わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

今年もあとひと月
でも、まだまだイチョウがきれいだったりします。

こちらの写真見て、昔のこと思い出したり。
たれぱんだも、昔は、いろいろ外国製品出てましたよね。
  リラックマは 韓国でも人気



************************************
学生さんの就職状況について思うこと。
どうしても、自分や自分の見聞きする業界の話に限られますが
こんな風に感じています。

今、不況というのはあります。
不況と言うよりは、先行き見えない感でどよーんというか。
ただ、数年前との単純な比較はやめて欲しいと思う。
あの時は、景気がいい悪いというより、「団塊世代の大量退職」と
いう超特殊な状況だったから。
(もうちょっと計画的に採れよと言われると、たいていの企業は
 耳が痛いと思いますが。でも、既にいてはる人を切るわけにも
 なかなかいかないし。)
で、残念だけど、これから(劇的に)景気が良くなることは、たぶん
ないと思う。大量退職という現象はもうおこりません。

企業が変わったと言われるけど、そうかなあというのが正直な実感。
たしかに、大手は「社内英語公用語」とか「外国人採用枠の拡大」
「現地での採用=日本人を採用して現地へ派遣を減らす」に踏み切って
ます。でも、それ以外は、どちらかというと「変わらないといけない
のに、相変わらず変われてない」と思います。
うちも、相変わらず、体力があって愛想のいい、普通の人を採用して
います。

採用数、全体で見ると減ってますよね。
実際のところ、数年前までが(それぞれの企業の体力以上に)大判
振る舞いだった。
いくつか採用数の特に多い業界があったけど、聞くと、(大丈夫かな
と思えるような)事業拡張路線があったり、どうせ3割程度はやめる
からという見込みで採ったりしていた。
当時は、どこも、「迷うなら採れ」でした。
今は、事業企画も慎重だし、やめるような人材はそもそも採りません。
「迷ったら採らない」です。
全業界、全社合計すると、かなりの減少になります。

ただ、この動きは本来あるべき形に戻ったと感じています。
(私は人事じゃないので、ひとりの社員として。新しい同僚を
 迎える形として。)
今はあまりに気分が落ち込んで、企画もマイナス思考になりがちな
ところはよくないけど、でも、この人はと思った人(だけ)を採る
のは、その方が本来だと思う。

繰り返しになりますが、日本の企業は(全体としては)それほど
変わったと思えません。企業が即戦力を求めるようになったとよく
聞くけど、確かに一部の技術系のところではそういう企業もある
けれど(で、中途採用の方向にシフトしてます)、事務系は今も昔も
戦力となってくれるポテンシャルを持っている人を採りたいし、
採ってます。
水増し部分はなくなりましたが、採る基準は変わってません。

変わったのは、世の中とひと。
企業は、ほんとは世の中の変化に対してもっと変わらないといけない
けど変われてない。(ただ、この変化をすると、学生さんの就職状況
は、おそらく、当面は、もっと厳しくなると思います。)
ひとの変化に対しては採用減(実際、採りたい数より採用できないと
いう企業は少なくない)という結果になっている。
それが、私の感じている現在の状況です。

また、近いうちに、続き書きます。
22:58 - comments(0) -
11月は明日まで
あともうひと月しかないんですねえ >2010年。
何もしないままに、あっという間に終わってしまいそうだ...

モフモフした猫さん見てると、ハッピーになりますね。
小塚選手優勝と聞いて、絶対この話題出ると思ったんだ ^-^
(うにくんは、小塚選手がちゃんとわかって、画面に見入るそうです) 
  うにの秘密基地   11/29 いい香りの基準

この頃、ツイッター経由で情報もらうことが増えました。
寂しいニュースもあります。
  『裸の銃(ガン)を持つ男』レスリー・ニールセンさん肺炎による合併症で死去 享年84歳
面白いと言われる人でも私はさっぱり笑えないということもあるけど、
この人はツボにはまりまくりで、映画はくだんないんだけど <(__)>
大笑いして見ていました。寂しくなります。

