;;;;;


きのう何食べた? 3 (モーニングKC)
きのう何食べた? 3 (モーニングKC) おすすめ平均
starsおいしいものってしあわせ
stars待ってました!
stars相変わらず美味しそう
starsとりあえずレシピ消化中
stars「Get Wild」

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools


#でも、きなこさんちのローストポークなら、私でもどうにかなりそうな
 気がする。気がするだけだけど..... (何せ、まずオーブン買うところから
 始めないといけないから ^^;;;;;)
21:58 - comments(0) -
気分転換に
今週末はハロウィンですね(10月31日)。
それまでの1週間、テンプレートをハロウィン仕様に変えてみます。
背景が黒なので、ずいぶん雰囲気変わりますねえ ^-^


なんか気力が足りなくて、定期購読している雑誌(DAYS JAPAN)も封も
開けずにおいていたら、サルガドの写真展が開かれていて、24日には
ご本人の講演もあったとか。あらら。
東京へ行く機会はぐっとへりましたが、期間が長いのでのぞけるかなあ。
  10/24から12/13
  セバスチャン・サルガド「アフリカ」生きとし生けるものの未来へ
  東京都写真美術館(恵比寿ガーデンプレイス)

昨日、「ダーウィンが来た!」ではちょうどコスタリカの変わった昆虫を
取り上げていました:「珍虫ツノゼミ 百変化!
いやいや、世界は広いというか、変わった動物・昆虫がいっぱいいるもんです。
DAYS JAPAN 11月号には、世界で最も美しい鳥と言われる、コスタリカの
幻の鳥ケツァールの写真がが載っていて、その玉虫色の綺麗な姿に見惚れたり。

コスタリカなんてどう考えても一生縁がないですが、写真や映像だといろんな
物が見れて、いいなと思っています。

ジェームズ・ナクトウェイの写真が載ってたので買い出して以来、この写真
雑誌買い続けていますが、ぜひ定期購読をって何回も言われます。「あと、
定期購読が何人増えると存続できます」と。
今の世の中だから、報道写真はどうしても暗いテーマのものが多いし
綺麗な鳥の写真も、どうしても数が減ったとか環境破壊の話がついて回るし
堅い話が増えるからでしょうか、苦戦されてるみたいです。
届いたらぱらーっと一通り見て、斎藤美奈子さんのコラムを読むくらいです
けれど、存続するといいんですけれど。

動物ネタつづきで。
いやー 猪が泳ぐとは知りませんでした。
対馬ということは日本海側。もう水温低いでしょうに。バイタリティありますね。
  対馬の海を泳ぐイノシシ、渡船からパチリ
18:27 - comments(2) -
もう少しアクティブに
最近、ちっとも写真を撮ってません...
mi-koさんみたいに、日常の中でさくっとたれちゃんを撮れるといいんですが。
ちょっと、どうも最近そういう心の余裕がありません x_x;;;

ゆるキャラまつり、今日まででしたね。
一度、ひこにゃんには本物に会ってみたいけれど。
  ゆるキャラまつり:130体が「ひこにゃん」の彦根に大集合!
  海外からも初参加 25日まで

秋の映画シーズンで、いろいろ観たい映画が公開され始めます。
去年の東京国際映画祭で審査員特別賞を取った「アンナと過ごした4日間」が
やっと公開されます。(紹介記事監督インタビュー公式webページ
(大阪は10/31から第七藝術劇場で)

#それにしても、不遇な時代が長く続いた後、71歳になっても創作意欲が
 衰えないヴァイタリティって凄い。この作品は17年ぶりの新作だそう。

今年の東京映画祭グランプリはブルガリアの「イースタン・プレイ」
「漫然と日々を過ごす元アルコール依存症の芸術家、その心がゆっくりと復活
する様」を描いた作だそう。これも見たいですが、いつ公開されることやら。
地味な映画は、(特に東京以外では)なかなか公開されないので。

こちらも地味というか、決して明るくない映画だけれど、
監督(「殺人の追憶」「グエムル/漢江の怪物」を撮ったポン・ジュノ)、
主演女優(キム・ヘジャ)、その息子役(5年ぶりの映画出演、ウォンビン)と
役者が揃って公開される「母なる証明」。これはぜひ観に行きたいです。
  ポン・ジュノが遂げた“深化”の必然性
  “韓国の母”キム・ヘジャが見せた「狂気」という名の真価

とにもかくにも、もっとうまく時間を付けるようになって、
町へ出かける気力を出して ^^;;; ばんばん映画を見に行けるようにします。
がんばれ >じぶん

じぶんのペースを乱さない、たれちゃんを見習いたいものです。
     
21:39 - comments(0) -
何だか忙しい
です。でも、仕事はちっともはかどらない.....
ちょっと生活のリズムが狂い気味です。昨日は日記書けなかった.....
いろんな意味で、立て直したいですが.....


