わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

水族館でペンギン三昧
昨日の続き。
福岡・下関の旅、2日目(6月12日)、下関での様子です。

海響館は、手にスタンプを押してもらって外へ出かけることができます。
お昼ご飯を、すぐそばにある唐戸市場へ食べに行きました。
もうせりは終わっていましたが、土産物を買う人や昼食をとる人で
大変賑わっていました。
 
2階に上がったところ、フグのマスコットがおかれたそばにある「よし」
さんで昼食(あなご定食)。大変混んでいたので写真なしですが、新鮮な
お魚に舌鼓を打ちました ^-^
 
さて、ペンギン村の様子です。
屋内に、キングペンギン、ジェンツーペンギン、マカロニペンギン、
イワトビペンギンとインカアジサシが、屋外にフンボルトペンギンが
飼われています。

始めにある大きな水槽を正面から見たところ(キングペンギン)、

水槽を少し横から見た、マカロニペンギン。一生懸命写しておられる
観客の方も写ってます ^-^
#イワトビペンギンとマカロニペンギン、よく似てます。どちらも
 マカロニペンギン属だし。切手でも間違えるくらい
 イワトビペンギンの眉毛の方が立派(えらそう)です(笑) 

水槽を横から見たところ。えさをやったり、掃除をしたりしている
職員さんも写っています。

こちらの写真は、同じ角度からプールの部分を撮ったところ。
(職員さんの足がちらっと見えています。)
大きな水槽、右へ廻ると、通路がだんだんとスロープで下がっていき、
プール部分を横から見ることができます。

さらにぐるっと廻ると(始めにいたところからすると、反対側)、
プールを泳ぐペンギンを見たり、またプール部分にトンネルが作って
あるので、そこを通って下からペンギンの泳ぐ姿を見ることもできます。
(上の写真で、水中に人影が見えるのは、このトンネルを通っている
 方々です。)
ジェンツーペンギンはもっとも速く泳ぐペンギンですが、時速35km程度
で泳ぎます。弾丸のようにびゅーんと、水中を飛んでいるみたい。


トンネルを抜けたところ。プールの一番底の部分をビュンビュン泳ぐ
ジェンツーペンギン。すごいスピードで、岩に沿って、すり抜けるように
泳いでいきます。

たっぷりペンギンの泳ぐ姿を堪能した後、屋外へ出て、フンボルト
ペンギンのコーナーへやってきました。この日はとてもお天気が良くて、
みんな、のんびり日向ぼっこをしています。
 
ペンギン→南極→寒いところにいるとつい思ってしまいますけれど、南極
大陸にいるのは16種(数え方によっては17種)のうち2種類のみ(コウテイ
ペンギンとアデリーペンギン)。今回屋内で見たペンギンは、皆、南極の
周辺の島々にいるペンギンです。一方。フンボルトペンギンは南米大陸、
ペルーの沿岸地域の島々にいる、日本に一番たくさんいるペンギンです。

日向の、それも石の上に立って暖を取っています。
日向ぼっこ、ほんとうに気持ちよさそうです ^-^


というわけで、残念ながら、このあたりで電池切れ。ここから写真が
ありません。
この旅の様子、奇妙愛博士もちょうど今連載中でらっしゃいます
(私がまったく撮れていない、イルカのショーの様子もちゃんと写真に
 撮られています。さすが。)
また、ラムダさんも、週末からアメリカへ行かれるようですが、帰国後
旅行記をアップされると思います。そちらをどうぞお楽しみに。

#いつもながらに、超他力本願で、すみません <(__)>
23:53 - comments(0) -
6月も終わりに
近づいて来ました。いくら何でも、6月中に、11日から13日に行った福岡・
下関の旅の写真をUPしてしまわないと ^^;;;
電池切れで写真が撮れたのは2日目の昼まで、れほど枚数もありませんし。

