わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

罰が当たった?
暑いからか、あと、いろいろうまくいかないことが多いからか、仕事帰りの飲み会でどうもきつく言い過ぎたようです。
久しぶりに履いたサンダルで、物の見事に足の裏に水ぶくれ作ってしまいました。これ、たぶん明日、足助内んじゃないかな... T_T 罰が当たりましたかねえ.....


世の中、器用な方、たくさんいてはるのですね...
  本物と見分けがつかない! 「木彫りのミョウガ」の完成度が高すぎると話題に

↑が「木」だというのも信じられないけど、こちら ↓ が1枚の紙というのもほんと信じられない.....
  切り絵作家 SouMa の世界へようこそ

最近は何かと剽窃、パクリが話題になってますが、絵には贋作の問題がありますね。
こちら、まあ私の目では真作だかどうかはわかりませんけど、見に行ってみようかなあ...
  ダビンチ作?真作か論争中の壁画下絵、8月に京都で公開
(京都まで足を伸ばすなら、これも行こうかなあ。
 こちらはすべて真作、名作ですが。
  若冲と琳派の華麗な競演

これ、実話というのがすごい。30年って @_@
  美術館に贋作を30年間寄贈し続けた画家のドキュメンタリー『美術館を手玉にとった男』

あべのハルカスで開かれている「トーベ・ヤンソン展 〜ムーミンと生きる〜」展、早めに行かなきゃと思ってたんですが、8月7日から期間限定のムーミンカフェが開くとか。
  ムーミンカフェ あべのハルカス期間限定OPEN!
これはちょっと行ってみたいかも。
あべのハルカスは展望台に登って、パイン飴ソフトも食べてみたいし、いろいろダイエットの敵が現れて困った物です ^^;;;

暑いと、ついつい、お行儀悪いけど、氷にざーっと白ワインを入れて飲んだりします。さっぱりしたソーヴィニヨンブラン、ついつい飲み過ぎてしまいます。UFOたれちゃんと。

 
22:55 - comments(0) -
早くも夏バテ?
どうにもこう暑いと、調子、狂います。
まあ食欲はしっかりとあるし ^^;;; 夜も「寝苦しい」とか言いつつしっかり寝てるので大丈夫とは思いますけど。
でも、こんなこと始めてだけれど、イベントの受付業務を手伝っていて、1時間程なのに途中で座って休みたいなあ〜と思ってました。(夏バテじゃなく、年のせいかもしれませんけど... どちらにせよ)ちゃんと体力付けるよう、ちょっと考えないとダメかなあ。

夏の庭シリーズ。

オクラの花、やっと撮れました。
幹がすくっと伸びて、

  

今年のゴーヤは、何か育ちが悪いです。これじゃ実はならないかなあ。

 

いただき物のイチゴの苗。
本植したいところだけれど、こう暑いとねえ.....

 

サルスベリは暑さに強いです。
色鮮やかで、夏の庭のオアシス的な存在。
 
 

22:30 - comments(0) -
充実のセミナーでした
職場の懇親会等。
いろいろ食べてしゃべって、楽しい会だったのですが、企画を任されていたからか、終わったらどどっと疲れが出ました。
それにしても暑いですね。うちの職場では「暑気払い」という言い方はしないんですけど、実際、全然暑気払ってないよねえ..... 暑いのも、あとこのべたべた迫り来るような湿気も、どうにかなんないでしょうか。


さて、日曜の夕方、大阪堂島にあるロンドンティールームさんへ「ポットティー&アイスティー」の淹れ方講座に行って来ました。
リストには
  アイスアールグレイの作り方
  アイスミルクティーの作り方
  アイスシナモンティーの作り方
  アイスミントティーの作り方
  ポットイングリッシュブレンドの淹れ方
  ポットアップルティーの淹れ方
とあります。この順にマスターが作られるのを見せていただきました。

まずはアイスアールグレー。
コンロには、やかんが3つ、いろんな温度でかかっていて、お湯がなくなると/温度が高くなり過ぎるとどんどん水を増やしていきます。お茶を入れるのはステンレスの鍋。
「実際に店だとこんな感じです」ということで、やかんからざぱーっと鍋にお湯を入れます。(下の写真、左隅に見えてます。)
して、スプーンに山盛りに茶葉を計っていきます(左)。たっぷりの茶葉を(右)
 
 

鍋のお湯が沸騰したところへ(左)、入れて、火を止めて、ほとんど間もなく、別の鍋に漉してしまいます。
右の写真は、大きな茶こしにたまった茶葉(の出し殻)
  

