わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

2010年も終わり
今年もいろいろありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は、仕事の上で成果(よくがんばった)より、圧倒的に悔いの
残る年でした。
とある壁にぶつかったのは、もう10年以上前。で、それを超えるため
に始めたことも、どちらにしてもそれじゃ抜本的な解決にはならない
んだけど、でもまあがんばってある意味形に見える成果も出しはした
のですが、2年ほど前からいろいろ問題が出てきて、ほぼ頓挫(と
いうか、私が離脱)。
この数年は別業務の方も忙しかったこともあり、忙しさでごまかして
問題を見ないようにしていたところも少なくなかったです。

秋に部署が変わったら立て直そう、一度じっくり考えようと思って
いたけれど、さらに別業務で時間がなかったことも、真剣に立ち向
かう勇気が出なかったこともあって、結局何もしませんでした。

ただ、6月に始めたツイッターでいろんな人がいること、その人たち
の呟きを聞いて力づけられたりこんなじゃいけないと反省したりして
やっと、本当に(心から)自分は逃げてると認めることはできました
(できたと思ってます)。

逃げたままでも、暮らしてはいけるというか、日々忙しいから自分を
ごまかしていくことはできます。その方が、楽だろうし、波風もたた
ないし。世間的?にはハッピーだろうと思う。周りの人も。
ただ、本当に、本当の本当にそれでいいのか、来年は考えてみたいと
思っています。
えらく辛気くさいというか、悠長な話。でも、焦ってもしかたないし。
できもしないこと計画しても意味ないし。
自分の能力、そこそこの年なことを考えると、無駄にしてしまった
年月の大きさは取り返し付かないなと思います。
ただ、もう一度じっくりと、初心に戻って、その上で自分にできる
ことを探して、そしてできるところから実行していこうと思っています。

と、えらく堅い話を書きましたが、性格が変わる訳じゃなく、生活が
大きく変わる訳じゃなく、これからも相変わらずぼちぼちと、たれ
ちゃんたちの写真を撮りつつ、やっていくのですけれど(笑)

行く年、来る年。
卯年は、いい年にしたいですね。

     
16:11 - comments(0) -
あと2日
朝寝坊したり、だらだらしたり、年内にと思ってたところまでさっぱり
いきません。明日も出社しなきゃダメっぽいです.....
#というか、年明けに悲惨なことになりそうだ orz

と言いつつ、年内に終わってしまう映画には行こうと思っていたら
(午前に1回)寝坊して行きそびれ、明日があるさと思ったら、何と
その映画館は大晦日元旦はお休み、今日が最終日でした。。。
(京都の映画館、大阪で神戸で見逃して最後の砦だったのに。劇場
 ではもう見れそうにないですね。残念。)

しようがないので予定変更。夕方に「ハーブ&ドロシー」へ。
#大阪では、年明けもレイトショーで続演。
何十年もの間、現代アートを収集し続けた普通のご夫婦の話。
(郵便局と図書館、二人とも公務員) まあ、何千点もアートを収集
した人が「普通」ってことはないですけどね(笑)
とにかくキュートなご夫婦。そのまっすぐさ、ほほえましさに思わず
顔をほころばせながら、見ていました。
アートに対する姿勢(本来あるべき姿)も含め、豊かさ(豊かな人生)
って何かをじわーっと考えさせられた、そんな映画でした。2010年を
しめるのにいい映画を見ました。

しーかし、年末になってからの寒さ、お天気の悪さ、何なんでしょう
ね。大阪はみぞれ混じりの雨です。
というわけで、今日は、香港からやって来た、防寒対策ばっちりの
世界のたれイヌイット装束のふたれです。

  
22:42 - comments(0) -
今日はほんとに寒いです
年末ですね。人通りもめっきり少なくなってきました。
なんだかばたばた、忙しい割には、何にも進まないなあ。

webでみつけて面白かったニュース、二つ。

  ペンギンの疑いがあるネコ(画像)

  見た目不審者のキアヌ・リーブス、ポルシェにクリスマスツリー...

キアヌ・リーブスって割と好きなんですけど(大根だけど)、この頃
こういうニュース(ネタ?)でしか見ない...   

