わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

雨の日曜日
雨が降ると、寒くなります。
雪国の方からすると、何を甘いことを でしょうが。

日曜の雨はともかく、月曜の朝降ってるとすごくつらい(くらーい
気持ちで週が始まってしまう)ですが、明日も雨の予報です。残念。

夕方から梅田へ出て、電機屋さんでいろいろお買い物。
一番のお目当ては(デジカメをチェックすることを別にすれば(笑))
キーボードの購入。私の情報が古すぎるんですが、ずいぶんデザイン
が変わっていてびっくり。やっぱり他社さんのより純正かな、あと
ほんとはワイヤレスにしたかったんですが、やはりテンキーがないと
つらいのでテンキー付き、有線のものに。残念ながらマジックマウス
は昨日売り切れ、次の入荷はたぶん2週間後とのこと。今週たぶん
心斎橋に出るので、そのときアップルストアをのぞくことにします。

ついつい、何でも壊れるまで使ってしまいますけれど、新しい物に
買い換えると使い勝手が全然違いますね。こまめな情報収集と実物
チェック、最近おろそかになっているので、猛省。

しかし、人が多かったですね。
デパートにも寄ってと思っていたけれど、地下で総菜を買っただけ。
今年もバーゲンはのぞかずに終わってしまいそうです。


画伯色紙、思いの外好調な滑り出しで、始めっからえらく高い水準
で動いています。
参加するには、デジカメの購入、もう一度考え直さないとダメみたい。
どうしたもんかな...
  Be Smile Project チャリティオークション
22:41 - comments(0) -
今年は日曜日
昔々、学生の頃、ヴァレンタインデーが日曜だと、もらえないのが
わかんないからいいとか、そんな話がありませんでした? 
男の子も大変なんだね、ともてないさんとしては同情?したり。
さすがに就職したら、そんな話はありませんでしたけど。

テンプレート、ヴァレンタインデー仕様に変えてみました。


町中チョコレートだらけですが、それにしてもいろんなチョコレート
があるもんですねえ。ああキレイとか思うと、結構お高いし ^^;;
このブログを書いているページに「おすすめチョコ」のバナーが
あったのでクリックしたら、チョコレートや「一緒にこういう小物を
送りましょう」な商品が紹介されていました。
カラフルな靴下があって、贈るんじゃなく自分にいいなあと思った
けれど ^^;; お値段3,150円。どこにも何にも書いてないから、
1足がでしょうね..... 世界が違いました (_ _).。o○

そこそこの陽気で喜んでいたら、明日から雨、ぐっと寒くなるそう...
今日どうしても行けなかったので、買い物に出たいけれど、がんば
れるかな。

明日からは、画伯も参加される Be Smile Project のオーク
ションが始まります。第一弾の動きを見ていたら、これまたちょっと
世界が違うかも ^^;; なんですが、できればちょこっと参加できたら。


寒いと、写真撮ろうって気にもなりません。
手はまだしも、膝から下、とりわけ足が冷たくて冷たくて。
運動不足だからでしょうかね..... 
三日坊主になっているストレッチを、明日からは復活するように
します ←今晩からと言わないのがミソ ^^;;;;;
23:05 - comments(0) -
あっという間に
気がつけば1月、ほとんど残っていません。
うーん、この状態で2月に突入すると、年度末進行があいまって
悲惨なことになりそう.....

#28日の興奮状態で(?)27日の日記をUPするのを忘れていました。
 この日記と一緒にUPします。


そう言えば、はっちゃんは神戸の公園出身でした。
JR六甲道にある六甲道勤労市民センターで
  「猫のはっちゃん写真展−はっちゃん再び!
が行われるそうです。2月が「猫の適正飼養推進月間」なことにちなんで
はっちゃんの面白くてカワイイ写真を展示します。
あわせて、灘区内で積極的に地域猫活動に取り組んでいる3地区の取り組みをご紹介するとともに、猫の正しい飼い方に関する啓発コーナーを設置します。
とのこと。時間があれば、のぞきにいきたいなあ。

お金は大事だけれど、こういうニュース見ると、ほんと腹立ちます。
  ペット店長ペンギン泥棒、動物園でバッグ詰め
金のために、人とか、動物とか、無法に傷つけるのは絶対許せない。
長崎ペンギン水族館には行ったことがありますが、そこでもフンボルト
ペンギンのコーナーはずいぶん開放的でした。長崎バイオパーク
  ZOOっと近くにふれあえる動物園&植物園
がキャッチ。それを逆手にとって動物を盗んでいくなんて。こういう人が
一人でもいると「管理を強化して」って話に流れていくんですよね。
幸いなことに今のところ無事だったペンギンは大きなショックは受けて
いない様子だそうです(オフィシャルブログ「ペンギンは元気です」)。
今後は、バイオパークの展示スタイルを活かしながら、管理面も強化する方法を検討して行きたいと思いますので、どうぞこれからもペンギンたちをはじめ動物たちを暖かく見守って下さいますよう、お願い致します。
とのことです。