ここまで全体でも2−3分かな、茶葉を入れてからは電光石火、ほんと一瞬の(と言いたいくらいの)早業でびっくり。
でもそらそうですよね、毎日何十年も入れておられる訳だから、これくらいでないとお店やってけないですよね。
ただ、そうは言っても、我々素人が目分量でうまくできるわけはないので、次のミルクティー以降は、やかんから鍋にお湯を入れるのはカップで計りながらの作業を見せて下さいました。

さて、ここからスパイスの入ったアイスティーの元づくり。
まずはアイスシナモンティー。スティック6本を取り出し、カップに8分めのお湯6杯分が入っている鍋が煮立って来たら、ばりばりばりっと手で砕いていれます。ふわーっとシナモンの香りが立ち上って来ます。
 

少し(20-30秒?)煮立てて、用意してあった茶葉を入れ、その瞬間に火を止めます(左)。そしてすかさず漉します(右)。
  

次はアイスミントティー。ミントを準備しているところ。(写真は途中経過、これで実際入れる量の8割くらい)
シナモンも、ミントも、炊き出すタイプのミルクティーの場合は粉末を使いましたが、スパイスティーを作る時ははやスティックを使うそう。
 

作業はシナモンティーの時と同じです。煮立っているお湯にミントを入れ、少し立ってから、茶葉を入れすぐに火を止め、さっと漉す。
 

これで4種のアイスティーの元が出来上がりました。ここまでで20分かかったかな、くらい。素早い作業です。
 
この作り方だと、スパイスの風味がしっかり出て、お茶の味も後で氷を入れても負けないようしっかり出るのだそうです。もちろん茶葉の種類、量は考えないといけないのでしょうが。

急いでいる時は熱いうちに冷蔵庫へ入れてもいいそうですが、通常は常温にさましてタッパー等に入れて冷蔵庫へ。美味しく飲むコツは、冷蔵庫に起き過ぎないこと。(maxで5時間とか)

事前に作られて冷やされていたものを後でいただきましたが、ちゃんとスパイスの香りがするものですね。しかも紅茶の味もしっかり出てるし。氷に負けないし。

さて、次はいよいよ(私のお目当て)ポットティー。
ミルクティーはステンレスのポット、アップルティーは陶器のポットを使われました。陶器の方が、やさしい当たりになるのかな。

人数に見合った茶葉を入れて準備したポットに、沸騰してすぐのお湯を注ぎます。とにかく熱いお湯を注ぐこと、それがポイントだそう。コンロから離した瞬間から温度が下がるけれど、95度くらいはほしいとのことでした。熱いお湯が注がれると、しっかり泡がたちます。(ボケてて診にくいですが<(__)>)
こちらは結構長時間置いても大丈夫(なように茶葉を考えておられるのだと思います)。説明しながら順にテーブルの数分入れていかれたので(当日は25名くらい、4名テーブルだったので6ポット作られてました)、長い物は5分以上置かれていたと思います。それでも全然渋くはなっていませんでした。
右は、濃い牛乳をカップ3分の1程入れてからミルクティーを注いだところ。濃いベージュのような色合いになります。今回の牛乳は、オハヨー乳業の特濃4.4ミルク。堂島店はこのミルクだそうです。
ミルクティー、砂糖を入れた時と入れない時でどんな風に味が変わるかを確かめたり。私はふだんは砂糖を入れずに飲むのですが、少し入れると、ずいぶんとまろやかな味になることに気づいたり。私の場合、朝の眠気覚ましに紅茶を飲んでいるので、まろやかにする必要はあまりないのですが、でも、この味の変化、ほんと劇的でちょっとびっくりしました。

  

アップルティーを陶器のポットで入れていきます。こちらはお湯を注いだ後、10秒たつかたたないかで茶葉の入った茶こしを引き上げます。左の写真、白いポットのすぐ右に見えているのが、引き上げた、ポットサイズに合わせたステンレス製の茶こし。(茶こし付き陶器のポット、特許をとってはるようです。)
アップルティーを飲んでいるところ。あんな一瞬で茶葉を引き上げているのに、しっかりフレーバーがわかります。

  

その後はいろいろ質疑応答。
たっぷり学べて、美味しかった充実の2時間でした。(しかもまた茶葉と計量スプーンのお土産いただいてしまいました。)

#参考になりそうな、
 ロンドンティールームツイッター公式さんがまとめられた
  家でも本格的な美味しい紅茶は飲める!美味しい紅茶を淹れるコツ(ポット)