毎年12月になると椿が咲きます。今年、月の初めは暖かくて咲き始めが
遅かったことと、ちょっと忙しくてばたばたしていたので、今まで椿が
咲いているのに気づいていませんでした。今日は、紅の椿。

22:49 - comments(0) -
今年もあと3日
夕方、突然雷が鳴ったり、雨が降ったり。
夜には、ニュース速報で「和歌山に竜巻注意報」って言ってますし
なんだか荒れ模様の天気です。年末年始くらい、少し暖かめで落ち
ついたお天気だといいのに。

クリスマステンプレートのままだったので、暖かい色合いに変えて
みました。

いろいろ考え方はあるんでしょうけど、小沢さんひとりに振り回され
てるなあという感じ。個人的には、小沢さんも、今になってもとても
感情的に支持する人も、まったく共感できないです。で、「国民の
ためを思って」みたいな言い方だけはやめてほしい。もし思ってたら
こんな行動できるわけないんだから。そんなもめ事やってるほど、
日本は余裕ある状態じゃないのに。結局、つけを払うのは我々(だけ)
なのに。

ただ、そういったニュースより、海老蔵会見が優先されたりするのも
どうなんだろう。
ほんとさっぱりニュースを見なくなりました。
キャスターの人のコメントが?なことが少なくないし、とりあげる
話や取り上げ方がワイドショーと変わらないのだもの。(ワイドショ
ーがニュース寄りになって、ニュースがワイドショー色を強めた?)
もっと報道してほしい話、たくさんありますけど。
世界でどんなことが起こってるか、特にアジアの話、たとえばまた
韓国で口蹄疫が猛威をふるいつつある話とか、ネットでしか見ない
ですけど、そんなでいいのかなあ。

など、ちょっとまじめに今年を振り返ったりしています。

そういう大きな話は置いておいて、もっとこまめに掃除しようとか
段取りよく仕事してもっと外へ遊びに行こうとか、気合いを入れて
ダイエットをしよう(ぶよった体は心のゆるみ)とか、反省すべき
ことはいっぱいあるのですけどね ^^;;;

昨日載せるべきだったかなあ。
ロッケンロールたれちゃんの勇姿をご覧下さい。金髪にピアス、
稲妻タトゥーに革(風)ジャケットとなかなか凝っています。

    
23:19 - comments(0) -
少しずつ残り少なく
寒いですね。

大物が片付いたので少し気が抜けたのか、だらだらとお仕事。
まだまだやらないといけないことはあるので、こんなにペースが落ち
るとまずいんだけどなあ(また年末、正月明けに大騒ぎしないといけ
なくなる ^^;;;)

気が抜けてて、大阪での会合に遅刻してしまう。
ほんとは30分ほど早めに行って買い物もするつもりだったのに orz

大相撲関連、ほとほと呆れ果ててしまってるんですが、またこんな
ニュースが。
  横綱白鵬の師匠交代を勧告 相撲協会、八百長報道受け
をいをいと思っていたら
  白鵬の師匠交代決定 宮城野親方が勧告受け入れ
何だかねえ。
宮城野親方がどんな人か全く知りません。ただ、とにかく今回の処分
は「愛人に八百長の画策を告白したと、週刊誌が報じた」こと。
で、親方本人は、協会に対してそのような事実はないと弁明。
協会は週刊誌を訴え、勝訴。でも、裁判しないといけない状況作った
から「伝統文化を担う師匠として資質が問われる」という理由で解雇を
勧告したんだそうです。
野球賭博の時の処分の重さと比較してどうなのかひっかかるし、
「裁判しないといけない状況作ったら」処分だと、日本中あちこち
大変なことになりそうだし、(大相撲は別格?)
あと、一番?なのが、相撲協会、とにかく八百長はないってことにした
いんでしょうけど、もう無理だよ。正直に認めてやり直す方向を考え
ないと、賭博問題の時の二の舞だよ。今まで、ずっとずっと、八百長
のことに触れる人が出るたび、その人を切ってやり過ごしてきたけど、
世界的ベストセラーに、データを使って「日本の大相撲では八百長が
行われている」って書かれてしまったんだから。(冒頭のエピソード
なので、目立つのよ、これがまた。)それが映画になるんだから。
こんなことしてる時じゃないと思うけど...