この曲、いいなあ。歌、上手いし。
3人とも全然知らないんだけど、有名な人?
  "Just A Dream" by Nelly - Sam Tsui & Christina Grimmie

「要ハンカチ/タオルです」とか、「涙腺危険」とか聞いてたけど
もう物の見事に涙腺決壊でした。
  お父さん 僕が守るけん/片山君 最優秀賞


Twitterは、自分で誰をフォローするか(誰のつぶやきが画面に表示
されるか)決めるわけだから当たり前だけれど、自分が読みたくない
つぶやきは表示されません。
もちろん、えー こんなこと言うんだと思う人をフォローもできます
が、私はほとんどそういうことをしていません。
(いったんフォローしても、すごくたくさんつぶやく人、割と無茶言い
 はる人はリムーブ(フォローを外)してしまう。)
ただ、それでも、???なこともあります。意見が偏るというか。
どうしてもネットに長じた人、割と意欲的な人が多くなるからかな。
#菅さん対小沢さんの党首選挙の時、小沢さん支持一色でびっくりした。
 個人的には、菅さんがいいとは思えなかったけれど、小沢さんを
 積極的に支持する気にはなれなかった。

今、一番違和感を感じているのは、学生さんの就職難に関する話。
たしかに、不況の影響もあるし、企業側の態度も悪いけど、新卒一括
採用をなくせば解決する問題じゃないと思う。いろんなこと変えて
いかないといけないけど、「学生が悪いんじゃない、社会が悪いんだ」
と言い切ることはできないと思う(学生さん側にも問題はないわけじゃ
ない)。

堅い話ですけど、ちょこっとずつ思うことを書いていくつもりです。

#イチョウの写真を撮ったのですが、暗くなりすぎて失敗。
 またリベンジします。 (というわけで、今日は写真なしです <(_)>)
23:04 - comments(0) -
日曜なのに
ばたばた一日お仕事。風が強くて寒い一日でした。
まだまだイチョウの黄葉がきれいで、冬間近とは思えないけれど。

そんなで、楽しみにしていたマーティン・ゆうさんのイラスト展覧会
行けませんでした。とても残念。またの機会がありますように。
あと、GF2のデビューイベントもパス。こちらはもうすれば実機が
見れるでしょう。あと、そんな買い物はやめとく方がいいんだし(苦笑)

羊の国のラブラドール生活白書羊の国のラブラドール生活白書
マーティンゆう
学習研究社 2009-07

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools


11月中旬、日光へはご一緒できませんでしたが、その旅の模様がアップ
され始めてます。ああ、行ってみたかった。写真を拝見して、せめてもの
目の保養を。
  奇妙愛博士のブログ
  朝夕さんのブログ「朝夕日記」
日光の旅掲載はまだ先のようですが、いろいろな旅先、訪問先の写真が
いっぱいです。
  らむださんのブログ「酒とバラの日々」

どう考えても、自分の能力<<<仕事の量 な状態。
へたり気味です。

だんだん寒くはなってますが、それでも、例年に比べたら暖かいので
しょう。あと2日で12月だけど、モミジの紅葉はこんな感じ。まだ
緑色している部分も多いです。

23:16 - comments(0) -
遅遅 遅遅と
進んでいます。
#仕事の話です(苦笑) 
 土曜の夜に書く日記の内容じゃあ ないけど...

こちらの書評で気づきましたが
  磯野家の相続 [著]長谷川裕雅
面白そうですね。
相続問題を勉強しないといけないことはどう考えてもなさそうだけど
「もしもカツオが不良になっていて、彼に相続させたくないと思ったら」とか、
「もしも波平さんに愛人がいて隠し子もいたら」とか、インパクトあります(笑)

磯野家の相続磯野家の相続長谷川 裕雅
すばる舎 2010-09-21

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools


  ボン・ジョヴィ、走り続ける 来日公演は「前座なしで」
「過去の遺物となってはだめ。作品を発表し続けないといけないんだ」
見た目はちゃらっとしてるけど、いいこと言うなあ ジョン。
明日はボン・ジョヴィでも聞きながら、お仕事疾走しましょうか。
(ははは、明日も朝からお仕事しないとダメそうです。)