2週間の間に「ロイヤルミルクティーとスパイスティー教室」「京町家で和紅茶を!国産紅茶講座&試飲会@京都」「ポットティー&アイスティーの淹れ方講座」と3つのセミナーに行って、ずいぶん紅茶に詳しくなりました。
飲むのは好きなので、茶葉の特製とかは知っていましたが、入れ方もだし、茶葉がどんな風に日本に入って来ているか(どんな風に考えて、どう買えばいいか)、ミルクのことなど、いろいろ、ほんと勉強になりました。中には、目から鱗の視点も多かったし。
またこれを機会に、いろいろ毎日飲む紅茶、工夫してみたいと思っています。
  
22:34 - comments(0) -
さっぱりしました
今日も暑かったです。
あまりに暑かったので、髪の毛をばっさりカットしました。久しぶりのベリーショート。もみあげだけは切るとあまりにボーイッシュになるので残した方がいいとアドバイスいただいたけれど、それ以外はほんとにばっさり。耳も首も完全に出たし、後ろはほとんど刈り上げ状態だし。涼しくなりました ^-^

「この世界の片隅に」製作支援ミーティングとか、ポットティー&アイスティーの淹れ方」講座とか、まとめなきゃいけないことが溜まっていくばかりですが、(ちょっとずつは進んでるんだけど)今日も完成は断念 ^^;;
でも7月中にはまとめるぞ!  ←って、もうあと3日しか無いのに ^^;;;


いまだに原因はわかっていないようですが、新しく搬入された若いクロマグロ何匹かは輸送疲れか壁に当たってしんでしまったようですが、多くが元気にエサも食べるようになっているそうです。
  生きろマグロ 謎の死から5カ月、葛西臨海水族園で復活
最近は衝突防止用のテープもだんだんと減って来ました。こちらは7月26日(日)朝のようすです。マグロたちはますます活発にえさを食べるようになりました。
↑の写真、右の方に1匹、大きなマグロ、あの大量死の時に最後まで生き残ったクロマグロが元気に泳いでします。こちらの写真の方が(6月ですが、姿が)よくわかるかな。
  東京・葛西臨海水族園:おかえりマグロ 大量死、3カ月ぶりに77匹投入 原因は不明のまま
ひとりになってもがんばって生き残ったクロマグロ。何か数字発表聞くたびに、『最後の一葉』じゃないけれど、生きる力をもらったような気がしたものです。これからも長く、元気で泳いでくれるといいですね。

少し前に話題になったニュースですが、
  歌麿、墨一色の美人画 福岡市美術館で公開へ
  歌麿:肉筆の美人画見つかる…唯一の水墨作品 福岡
  歌麿、新たな表現に挑戦か 墨一色の美人画見つかる
実はこの浮世絵の肉筆展、大阪で見逃してしまったんですよね。夏休みがてら、出かけてみようかな。

今日も暑かったです。
夏の花たち、元気よく咲いてはいるけれど、あっついなあって言ってるような感じに見えます。
風で種が運ばれたのか、石を引き詰めた通路にケイトウが何本か出て来て穂を出しています。写っているのは写真を撮っている私ですが、日が高いから、影も短いです。
  
22:53 - comments(0) -
予報は外れるもの?
ツイッターで、フォローはしていなかったものの、その方のつぶやきがよくリツイートされてきていた方(月餅さん、@geppeeee )、つぶやき読んで、何と言うのかバランスのとれた方、行動力のある方だなあ、うらやましいなあと思っていました。気持ちが優しくて、こまめで、熱くて、冷静で。
アイコンに使われていたマグリットの「大家族」の絵が印象的でした。
過去形で書いているの、連休後に「熱中症で頭が痛い、吐き気がする」と書かれていたそうですが、日曜日にくも膜下出血で急逝されたから。心よりご冥福お祈りします。

脳卒中(脳の血管がやぶれる脳出血やくも膜下出血、血管が詰まる「脳梗塞)、寒い時のものと思いがちですが、夏も多いそうです。
熱中症と症状が似ているため、勘違いすることも多いとのこと。
いずれの場合も水分補給は大事なようなので、気をつけたいです。
  くらし☆解説 「熱中症だけじゃない? 夏の脳卒中にも気をつけて!」