ヤバい経済学 [増補改訂版]ヤバい経済学 [増補改訂版]
スティーヴン・D・レヴィット/
スティーヴン・J・ダブナー
望月衛 訳

東洋経済新報社 2007-04-27

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools


ツイッター、なるほどと思ったり、力づけたりすることが少なくあり
ません。(自然と、そう言う人をフォローしてるんでしょうけど)
ハードラーの為末大選手、なかなか個性的な人です。つぶやきが話題
になってまとめられて、で、記事にも取り上げられています。
  為末大「世間が評価する人生でなく自分のための人生を」

スポーツでも、ビジネスでも、私が名前を知ってるくらい成功した人
って、厳しさがあります。考えたら、当然ですけど。
で、ちょっとがっかりしているのが、大桃麻木騒動の山路代表。
三角関係とか不倫とかはともかく、お金の授受とか言う話もともかく。
いろいろと実は山路代表は、APFはという話が出てきているのが...
マスメディアが行かない戦争の真実をがんばって伝えていると思って
いたのに、どうもかなり雲行きが怪しいです。素直に信じて、応援
していたのに。そう思うと腹立たしいし、人を見る目が全然ないんだ
なあと思うとがっかり。

年がいっても、相変わらずです。お元気です。
 「女に買ってもらった車乗って何が正義だ。」
 「天下の内田裕也がスイカで電車乗ってんだよ。スイカを買え」
なかなかの名台詞です ^-^
  裕也「何が正義だ麻木にもらった車乗るな」


今日は、ちょっと気の張る忘年会。居酒屋系のお店だったけれど、
今の時期に梅田のど真ん中でとなるとああなるのか、まあばたばたと
何だかベルトコンベアーに乗せられたような客あしらいで、ちょっと
という感じ。(幹事は、二度と使わんと激怒してました。)
ま、無事終わって、よかった。
ただ、かなり遅くなったので、明日は年内最終のゴミの日だから
掃除して...と思っていたけど、そんな余力はまったくなし。
ま、ゴミやホコリで死んだ人はいませんから ^^;;;;;
23:46 - comments(0) -
寒いけどまったり
がんばって午前中に仕上げれば、午後から美術展へという段取りだったの
ですが、どんなことがあっても完成しないといけない仕事が終わったのが
2時頃。この段階で、美術展は二つとも、どちらか一つでも無理という
ことに... うむー 映画3本と美術展2つのうち、22日23日と映画2本見れ
たところまでは順調だったんですが、結果として2勝3敗か... まあ仕事
ほっぽり出すわけにはいかないので、しかたありません。
#というか、もっと早くからちゃんと自己管理、時間管理しようよ>じぶん
 <=大きな、大きな、来年の抱負ですね ^^;;;;;

ただ、書類を送付できて、これが年内残っていた仕事の中で最も大きな物
だったので、ちょっと気持ちが明るくなりました。あとは細かい物が3つ
(4つ?)。年明けすぐにというのが2つほど。どうにかなるでしょう
(というか、しなくちゃいけないんですけど ^^;;)

2時の段階であきらめたのは、6時から(と思ったら6時半からだった)
M-1グランプリを見たかったから。順当でもあったし、スリムクラブの
斬新さにぶっ飛んだし。どう落とすんかなあと思ってたんですが、
「民主党」はよかった(爆) しかし、あの間を持たせられるのは凄い。
#グランプリは、まあああなるのかなあですが(今回、笑い飯、2回目
 での減速少なかったから)、私が票を入れるとしたらスリムクラブ。
 スリムクラブ、以前の南海キャンディーズみたいに、M-1で一躍注目
 されて、その後漫才ではちょっとになりませんように。
 
と、久しぶりにまったりした夜を過ごしました。

感想とかツイッターに書きたかったけれど、この頃、夜はなかなかネット
につなげず、断念。サイトが混んでることもあるんでしょうけど、ネット
環境が弱いからなあ。ちょっと考えないとね。

高座たれちゃんを、前から(右手に扇子)、横から(タグのアップ)。
    
23:11 - comments(0) -
寒い寒いクリスマス
しかし寒いですねえ。
昨日もそこそこ寒かったのに、明日は7度下がりますと言われて頭が
くらくらしたけど、ほんとに5度いきませんでした。風はきついし。