行程は
 11日(金)の昼過ぎに福岡空港へ。市内のカフェレストランで昼食。
    太宰府で、光明禅寺のお庭でゆっくり、菖蒲池を散策。
    福岡へ戻り、アイリッシュビールの夕食(The Hakata Harp)
 12日(土)特急ソニック他で博多から門司港へ。水上バスで対岸の下関へ。
    海響館でいろいろなお魚、イルカやペンギンに会う。
    門司港へ戻り、出光美術館で開館10周年記念
    出光コレクション「中国陶磁名品展
    門司港レトロ観光線(やまぎんレトロライン)「潮風号」に乗車
    てん花で河豚を堪能
    特急他で福岡へ戻る。
 13日(日)太宰府、九州国立博物館で「パリに咲いた古伊万里の華」
    や文化交流展示を観覧。
    お茶(梅が枝餅)等でゆっくりした後、福岡空港から帰阪。
12日の昼ご飯まで写真があります。
まだUPしていない、12日の前半の写真を。

特急ソニック号の内装です。
指定をとらなかったところ、結構満杯でした。座席の豪華な、ヘッドレスト
の形が特徴的な(まるでミッキーマウスみたいに見えた)車両は埋まって
しまっていました。残念。
でも、こちらの車両もなかなかいい椅子で、とてもゆっくりできました。
車内販売もあって、コーヒーにはSONICマーク入り。
 
途中、普通列車に乗り越えて、門司港駅に着きました。
レトロタウンというコンセプトで、いろいろ工夫がされていました。
駅の内装と(漢字は旧字体、横書きは右から書かれています)、外から
見たところ。
 

ここから、対岸の本州、山口県下関に渡ります。
巌流島って、こんなところにあったんですね ←地理はひじょーに苦手です ^^;;;
 

対岸の下関からも巌流島へ行くことができます。

我々は、寄り道せずに、お目当ての海響館(市立しものせき水族館)へGO!

アシカとイルカのショーを見たり、行動展示がされているいろんなお魚を見たり
#しかし、鰯を見ると、つい、こちら(マイワシ)が塩焼きでこちら(カタクチ
 イワシ)が丸干しでとか、料理(?食べ物)にたとえて見るのはどうよ ^^;;;

さすが下関。いろいろな種類のフグが展示されているのに感心したり。


でも、やっぱりメインは、日本最大級のペンギン展示施設、ペンギン村 ^-^
明日、たっぷりとペンギンの写真をUPします。
20:22 - comments(0) -
梅雨時だから?
少し睡眠不足で疲れ気味なこともあったのか、お腹壊してしまいました。
昼ご飯を食べてちょっとしてだったので、一緒にじんましんも出たので
ちょっと当たったのかな?

お医者さんに行かないといけないほどのことはありませんが
お腹がしくしく痛いと、力出ませんね。養生して、早く直そうっと。
明日はTV見たいし。

梅雨時ですから、食べ物、いつもの感覚より痛みやすいでしょうね。
皆様も、どうぞお気をつけ下さい。
   
22:48 - comments(0) -
梅雨の晴れ間?
「晴れ間」は言い過ぎかな。大阪、雨は落ちませんでした。
でも、すごく蒸し暑かった。感じとしては、体温くらいのむあっとした
空気が体を取り巻いている、そんな感じ。実際は27度までしか上がらな
かったので「体温くらい」はかなり大げさなんだけど、でも低温のサウナ
に入っている、そんな湿気盛りだくさんの一日でした。

来週、西宮でロイヤルバレエを見ますが、東京ではこんな展覧会をして
いるんですね。
  「ザ・ロイヤル・バレエ・ポートレート」展 東京・渋谷
ああ、こんなカッコイイポートレイト、買って部屋に飾りたい。
(今の部屋じゃ浮くけど、これに合わせて部屋をアレンジしたい。
 それくらいカッコイイです。)
でもねえ、こういう催し、東京だけっていうことが多いです。
たまたま朝日新聞の映画評に載ってた映画、どれも見てみたいけど、
  「ガールフレンド・エクスペリエンス」 娼婦が見た富裕層の闇
    (オフィシャルサイト
  「約束の葡萄畑〜あるワイン醸造家の物語」
  「ボローニャの夕暮れ」主演のシルビオ・オルランド 父の葛藤つぶさに
    (オフィシャルサイト
  「闇の列車、光の旅」 淡い感情交え「現実」描く
    (オフィシャルサイト
「闇の列車」以外は、今のところ東京の公開のみ決まっています。
で、どうにか大阪公開が決まってる「闇の列車」も、東京はこれから公開
なのに、2ヶ月近く遅れて8/7からだし。
ネットで便利になって、いろんなことの距離が縮まってますけど、
このあたりは相変わらず東京一極集中。(鑑賞)人口のこと考えると
しかたないのかな.....