疾走とはおよそ縁のないふたれ。
最近、この7対5のサイズが気に入っています。
23:49 - comments(0) -
それにしても
これはうまくいったということはなかなかないですねえ。
何でこんなことに?とか、いったいどこから手を付けたらとか
そんなことはたくさんあるけれど。

兵庫県の出身者でがんばってる人、お一人目。
  「おかんが見守ってくれた」長谷川ボクシング2階級制覇
お母さん、亡くなられてたんですね。
4月にまさかのTKO負け。別階級(2つ上)に移ってのチャレンジ。
ものすごく大変な中の2階級制覇。すごい精神力。
(帰宅したらちょうど放映中だったので見ましたが、いろんな意味で
 (いつもとスタイルが違うとか、相手の方がかなり大きいとか)
 ひやひやしましたけれど、最後まで打ち負けなかったの、凄かった。)

やっぱり 気力やで >じぶん

お二人目。あずまきよひこさん。
よつばと!10巻と月めくりカレンダー、もうすぐ発売です。
届くのが楽しみ。月曜には届くかな?
こちらのUSBメモリも気になります。
雑誌、買いに行くかなあ。
  「よつばと!」10巻本日発売!大王でよつばUSBメモリ通販
「よつばと10年1日展」見に行きたいけど。東京の方が羨ましい。

いろづくみかんシリーズ。
今日のは、文旦?
22:35 - comments(0) -
寒いのにも
少しずつ体が慣れてきたように思います。
今のところは、例年に比べると暖かいし。
だって、もう5日もすれば12月なのに、まだ紅葉真っ盛りだもの。

相変わらず映画に行けないです。(美術展も、だけれど。)
去年に比べたらコンサートに行くの半減してるのに。仕事楽になった
はずなのに。

気づかない間に、映画館、どんどん閉じていきます。
天六のホクテンザは今何がかかってるのかなと調べて、休館中、でも
実は... と知りました。8月にはそういう状態になってたみたい。
  寂しい天六。
  No.065 「ザ・ホード -死霊の大群-」 (2009年 97分 シネスコ)
「シネ5ビル」という名前から分かるように、5つの映画館があるの
ですが、11月末の今もユウラクザとピンク映画(って今でも言うのかな)
専門の2館は営業しているようです。
それにしても、ミニシアター系、どんどん減っていきます。中心部の
シネコンだけというのは寂しいです。売れ線のハリウッド映画ばかり
じゃ、面白くないもの。

今、一番期待している映画は、『黒く濁る村』。
新聞にも表が載っていました
URLが分からなくなってしまったのだけれど、試写を見た方が
原題は『苔』 。
試写を観させていただいた時点では邦題が未定だったんです。
何になるのかな〜、と考えをめぐらせていたから、
『黒く濁る村』という題名決定のお知らせを受け取ったときに
『な、なんてしっくり来るんだ…!』と、感動すら覚えたよ。
と書かれていました。
こちらに監督インタビューが。
  『黒く濁る村』のカン・ウソク監督「役者の魂のこもった演技を見ていただきたい」

本筋とは違うんだけど、このインタビューで思わず笑ってしまったの、
――コミックが原作ということで、多くの原作ファンが注目していたと思います。映画化に際し、監督が最も注意を払った点はどこでしょうか?――

「この原作を映画化に向けて手がけ始めた時、実はとても後悔しました。
コミックは映画にするべきではないですね(笑)。コミックだからこその説得力があるのに、映画にするとうまくいかない。何度も撮影中に『もうやめよう』と思いました。その差を埋めることがこの作品のもっとも苦労した点です。
というやりとり。
たしかに、実写化したら... なことは少なくないですから。

(さて、SPACE BATTLESHIP ヤマトはどうでしょう?)