この元旦から毎日新聞で宮本輝さんの連載が始まっていたんですね。
三十光年の星たち
時代のサイクルが早まり、あらゆる局面で短期間のうちに結果を出すことが求められる現代。圧倒的なストーリーテリングと人間描写で数々の名作を生み出してきた作家が、人間を磨き、成長させる「歳月」をテーマに取り組む。閉塞(へいそく)感が漂う日本社会に、今最も必要な価値観とは何かを問いかける。
と紹介されています。挿絵は赤井稚佳さん
スピードも緊張感もとても大事だけれど、だけれど、最近の(日本の)
流れってどうよと思うことも少なくありません。純小説って苦手だけれど、
紹介読んで読んでみたいなと思いました。いずれまとまって単行本として
出るでしょうけれど、新聞だと挿絵が一緒に見れていいんだけどなあ。

iPad、賛否両論というか、否の声が大きいのかな。
個人的にはいいと思いますけどねえ。
上手く言えないので、若旦那さんとか、柳下毅一郎さんとか、
(自分の中でもやもやっとしているものを書いて下さってるのを)読んで
すかっとしたご意見をリンクしておきます。


毎度おなじみたれちゃんとワインの写真。今日はササニシキ(宮城県)の
黄金の俵に乗っかっています。
ただ、当分、ワインと一緒の写真は撮れません。ワインは大好きですが
あと別に体調はまったく悪くありませんが、年末に、今の飲み方ちょっと
良くないなと感じるところがあって、今あるワインがなくなったらしばらく
家飲みはやめようかなと。(いつまで続くかわかんないですけど(苦笑))
買い置き最後のワインはモンテス クラシック メルロ−。
やさしい、葡萄本来のおいしさが凝縮されたワインでした。

   
22:32 - comments(0) -
日本発売が楽しみ
待ちに待ったタブレット。slateじゃなくpadでしたね。
  iPadのサイト
久しぶりにちょっとわくわくする商品です ^-^
iBook、どこの出版社が参加するかな... (Kindleより読みやすそうです。)
#日本でこのサービスが根付くかどうかはわからないけれど
 日本からでも、アメリカのiBookは使える(洋書は買える)のじゃ?と
 思ってます。

カメラがついてないことをいろいろ書かれているけれど、個人的には
デジカメは別のを持つだろうし、無問題です ^-^

□日本語の記事
  米Apple、噂のタブレット「iPad」発表〜9.7型液晶、iPhone互換、499ドルから
  Apple iPad速攻ハンズオン! 超サクサクで日本語もOK(動画・写真ギャラリー)

□日本語でまとめて下さっているサイト。
  アップルの新型タブレット iPadの仕様その他情報まとめ
  Apple、待望のタブレット「iPad」を発表
  日本語入力してみました Japanese input #iPad
18:40 - comments(0) -
今週来週あたりは
軽い小説を続けて読んだせいか、ちょっとどっしりした作品が読みたく
見たくなっていました。ちょうど、戦争を題材にした映画がいくつか
公開されています。


デンマーク映画「誰がため」に行ってきました。
1944年、ナチス・ドイツ占領下のデンマーク。誰もが恐怖に身をすくめていた時代、ナチスに凛然と立ち向かった実在のレジスタンス、フラメンとシトロン。このような状況下でさえなければ、青春のただ中で人生を謳歌していたはずの若きフラメンは、純粋すぎるがゆえ使命感に燃え愛に翻弄されながらも戦うことしか選べなかった。そして、愛する妻、まだ幼い娘と幸福な時間を過ごしていたはずのシトロンは、人を殺めることに抵抗を覚えながらも守るべき者のため自ら戦うことを選んだ。