10日ぶりにパンを焼きました。
今回は、0.1g単位まで計れるはかりでイーストを計ったので、ばっちり。
ただ、サッカー見るからその途中で焼き上がるようにと思ったのに、つい
うとうとしてしまって、パンは釜の中で堅くなるは、いつの間にかドイツ
ぼろ勝ちしてていろいろ見逃したは、散々でした ^^;; 写真では、皮の
固さはわかりませんけど(苦笑) 紫芋の粉の入ったパン。健康志向つな
がりで沖縄の泡盛たれちゃんと一緒に。   
23:59 - comments(0) -
紫は水に映らず
たいへん梅雨らしいお天気でした。一日中、しとしと、しとしと雨降り。
ただ、夕方からちょっと様子が変わってきて、夜には大雨警報が出ました。
うーん、今年の梅雨は、何かいつもと違って、雨脚が激しい、激しすぎる
ことがあるような。(梅雨の時に警報が出るなんて。台風の時ならたまに
ありますけどね。)

というわけで、何か気持ちの晴れない一日でした。

福岡・下関の旅、1日目の太宰府の様子。菖蒲池の様子です。約40種、
3万本が植えられているそうです。すごい。(太宰府だより 6月。)
池の中に句碑が建っていました:「紫は水に映らず花菖蒲」
高浜年尾自筆の書。(高浜虚子の長男。太宰府政庁跡の東にある花鳥山
仏心寺に高浜虚子を祀る虚子堂や帯塚がある。)1973年、太宰府吟行の
際の句だそう。
この句、6月8日の「俳句に学ぶ」(NHK)の「季題のこころ」で取り上げ
られたよう。講師は安原葉さん(真宗大谷派前参務 安原晃さんの俳号)
「雨に日に天地が活気づく季節。角度や光りの状態で花菖蒲の紫が水に
映ることもあると思うが、それを「映らず」と言い切り、かえって紫色
の花菖蒲のみずみずしさが伝わってきた」とのこと。
ふむー 詩の解釈はむずかしい.....
      
22:27 - comments(0) -
眠いけど
早く寝ようと思ったけど、急にそうも行かず、結局いつも通りの時間に
寝付きました。必死で起きて、3時32分にはどうにかTVの前へ。

いい試合でした。
信じられないくらい、いい試合でした。
おめでとう、日本代表。

眠いけど、今日も一日お仕事がんばります(笑)
07:27 - comments(0) -
確かに当たった
天気予報で、24日はよく晴れます、暑いです、金曜以降はずっと雨が続く
ので洗濯はしっかりすませておいて下さいと力説されたので、シーツなど
大きな物をせっせとお洗濯。少なくとも前半2つ(晴れて、暑い)は大当たり。
おかげでよく乾きました。明日からの雨は、そこそこにして欲しいけど。
それにしても暑いなーと思ったけど、まだ31度、32度のレベル。
真夏になれば体温並みの気温が続くんだから、まだまだですよねえ(涙)

暑かったので、缶発泡酒を飲みました。見慣れないと思ったら、発売ほや
ほやの新製品のようです。大変さっぱり系。凄く暑いときにはいいかも。
  サッポロ アイスラガー

今、柳下毅一郎さんがサッカー観戦のため南アに行かれていて、ケープ
ペンギンの動画をUPされているんだけれど、うちの環境からはなぜか
動画が見れません。哀しい。

さて、明日は早起きしないといけないので、今日の日記は早めに(笑)
でも、起きれるんかねえ、3時半なんて。

それにしても暑い。太宰府、光明禅寺の涼しげな写真をどうぞ。
19:44 - comments(0) -
よく降ります
今日も、夜半から、明け方から、酷い雨でした。
日中はさほどでもなかったので、動くのは楽でしたが。
近畿地方の話ですが、今の段階で、例年の梅雨より降雨量が多いそうです。
雨がまったく降らなかった日はほどんどないし、降るときは土砂降りだし。
もう十分降ったし、早めに梅雨開けるよになってくれるといいんだけど。