で、仕事のめども全然立たないし、残念ながらあひるちゃんには会い
にいけませんでした.... 残念。

日本ではぼちぼちと3とか4あたりを放映、視聴中ですが、終わって
しまうのか... それほど凄惨でない、でもしっかりした刑事ドラマ
で、チームワークもとれていて面白かったんですけれど。まあ7年も
同じドラマしていると、しんどくなるのかなあ。
  「クローザー」シーズン7で放送終了へ

事故の話も辛いですが、こういう話を読むと、ほんと酷いなあ、
怖いなあと思います。いつ、誰の身に起こっても不思議ないし。
  ジャーナリスト烏賀陽弘道さんが体験した警察の横暴

この話読んで一番嫌だと思ったのは、警察の人にわざわざ「あいつが
犯人です」って言いに行っている人がいること。何かねえ。違います
よと声を上げる勇気はなくても、そんなことしちゃあダメだよね。
元々こうだったとは思わない(思いたくない)けれど、いつから日本
はこんなになっちゃったんでしょう。


さて、今日はクリスマス。
何と、お正月まで1週間を切ってしまいました(汗)
年賀はがきは書けるかなあ、大掃除はできるかなあ。
(それ以前に、今年中の仕事はいつできるんかいな...)

お雑煮用のお餅だけは頼んであるので、安心です。
つきたてのお餅だとさぞお美味しいでしょうけどね。
  モチのひこにゃん餅つき 彦根城

一応? 今日がクリスマス本番。
たぶん日本全国寒いのでしょうが、いいクリスマスをお過ごし下さい。
  
19:29 - comments(0) -
クリスマスイブですが
24日までに行きたい映画3本。
うち2本はみましたが、さすがに3日連続は無理でした。
(ほんとは3時ぐらいに早く仕事を終わって...とか算段してたんだけれど
 まあ、電話はかかってくるは、いろいろトラブルは出るは、処理に
 走り回っているうちにあっという間に残業モードでした(苦笑))

明日は、アヒルちゃんの最終日。出かけられるかなあ。
レプリカはすごい人気みたいで、毎日売り切れ状態。無理っぽいです...

人の話を聞いていない人に頭に来たりしますけど、自分もあんまり人の
話覚えてなかったりします ^^;; 学校で習ったことってさっぱり覚えて
なかったり。でも、つまらないジョークとかは覚えてたり。
何でこんな事書いているかと言うと、
  何と!…流浪のアンリ4世頭部、本物だった
というニュースを読んだから。
歴史、それもフランス王朝の歴史なんてさっぱり興味がありませんが
これ読んで、おおっ この王様はカノッサの屈辱の人だ、昔、世界史
の参考書で雪の中、ローマ教皇に許しを請うていた人だと思ったから。
#詳しい方はすでにお気づきの通り、アンリ4世はナントの勅令の人で
 カノッサの屈辱はハインリヒ4世。名前も国も全然間違ってるんです
 けど、そう思ってしまって

あの参考書、いろんな有名人物をカエルに描いて挿絵にしてたっけ
お城の外、雪に降られた王冠かぶったカエルさんがうなだれてたっけ
とか思い出してました。
本当に思い出さなきゃいけないのは、正しい王様の名前だったり
その人が起こした有名な事件の方なんだけど、さっぱり変なことだけ
覚えています ^^;;;;;


ところで、こんだけ大ぼけな人が言うのも何だけれど、このごろ
新聞や雑誌の見出しに、いくら何でもと思うことが少なくありません。
今日一番 ?_? だったの、日刊スポーツの
  戦場ジャーナリスト大桃前夫「悪いのは私」
「おおもも まえお」さんってっ誰?と思ってしまいました。
悪いけど、大桃さんもそんなに有名というわけではないのだし
ちゃんとお名前出せばいいのに。
#正しくは
 タレント大桃美代子の前夫でAPF通信社代表の山路徹氏


残り3たれ。
なぜかラッパに、太鼓、バイオリンを演奏するクリスマス音楽隊の
たれちゃんたちです。
   
21:18 - comments(0) -
慌ただしく
何か、東北や北海道東部は大雨やら大雪やら大変なことになってるん
ですね。実は、今日から同僚(の中でもコアで仕事が近い人たち)が
スキーに北海道へ出かけたはず。無事なんやろか.....