第2次世界大戦時のデンマークの状況、そして映画の中で頻繁にスウェー
デンが出てきますがその位置づけ、この映画を見てそういったこと全く
知らないことに気づきました。知らない日本人は多いかもしれませんけど。
でも、カナダでの体験を思い出しても、全く知らないというのは問題
(少なくとも、知ろう、知りたいという気持ちはいつも持っていたい)
と思っています。
#十何年か前にカナダに住んでいたとき、年配の店主が誰にでもHiって
 言うのに、私には言ってくれないのが不思議でした。売ってはくれた
 けれど。見ていると、他のアジア人(韓国や中国人)には挨拶しました。
 その時始めてカナダ兵が英連邦軍の一員として、日本と第二次世界大戦
 で戦っていたことを知りました。そんなこと知らずに、夢にも思わずに
 カナダへ行っていたわけです。何とも情けないというか、無神経な話。

淡々とした、切実な映画でした。
人は生きる時代を選べないし、生まれる国を選ぶこともできない。
人として生きること、(戦時にただ生き延びるだけでなく)存在するとは
どういうことかを考えさせられる映画でした。
(時間的なことで)ちょっと迷っていたんですが、観て、よかったです。 

#小説のほう、『戦場の画家』を読み始めました。
 ものすごく骨太で、息苦しいくらいの重量感ある小説です。
 (映画を見に行きたいので)『ミレニアム』を先に読もうとしている
 ので、途中で止まったいますが。
 読み終わったら、感想書きます。

戦場の画家 (集英社文庫)
戦場の画家 (集英社文庫)Arturo P´erez‐Reverte

おすすめ平均
stars戦場の暗さと朝日のまぶしさ

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

22:27 - comments(0) -
やっとこさっとこ
なかなか行けなかった「レオナール・フジタ展−よみがえる幻の壁画たちー」へ
行ってきました。(スペシャルサイトはこちら
素晴らしい内容でした。幻の大作やそれの元になるデッサンの数々、これまで
見たことのない初期の作品群、再現されたアトリエ、最後に住んだエソンヌ県
の自宅の様子や小物類(大変手先の器用な方で何でも自分で作られたそうです。
廃屋を自分好みにレイアウトし、自作の食器や小物類を置き。展示はありません
でしたが、自分と奥さんの衣服もフジタが裁縫したそうな。凄い)、そして
晩年に建てた「平和の聖母礼拝堂」用の資料や習作、etc.etc. 本当によかった。
あまり時間が取れなくて、正味1時間ほどで見ないといけなかったのが大変残念
でした。

絵はがき、展示はされていなかった2作品を買ってきました。
左は、藤田と言えば白い裸婦と猫。ただしこの絵は「ライオンのいる構図」の
部分だそう。右は手作りの衝立に刷られたステンシルの絵(部分)。こういう
物、絵に囲まれてフジタは暮らしていたんですねえ。

  
22:38 - comments(0) -
場違いな感じ
中之島に用事があったんですが、「なら、ハービスENTにソニースタイルが
あるからビデオのことを聞いてきてくれない?」と同僚に頼まれて寄って
みました。
ハービスENTは梅田の中心、ヒルトンホテルの隣にあるオシャレなビル。
1階には劇団四季の劇場があったり、各フロア、名だたるブランドが並んで
いたり。(あまりにオシャレ過ぎて、ちょっと緊張してしまいました(笑))
いやいや、西本町にあるオリンパスのショールーム(オリンパス・プラザ)
とはえらい違いです。お客さんも多かったです。そら、ビデオにデジカメ、
プレイステーションにテレビにステレオにといっぱい商品があるし。場所も
いいし。来月出るサイバーショットの新作が先行展示されていて、思わず
いろいろいじってしまいました。
デジイチα関連の講座もいろいろやっているようです。(αを持っていなく
ても受講できるみたい) 行ってみようかな。

#そう言えば、ニコンプラザ 大阪はすぐ隣のヒルトンプラザにあるんです
 よね。何か華やかだなあ。
 オリンパスプラザ、本町それも四つ橋筋側なので、ビジネス街としては
 便利なところだけれど何か地味ですよね。アクセスも、普通のお客さん
 からするとよくないし。


ところで、セルジュ・ゲンズブールの映画が作られるんですね。
こちらの新聞記事を読んで、中身はさっぱりわからなかったんだけれど
ググってみると、既に(外国で)ご覧になった方が感想書かれていたり
Youtubeには予告編が載っていたり。便利な時代です。
公式HPはこちら。予告もあります。)
ゲンズブールも、奥さんのジェーン・バーキンも、(超)カリスマ的人気
のある人ですけど、あまりにフランス的だからか(なぜそんなに人気が
あるかが)よくわかんないんですよね。こういう映画をみると、そのあた
りの秘密がわかるかな・・・ (ゲンズブール、どっちかと言うと醜男と
思うけど、名だたる美女、才女が恋人だったわけで。不思議。)