とある仕事で思わぬ問題、方向が出てきて右往左往中です。
何だか疲れてしまって、サッカーもろくに見れてません。
せっかくのワールドカップ中なのに残念。

福岡・下関の旅の記録。
太宰府で見たあじさいのいろいろ。結構種類がある、変わった種類があるんですね。
22:59 - comments(0) -
朝から大雨
明け方、ひどい雷で目が覚めました。その後ざざ降り。仕事に出るの、
いやでした(苦笑)レインコートを着ると濡れないけれど、この湿気
じゃ、蒸すから着る気にもなれず。

  ザ・コーヴ:全国22の映画館での上映決まる
とのことですが、いろいろ大変なようで
  私が知っている『ザ・コーヴ』上映の全てを教えます

いい映画なのかどうか、見なくちゃわからないし。
酷い映画なのかもしれないけれど、それにせよアカデミー賞などという
お墨付きをもらっている(ということはおそらく欧米ではあれが真実と
思われるかも)ので、何がどう描かれているか見ないと反論もできないし。
やっぱり「公開しちゃいけない」はまずいと思います。書かれているように
上映中止の問題は、「自由の敵は自主規制」である
だと思います。でも、こういう抗議行動があったら、いろんな意味で大変
だし、心理的につらい、こわいと思う。ほんとに
自由の敵は「己の事なかれ主義と恐怖心」
ですよね。
しっかり立ち上がり、上映のために動かれた映画関係者の方々に感謝です。

ところで、いろんな日本人が、いろんな形でがんばってるんですねえ。
  NYトップダンサーTAKAHIRO、8月に凱旋 東京で初プロデュース舞台
すごいなあ。在京なら(チケットとれるなら)ぜひ見ていたいけど。
あと、この記事読んで、マドンナってさすがにすごいんだと感心したり。
たしかに、あの体型見ても、すごく精進・節制してるんだろうなと思い
ます。
わたしも、少しはダイエット、エクササイズ、がんばります ^^;;;;;

らむださんのカナダ紀行、そろそろ終わりそうですが、そのお土産に
いただいた白ワイン。ピノ・ブランのさっぱり辛口、食事に合わせるのに
とてもいい感じでした。繊細さを損なわせないから、お寿司にもぴったり。
大変美味しく、開けたらあっという間に飲んでしまいました ^^;;;
ワイナリーは、こちら Mission Hill
22:21 - comments(0) -
月曜はユーウツ
肘はぼちぼち。しっかり支えておけば、大丈夫なようです。なので、
字を書くのはしんどいけど(肘が空中にあるので)、キーボードを
打つのは(肘から下に、机の上に支えのタオルとかを置けば)問題が
ありません。体の具合が悪いときって、ふだん自分がどう体を使って
いるか、いろいろ発見があります(苦笑)
ともあれ、あまり悲惨なことにならなくて、よかった。

朝、お弁当を作ろうとクリームチーズを出したら、表面にカビが...(;`Oォ)o
早く使わないといけないとは思ってたんですが...il||li. _| ̄|○
高めの物を買うと、大事に使わないとと少しずつしか使わないから、
時間かかってこんなことに。かえってものすごく無駄使いした気分。
梅雨ですからねえ。気をつけないと。 

夏至だったんですね。梅雨のど真ん中だから、お日様全然出てこないので
あまり「一年で一番昼の長い日」って実感はなかったけど。

「キングの死」読了しました。
前に書いた、3作書いて2作目3作目がMWA最優秀長編賞をとったジョン・
ハートの1作目。(この本も処女長編賞の広報に残ってたそうです。)
こちらに、逢坂剛さんの、3作目の「ラスト・チャイルド」の書評があり
ますが、1作目から「家族の軋轢や崩壊」がテーマになってたんだ。
結論から言うと、とても面白かったです。筆力があって、キャラクターが
たってるから、つい登場人物に感情移入して先が気になってぐいぐい読ま
せられます。謎解きの意味でも、怪しげな人物がいっぱい出てくるので(笑)
なかなか先が読めません。しっかりした話でも、どこかプロットや小物に
ミス・難があることが多いですが、そういったこともなし。
2作目、3作目を読むのが楽しみ ^-^

キングの死 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
キングの死 (ハヤカワ・ミステリ文庫)ジョン ハート John Hart

おすすめ平均
stars脱皮
stars上半期ベスト いらいら賞
starsちょっと褒めすぎ
stars濃密な雰囲気を持つ、読み応え満点のミステリー
stars今年のベスト

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools
22:23 - comments(0) -
| 1/3 | >>