さて、「鈴鹿8耐」ってよく聞きますけど、鈴鹿サーキットで行われる長時間レースくらいしかわかっていませんでした。「1978年から始まった、鈴鹿サーキットで毎年夏に行われる日本最大のオートバイ耐久レース。1台のマシンを、2名または3名のライダーが乗り継ぎ、8時間の間にどれだけ長い距離を走れたかを競う」のだそうです。

そんな中、こんな人(?)も走ったそうで、その勇姿はこちらに

Honda モンキー・くまモンバージョン

一方で、こんなハリウッドスターも走っていたそうで

  【鈴鹿8耐】キアヌ・リーブス、鈴鹿を駆ける「サーキット走れて幸せ」

そんな二人が出会った写真も公開されました。
  ばっ!あなたは・・・!?
(しかし、くまモンにキアヌ・リーブスにレースクイーンって、すごい絵 @_@)

  くまモンとキアヌ・リーブスの写真がTwitterで話題 公式アカウントが投稿


いろんな人に出会える(というか、知ることができる)の、こういうニュースや画像がすぐに見れるの、いい時代になったのかな。

それにしても今年の暑さ、尋常じゃないですね。「関東甲信の暑さ 今後2週間は続く」というニュースを聞いて、関西は違うかもしれないと期待していたら、
  長期予報 10月まで厳しい暑さ続くか
10月までって..... orz
今年の夏はあまり暑くないって予報、どこ行っちゃったんだよお... (涙)


23:27 - comments(0) -
いい天気ですが
とにかく暑かったです....

久しぶりに庭の写真を撮ってみました。
1週間くらい経っても何も変わってないような感じがするけど、これくらい久しぶりだとさすがにいろいろ変わってます。

今年は珍しく朝顔を植えています。
ビロードみたいな渋い色合いの、一つの苗に赤と青の花の咲く品種。

  

野菜で一番元気がいいのは、どちらも横に這って?いくサツマイモとカボチャ。
カボチャは、母の大好物なのと、結構雨が多いのとで、実はネットを敷いてもらって特別待遇です ^-^

  

日射しが強いので、影がくっきり出ます。
今日はほんとに空が青いです。

 > 

夕方は、2週前に引き続き、堂島のロンドンティールームさんでポットティーのセミナーに行って来ました。いろいろ新しい発見のあるセミナー、写真もいっぱい撮ったんですが、今日はちょっとばてました。また、明日書きます。
22:02 - comments(0) -
気配りは大事だけど
それにしても暑いですね。
沖縄の、まだ南あたりでは台風12号のせいで大雨のようですが、その台風に押し上げられた熱気で、関西地方、ほんと暑いです。(明日はまだ今日より暑くなるとか言ってるけど.....)

暑さのせいもあるのか、いろいろ行き違いみたいなことが多く、若干(こころが)バテ気味。
こちら的には、それだけはやめておいた方がいいという案だけを残すって何なんだ(怒
なことがあったんですが、冷静に考えてみれば、向こうには向こうの言い分があるでしょうし、いずれにせよ、こちらはがアドバイスのつもりでも、向こうから見て役に立たないから採用しなかったってだけのこと。
アドバイスって、気配りって、ある意味こちらの目線、こちらの身勝手な思いで言って/してるだけですからねえ.... これからは、しゃしゃり出ず、何も言わないサポートに徹した方がいいよ < じぶん


おうちで飼われている動物のことを書かれているブログ、いくつもとても楽しみにしているのがあるのですが、生きとし生けるもの皆寿命がありますから、病気になったり、亡くなったり、そういうことがあります。
そういう時に、うまく言葉をかけられない(コメントとかできない)自分が、歯がゆいです。まだまだ人間がほんとできてないんですねえ。

京都では祇園祭ですが、大阪では天神祭でしたか。道理で、浴衣姿の人が多かったんだ。


夏の庭、野菜たちは元気です。
手前のとうがらしを撮るべしだったんですが、後ろの網かけトマトのインパクトの方が大きいですね(笑
この網、赤く色づく頃にはカラスに食べられてしまうのの防止策。なかなか効果があがってます。ただ、敵もさる者、ちょっと網掛けが遅れるとちょっと離れた塀の上にミニトマトくわえたカラスが留まっていて orz ほんとめざといし、賢いし(いつもはあんなにカーカーウルサく鳴いてるのに、こういう時は無音ですーっとやってくるんですよね。) それにしても洗濯バサミって何にでもつかえますね。こんなところでも大活躍です。

  

22:51 - comments(0) -
暑い日が続きます
この頃、日記を書くのがひどくバラバラになってて、今も気づくと水曜から書いてない.....