泡盛たれちゃんと一緒に写っているのは、バルベラ・ダルバのワイン。
まだまだ飲んだことのない葡萄品種、いっぱいあるなあ。(調べるまで
バルベラ・ダルバが葡萄の名前とは思いませんでした ^^;;;)
作り手はマッソリーノ、品のいい感じのワインでした。

     
22:40 - comments(0) -
生姜がブーム
だそうです。体を温めるのに効果があるとか。足(先)の冷えにも効くで
しょうね。紅茶に入れる手もあるらしいので、そのうちチャレンジしてみます。

朝夕さん、いつもしっかり、でも手早く料理されていて感心しています。
私よりずっと和食、食べておられるし。(朝夕さんはスイス在住)
料理本も、ネット情報も私の数十倍(数百倍?)ご存知だけど、紹介されて
いたブログ「ooLife *オーガニックレシピ手帖*
なかなか美味しそうです。時間のあるときにいろいろ見てみることに。

#こういったレシピを見るとき困るのが、一手間かけること(←とんでも
 なく面倒くさがりなのでこれがなかなか)と調味料のこと。
 自分で作ると、脂っこいの嫌いだから油を引かず、帰ってすぐに大鍋に
 野菜と肉を入れてしっかり蓋をして蒸し焼きにというパターンばかり。
 (蒸し焼きにしている間に着替えたり、片付けしたり。) で、たいてい
 そのまま食べます。たまーに胡椒や唐辛子はふるけど、塩は(塩辛いの
 嫌いなので、食べ物の塩味だけで十分なので)まずかけません。
 そこそこ外食もしてるし、食物自身に塩気があるので、塩分が足りないって
 ことはないと思ってますけど。逆に、外食の時は(関西でも)塩辛いな
 って思うことが多いです。

今日はデパートには行って、化粧品をいくつか買ってきました。
色物の場合、やっぱりネットの画面だけじゃなく直接見ないとダメですね。
ついでに、チーズケーキを買ってきました。モロゾフのチーズケーキ
専門店「酪庵」で買った、フロマージュブランの「雪てまり」
たれちゃんの顔横幅は3cmほどなので、こぶりなのがわかります。
なので(?_?)とろけるようなかぁるいムース風だったし、あっという間に
食べてしまいました ^^;;; 

     

ところで、節分の恵方巻き丸かじり、行事として定着したみたいですけど
この頃は巻き寿司だけじゃなく、ロールケーキもかぶるんだそうで... 
さすがに直径は少し控えめなんだそうですけど。
いろいろ考える人がいるもんですねえ.....
#でも、細くても、ロールケーキ1本は、中学生から20代くらいまでしか
 無理じゃないかなあ・・・ (私は無理と思います←上のケーキの話の
 後じゃ、説得力がぜんぜんありませぬ ^^;;;;;)
22:44 - comments(2) -
思い通りには
動けないもんですね...
いえいえ、悪巧みしていたとかそんなじゃないんだけれど ^^;;;
ちゃっちゃっと仕事片付けて、梅田でお買い物、あとちょっと足を伸ばして
などなどいろいろ考えていたんだけど、全部できませんでした。
寒いのが悪いんだと思っておこうっと。←仕事の段取りが悪いんでしょと
いうのはとりあえず置いておくことにして ^^;;;;;

でも、もう遅くなったからと思っても、週末は遅くまで開いてるお店が
多いんだし、出かければいいのに >じぶん 帰っても、ご飯食べて
TV見てだけなんだし... 


今日は、ゴールデングローブ賞の授賞式を見ていました。
「アバター」一人勝ちでしたけど、アカデミー賞もそうなるのかな。
個人的には、ドラマ物にがんばって欲しいですけれど。