こちらは、今日も今日とてお仕事の山と格闘したり
頼まれていた年賀はがきの印刷をやっとこしたり
で、24日までの映画の2つめ「セラフィーヌの庭」へ出かけたり。
 「フランスの女性画家セラフィーヌの無垢な魂の軌跡を、詩情豊かに写す。」

 「花に話しかけ
    木に耳をすませて
      心のままに、私は描く。」

素晴らしい色彩、美しい風景に溢れた映画でした。
音楽も素晴らしかった。
コピーにあるように、静かに時間が流れる中、セラフィーヌの人生が
絵との対峙(というより、湧き上がってくる物を表現しているというか)
が語られていきます。とても淡々と。ある意味、退屈なくらいに。
セラフィーヌの絵は、公式ページの「作品」で見れますが、なんとも
凄い絵です。力強い色彩、迫り来るような重なり合った図柄。すごく
素朴で原始的だけれど、とても現代的。じっと見ていると飲み込まれる
ような、背筋がぞーっとするような。魅力的だし、すごく怖いし、すさ
まじい。
こういう絵を描くのは、それが神様の啓示であったとしても(セラフィ
ーヌはそう思っていた)、大変だったろうと思います。精神的に。
うまく言えないけれど、凡人でよかったなあ、そんな風に感じてしま
った... ^^;;
セラフィーヌを演じたヨランド・モローの芝居が凄かったです。
同じ監督さんと次の作品を撮っているそうで、機会があればぜひ見て
みたいです。

さて
クリスマス音楽隊は全員で5たれ。今日は指揮者とベルたれちゃんの
ふたれが先発隊で。
     
23:02 - comments(0) -
ぼちぼちと
いよいよ話題の本屋さんが開店します。
  大阪に日本最大の書店オープン ジュンク堂書店・丸善
歩くだけで疲れそうですが(笑)、人出が一段落した頃に行ってみるつもり。
阪急を使う私としては、ほとんど駅構内の紀伊国屋の方が便利と言えば
便利ですが、堂島まで行かないと大きな本屋さんがなかったことに比べる
と(実質、行けない)、茶屋町なら徒歩5分程度、映画館もLOFTもあるし
となるのは大きいです。(紀伊国屋、改装したのはそういう訳だったんだ)

ハリウッドもいろいろありますねえ。
コナリーの作、ボッシュ物って何で映画にならないんだろうと不思議でし
たが、こういう事だったのね。
  マイクル・コナリーvsハリウッド
無事、権利を買い戻せたと言うことなので、これからは続々?と映画化も
されるかな。

この頃、こういう話につい、うるうるうるっとしてしまいます。
  あるクリスマスの日の出来事です。 うちには6才の息子がいます。

今日は、京都へ出て「約束の葡萄畑」を見てきました。
原題は Vintner's Luck(ワイン醸造業者の運)。
邦題、上手く付けてるなと思うし、原題も凄くストレートに話をまとめて
います。簡単に言えば、ワイン作りに見せられた青年の、妻や家族、
地主にあたる男爵夫人、そして天使との交流を語る物語。いろいろある
けれど、人生って... というお話です(身も蓋もないまとめですけれど
いろいろ、いろいろドラマチックな展開があります)。
何か、天使が本当に画面に現れたので、ちょっとうーん...(とんでも話に
なるのかな)だったけれど、最後のあの羽に関する展開は少し無理がある
と思うけど、お話としてはまとまって、人生ってとしみじみ感じさせら
れるお話でした。いい赤ワインが飲みたくなります(笑)
葡萄畑の風景、葡萄や虫、小動物たちの絵が、カメラワークがとても素敵
でした。それを見ただけでも、映画館に行った価値があったような。

クリスマスたれちゃん、今日は、タイのたれちゃんたち。
少し体型がぽってりしています。とてもオシャレで、ケープやマント、
素敵です。大中小と3サイズあるけれど、写っているのは小のおすわり、
うつぶせコンビ。小サイズだとふたれ並んで、余裕でランチョンマットに
座れます。
   
22:41 - comments(3) -
| 1/4 | >>