とりあえず、今日は、一度生で見たかった熊川哲也率いる Kバレエカンパニー
ロミオとジュリエット」を観てきました。 またゆっくり感想書きます。
ともあれ、ロベルタ・マルケスほんと素晴らしかった。最高。

電車の行き帰りにさくっと読めてしまった、元諜報部員が大活躍する
裏切りあり、どんでん返しありのハラハラドキドキのアクション物。
女性記者が漏らした不可思議な言葉“ブラック・キャット”。そしてアイルランド沖に不時着したパイロットの最期の一言―ブラック・ドッグ。英国の元秘密情報部員ジャック・ヴァレンタインは、五十年前の水兵の認識票を調べていた。簡単なはずの捜査は、いつしか謎の言葉へと結びつき…。彼の前に浮かび上がった意外な謀略とは。英国推理作家協会賞受賞作家が放つ王道の冒険小説。
いろいろ失敗もあるけど、最後に正義は勝つので安心でもあります(笑)
現実、絶対こうはうまくいかないと思うけれど、プロットはとてもよくできて
いるので謎解きも楽しめるし、爽快な気分になれます。


ブラック・ドッグ (新潮文庫) ブラック・ドッグ (新潮文庫)
John Creed
新潮社 2007-04

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools
22:50 - comments(0) -
なぜか最近
TVを見ていながら10時、11時あたりにうとうとしてしまって、2、3時間後
目が覚めて眠れない...ということが多いです。そこで、読書とか、持って
帰ってはある仕事とかばりばりするといいんだけど、ぼーっとTVを見ている
のがほとんど ^^;;;
おかげで、深夜番組にはお笑いもあるけど、なぜかやたらとアニメが多いと
気づいたり、ピータ・バラカンさんが日本のことを英語で紹介している番組
Begin Japanology、元々はNHK Worldの番組)見て、今日のテーマは
「米」で、ああそう言えば冷夏でお米がとらなくて、足りないからタイとか
から輸入したけれど、やっぱり日本のお米がいいってスーパーでもの凄く列
作ったよねなどと昔のことを思い出したり。(それにしても、新嘗祭だの
全然知らない知識を英語番組でこの年で学ぶとは、日本人としてちょっと
恥ずかしいかも...)
あと、今日は(正確には、23日の早早朝)前から見たくて見逃していた
「ぼくを葬(おく)る」、かなり終わりの部分だけを見たり。(90分映画の)
残り30分になっていましたが、ふだんならあきらめて次回見れることを期待
するところだけれど、吸い込まれるように、どうしても目が離せなくなって
しまって、とうとう最後まで見てしまいました。静かな、地味と言ってもいい
シーンの連続なんですけどね。まだ「まぼろし」「スイミング・プール」と
2作しかみていないけれど、オゾン監督ってほんと鋭く人間に切り込んでくる
というか、凄い。ぜひ、近いうちに、じっくり全体を見たいと思います。
それにしても、このタイトル(日本語訳)うまいですねえ。
英語タイトルは「Time To Leave」、フランス語はわからないけれど、「Le
Temps Qui Reste」だから英語はほとんど直訳なのでは? 僕を「葬る」と
書いておくると読ませる日本語訳、この映画の内容を考えると、ちょっとない
秀訳に思います。素敵。

ぼくを葬る [DVD]
ぼくを葬る [DVD]メルヴィル・プポー おすすめ平均
stars死は必ずしも愛を育まない?
stars“死”をどう受けとめ、受け入れるか?
stars唇のうえに沈む夕日
starsフランス映画
stars美しすぎるラストシーン

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools



この頃、トートバッグが欲しくてたまりません。
たっぷり入りそうな、大きなトートはよくあるんだけれど、取っ手があまり
長くないのよね... これから寒くなると(もこっとした)ジャケットを着るし
太い腕を入れても大丈夫な余裕が欲しいんだけど。
今気になっているのは アキコオブチさんのエコバッグとか、宝島から出る
ブランドムック「イヴ・サンローラン」、雑誌はどちらでもいいんだけど ^^;;
おまけのトート(サイズ:縦33cm×横45cm×マチ12cm)がなかなかいい
感じです。たっぷり入って、カメラとかすぐに取り出せそうだし。
  宝島社:ブランドムック「イヴ・サンローラン」 異例の初版100万部
20:56 - comments(2) -
いいお天気つづき
明日からは少し下り坂ってことですが。

さすがにお医者さんの薬はよく効きます。
だけど、眠くなるのが玉に瑕。昼過ぎの打ち合わせがもう眠くて眠くて...
何か、一日ぼーっっとしていて、あんまり仕事、進まなかったような
← そんな風に書くと、いつもはばりばりっと働いているみたい ^^;;;

あと、栄養とらないとと思っていろいろ思いっきり食べて、よく寝て
... しばらくたったら、体重、大変なことになってるんだろうなあ..... T_T


早く元気になって、いろいろ出かけたいですね。賢島はちょっと遠いけれど。
  ペンギン駅長、制帽でお出迎え 近鉄賢島駅に着任へ

階段を上がると息が切れるって、風邪のせいだけじゃなさそうな。。。
冷やかしでやってみた「歌舞伎エクササイズ」もなかなかしんどくて
こたえるし。(ビートルズ世代って団塊世代のことだよね... x_x;;;)
スポーツジムへ行く間はなくても、いろいろDVDもあるし、本もあるので、
体動かせばいいんだけど。
今まで、左腕が痛いから(上がらないから)というのを理由にしてきたけれど
やっとこつり革が持てるくらいにまで回復してきたので、そろそろ考えます。
21:58 - comments(0) -
| 1/3 | >>