CGとか、デジカメのアートフィルターとか、あんまり興味がありません。
写真に補正かけるのもあまり好きじゃありません。腕がないこともあるし
時間もかかるし、あと結局それって本物じゃないと思ってしまうから。
「ファッションが教えてくれること」でも、表紙の女優さんの顔、いろ
いろ修正してましたけど。ファッションだってそうじゃない、髪を伸ばして
いる途中だから帽子をかぶるってそれだってごまかしじゃないというのとは
やっぱりちょっと違うような気がしています。この写真だけ歯に口紅が
ついているから白く修正しようというのはまだ「直し」の範囲だろうけど
(それも嘘は嘘だけど)、シミを取ってホクロを取ってシワを取ってと
なったら何を信じていいのやらと思えてきます。どこまでがOKかの線を
みんなが納得する形で引くのは難しいだろうし。
上手く言えないんですけど
  クギの頭も特撮から
の群衆シーンの工夫を聞くとすごいなあと思います。一方で
  動物との一体感表現 「オーシャンズ」の両監督
のインタビューを読んで
クルーゾー監督は「実はあのサメはロボットなんです」と打ち明ける。「私たちは実際の漁の映像を見て、それを忠実に再現した。だって私たちはサメがそんなひどい目に遭っている場面に立ち会い、観察者としてカメラを回すことなど出来ませんから」
と言われると、(人間として気持ちはわかるけど)大自然をがんばって
とらえましたが売りの映画でそれはないんじゃないと思ってしまいます。
難しいですけどね。
それにしても、これだけ「修正」技術が高くなると、誰でも簡単に利用
できるようになると、何を信じていいのやらですね。(ちょっと前だと
何か不自然なところがあって気づけましたけど、今はさっぱりです。)


たれちゃんには、そんなややこしいこと考えなくていいから、いいな。
お気に入りの「たれごろし」に乗っかったたれちゃんとチリの赤ワイン
マプ・レゼルヴァ カベルネ・ソーヴィニヨン 2008。
同じ木でも場所が違うとずいぶん味わいが違います。すごく逞しい感じ
のスパイシーなワインでした。

     
23:49 - comments(0) -
迷っている間に
気分転換に、テンプレート変えてみました。
キュート過ぎるかも(苦笑)
27日の招待状のデザインを見ていたら、
ああカラフルなのっていいなと思ったので。
#27日、どんな発表があるんでしょうね。
 期待し過ぎちゃいけないと思いつつ、わくわくわく ((o(^-^)o)) 


ちょっと「疲れ気味」です。結構、トンネル長いです。
ポカミスが続いたり、いよいよ出不精(ひきこもり)が酷くなったり。
どうしたものか、いろいろ出口を模索中です。
なかなか糸口がみつからないけれど。
少し、いろんなことの関連は見えてきたけれど、でも、疲れない
ように同時に元気よくというのは難しいのがわかって来ただけかも。

「外へ出よう」で始めたいろんなコンサートの予約。
それにしても、先行電話/ネット予約って大変なものですね。
ここ数日、今月分の予約をしようとしたけれど、頃合いを見計らっては
チャレンジするけど、今日なんかやっと3時頃に通じました。もちろん
正面の席なんてとっくにありません。だんだん、だんだんとりにくく
なってるような気がします(お客さんもほんといつも一杯だもの)。
今予約しているのは6月7月あたりの分なので、もうそろそろ今シーズン
のチケット予約は終わりだからいいけれど。ただ、この手間を考えると
来シーズンもがんば(れ)るかどうか、わかんないですね。

#ストレスたまってしんどい→しんどいことを避けよう/考えないように
 しよう→でもそういうことを避けちゃうと(気持ちまで)引きこもりに
 →脳みそにも考えるなと命令すると、やらないといけないことまで
 考えない(ポカミス、出不精、作業の遅れ)・・・
 そんな悪循環でしょうかね。
 元気よく考え/動けばいいんだけど、そうすると、ストレス対策を
 どうしたもんか・・・

楽しいお買い物のことでも考えてみます(笑)
実際、買うかどうかは、まだお財布に相談していませんが(爆)

まだまだ寒いですけど、コスメ(色物)、1月早々からいろいろ
「春の」新色が出ています。ああいいなと思っても買いに行けない間に
(限定物は)売り切れていたり。今年はナチュラルな感じ、パステルな
感じのが多くて、欲しいのがいっぱいあって、目移りしています。
いくつかは買えるといいな。
この週末出かけられたら、
  クラランス コットンフラワー フェイスパレット
  ヘレナ・ルビンスタイン ウォンテッド・アイズパレット
  イヴ・サンローラン パレット Y メール ハイライター
をのぞいてみます。(すでに売り切れているのもありますが、ダメ元で)
2月になると春物が本格的に出ますけど
  SUQQU 貴透(きすい)
  BOBBI BROWN カバナコーラル コレクション
は見に行くつもり。

書いてるだけじゃなく、とにかく出かけようね >じぶん


ふかふかでシャギシャギ、ラメ入りの生地でできた冬たれちゃん。
手前のボールは、正式な遊び方は知らないけれど、ニュージーランドで
蹴鞠?みたいにして遊んでいるのを見たボール。
これもD40+AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8 G。
(このレンズ、ほんといい買い物をしました。
 こちらの作例を見ても、とてもいい感じです。)

     
22:40 - comments(0) -
| 1/3 | >>