寒くなってきたので、少しずつ柑橘類が色づき始めました。
金柑もほんのり、きいろくなってきました。



21:55 - comments(0) -
風邪で相変わらず
ぼちぼちです。

それにしても法律用語って謎ですね..... (何の仕事をしてるやら)

忙しいときに限って本棚の整理を始めたり。
映画やら美術展に行ったときのチケットやチラシ、カタログなどを
クリアファイルにとじていますが、学生時代とか数年で1冊になって
いたのが、最近は余裕で10年持ってますね... あ〜あ。

中に、心斎橋のアセンスであった、荒木経惟さんの写真展に行った時の
ちらしがありました。
いい写真家だとは思うんですが、正直、女の人の裸(特にヘアヌード)
ってあまり興味を持てないので、写真展はこの時だけ。あんまりよう
わかりませんでした(苦笑)
#マン・レイみたいに、デフォルメというか、絵画調になるとついて
 行けるんですけど。たとえば「アングルのヴァイオリン」みたいに。
#個展名は「近景2:花と裸がヤモリンスキー」
 ちゃんとオフィシャルサイトに記録が残ってる。すごい。

何でそんなことを思い出したかと言うと、↓の書評を読んだから。
  チロ愛死 [写真]荒木経惟
買ったら読んだら号泣というか、涙で読めないだろうな。
(チロが死んだことも、荒木さん自身が前年がんの手術をされていた
 ことも知りませんでした。いっそう、こたえてはるでしょうね。
 『遺作』などと言わず、早く元気になられますように。)
この本を作成する際のドキュメンタリーが、NHKで放映されてた
 みたい。ああ、いろんなこと見逃してばっかりだ。

写真つながりで。
たまたまチャンネルを変えていたら、小島一郎という写真家の写真を
紹介していました。普通の風景を、普通に撮っているだけ(に見える)
写真なんだけれど、すごいインパクト。こんな感じです。(同名の政治家が
おられるようで、写真が混じってますけど)
青森県出身の方で、2009年の始めに青森県立美術館で展覧会が
あったようです。
  小島一郎 - 北を撮る -  戦後の青森が生んだ写真界の 「ミレー」
  『小島一郎 北を撮る』
その時に作られた本かな? 写真集、思わず頼んでしまいました。

小島一郎写真集成小島一郎写真集成

青森県立美術館
インスクリプト 2009-01

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

合わせて『遠野物語』を買いませんかと勧められたので、
こちらも同時にお買い上げ ^^;;

遠野物語 (光文社文庫)遠野物語 (光文社文庫)

森山 大道
光文社 2007-04-12

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools


カラー写真もいいけれど、やっぱりモノクロはいいですよね。
21:59 - comments(0) -
感謝してもらえるほど
日頃、ちゃんと働いているでしょうか>わたし

相変わらずぼちぼちな状態。
熱はないので、ああ 頭が痛い、喉が痛い、関節が痛い って、ただの
仕事拒否症かもしれませんけど。

無理すれば出かけられないこともないかなと思ったけれど
昼間のコンサート、夜のとある懇親会とも休むことに。
ああ、ほんともうちょっと体力付けないと。


今の内に、マナー以前に交通ルールを、自転車に乗る人に徹底して欲しい
と思います。(たぶん、自転車は車両という感覚なく乗ってる人が多いと
思う。)自転車でも充分怖いけど、おそあく今から増える電動自転車は
もっと危険。音もなくバイクのスピードで近づいてくる(バイクと同じ
破壊力を持つ)んだから。
  マナー守られぬ自転車 歩行者と事故、10年で3.7倍

ああ もうM-1が話題になる季節ですね。
わかりやすく、なかなか辛口で、でも建設的なコメントが多かったので
寂しいな。
  オール巨人がM-1審査員を辞退、サンドウィッチマンVの2007年から参加

Suicaペンギングッズ、どんどん増えてますねえ。
限定物のポーチとか、可愛いなあ。
関東の方がうらやましい。出張はぐぐっと減ったし、東京まで出ない
(品川経由がほとんどな)のでPenstaも行けてないし。
とにかく、ネットで注文できるダイアリーなど、確保することにします。

大した症状はないのだけれど、どうも頑張りがききません。
ほんとメモ書きだけの日記になってしまいました <(__)>

21:50 - comments(0) -
よく降りました
風邪は小康状態。どうにか熱は下がったけれど、喉の腫れはひきません。
べったり寝るほどではありませんでしたが、無理せずほとんど一日家で
過ごしました。(家を出たのは、薬を買いに行っただけ。)

もともと半休、午後からはエボルタ君のゴールを見に三条大橋に行く
つもりだったので、仕事はどっさり持って帰っていたのでよかった?
です。
雨だし寒い一日だったので、京都行きはあきらめ、動画でエボルタ君の
道中を見たり。電波が何回も切れて、ドキドキしました(笑)
  エボルタ東海道五十三次のページ

  電池で動くロボット「エボルタ」 東海道五十三次の走破目指す
  ロボット「エボルタ」、充電池だけで東海道五十三次走破に成功

  パナソニックのエボルタくん、雨と階段以外は無敵-エネループは?

三条大橋は人通りの多いところ。お休みの日のゴールを避けるため、
1日お休みしたわけですが、前日の日曜、そしておそらく明日の勤労
感謝の日は晴天。今日だけが雨降り。それだけが残念でした。
ともあれ、500kmの道中、エボルタ君お疲れ様でした。

前回全然膨らまなかったクリームチーズパン。
リベンジしてみました。
まったく同じレシピ、細心の注意を払って計量したところ、
見事膨らみました \(^O^)/
同じ背の高さのオランダたれちゃんず、昨日の写真では目の高さまで
しか膨らんでいませんが、今日は帽子まで背の高さがあります。
ちゃんと膨らんだので色白だし。やったね (というか、結局、計量
ミスってことか ^^;;;;;)
21:39 - comments(0) -
昼下がりのピアノ
午後から、ダン・タイ・ソンのコンサートに行ってきました。
今年はショパン・イヤーということもあって、春期、秋期と2回、
日本でコンサートが行われます。
5月26日に、西宮でクァルテット・エクセルシオとの共演でピアノ
協奏曲を中心のコンサートを聴いて、感動。パンフレットで秋に、
川西でピアノ曲中心のコンサートがされると知って、券を購入。
楽しみに待っていたコンサートでした。
ワルツ、マズルカ、ポロネーズなどなど。
いいなあと思うところいっぱいあるのですが、とにかくとても音が
きれい。そして速いところも、弱い音のところも、一音一音がしっ
かりと聞こえます。凄い。当たり前のようだけど、かぶさって一緒
に聞こえること多いんですよね。はっきり聞こえる=強い、弱い=
ぼわっと聞こえる、というか。ああちゃんと弾けば、こんな風に
ちゃんと聞こえるんだなあ。
そして何というか、旋律と会話しているような曲に仕上がっていて、
ああ ショパンってこういう風がいいなと思ったり。

というわけで大満足のコンサートだったのですが、コンサート後の
サイン会(パンフレットは買っていたので並べれたのだけれど)
どうしても並ぶ気力が出なくて、帰宅。
夕飯の頃からいよいよ調子が悪くなって、どうも風邪のようです。

秋になってから、何か2週間に1回くらい、風邪引いてますね。
早めに無理しないようにしているからか、あまり酷くなってないけど。
先月の健康診断、今までになく血液検査の結果が悪かったけど
ちょっと内臓に疲れでも溜まっているんでしょうか。
もうちょっと体力付けて、健康な生活しないとね。  

土曜日に焼いたパンの写真を載せるのを忘れていました。
クリームチーズ入りのパンだったのですが、見事に過発酵。
膨らみすぎて、で、ぼっこーんと陥没しています。。。
うーん、暑い夏は終わったのでもう大丈夫と思っていたのに...

21:14 - comments(0) -
| 1/3 | >>