仕事、忙しくない訳ではないのですが、ものすごく忙しい訳ではないんだけれど、ただ、ちょっと気力が切れたみたいになっているのかも。

この間、「オペラを見てフレンチを食べた」なんて(私としては)すごく贅沢なことをしていたり、大東へアニメ映画の支援ミーティングに行ってたりするのですが、それも早く書くようにします。

#追記:フレンチの方は22日(水)に書きました。


これまでもそれに近いこと書いてたことあるけど、ほんとのほんとに、いろいろ、仕事のやり方とかも変えないとなーと思ってます。
人が引き受けないことをいろいろと引き受けて来たの、今、どんどん断ってるんですが、それがいいのか悪いのか。
いや、引き受ける必要は無いとは思うんだけど、でも、人間厭なこともやらないと、ボケちゃうかもしれませんから(苦笑)


明日は資源ゴミの日。
ワインの瓶も捨てないといけなかったので、大慌てで撮った写真。
スペインのテンプラニーリョの赤ワインと、寿司たれちゃん。はちまきをきりりと締めると、ふだんはほんわりした感じのたれちゃんも、何だかきりっと見えます。

 
23:10 - comments(0) -
デパ地下へ行ってばかり
夕方、ちょっとお手伝いしていることの会議。
いろいろ思うことがあるというか、そんなでいいのかなと思ってしまうところがあって、ちょっと疲れました。
そんな大げさなレベルの話じゃないんですが、最近大きなニュースになってる東芝の話でも、何と言うか無理なことは無理だと思うんですよね。それを隠しても、臭い物に二してるだけで、根本的な解決にはならない。少なくとも同時に時間はかかるでしょうけど、本当の原因探しとか、本腰入れた解決策の展開とかいるんじゃないかな。
もう、昔のやり方(だけで)は、やっていけないんじゃないかな。

仕事後にこういう会合があると、時間が中途半端になってよくないです。
昨日もデパ地下でいろいろ買い込んだけれど、今日もいっぱい買って帰ってしまいました。なんかデパートで積み立ててるお買い物券、コスメとデパ地下でだいたい使ってますね ^^;;;
でしかも、ストレス貯まって...なので、食べるだけじゃなく飲んじゃうし、ついでに私の場合飲むとすぐ寝るし。
うーん、何だか、体重を増やそうとしているお相撲さんみたい ^^;;;
ダイエットしなくちゃと言ってる端からそれでは.....

こういうニュースを読むと、「食い意地に勝てなくて」でそれが元で死んでしまったなんて、ほんと身に覚えがあり過ぎるというか、気をつけないとだめだ...とは思うんですけど...
  ハブが丸のみ、大きすぎた獲物とは 鹿児島・徳之島

まあ私の場合、ワイン2杯も飲めばもう寝ちゃうので、アル中とかにはなりそうにない(なれない)だろうから、その点は安心ですけれど。
#その人の体質によるから、少なくてもなる時はなるのかもしれませんが。
 ただ、最近『アル中ワンダーランド』で話題のまんしゅうきつこさんのインタビュー
 読んでで、アル中の壮絶さもすごいけど、その酒量が凄まじくて、驚いてます。
 あちらこちらにインタビュー記事がありますが、たとえば
 “美人漫画家”が初の書き下ろし本発売を期に顔出しを解禁した理由とは?


やっぱり、ストレスで飲んだり、食べたりはいけないですよね。
うまくストレスコントロールする方法、みつけないといけないんだけど。

ビールはなるべく買うのやめようとしてて、(コンビニに行けないのが一番です)
あと、ワイン、つい箱買いしてしまったので、それがなくなったら買うのやめにしようっと ←これまで何度そう書いたかよくわかんないけど ^^;;;

今回の箱だと12本入るので、白6本赤6本、阪神デパート地下のセールで買ったワイン、家飲み用特集だったのでリーズナブルなお値段のものばかり。そのため、南アや南米、南ヨーロッパのものが多かったです。
こちら、久しぶりにゲヴュルツトラミネールのワイン。でも、ドイツじゃなくスペインのもの。スペインでもゲヴュルツトラミネール作ってるんですね。花のような、果実のような、独特の香り高いワインでした。
ネッカチーフたれちゃん、どこかへ旅する時はよくお供してもらったんだけれど、この頃はあまり出かけないもので、全然出番がありません。

 
23:51 - comments(0) -
自転車がこわい
朝から酷い雨でした。
この日は長い会議でほんとうんざりしてしまったんだけど、あと、走るとバスに乗れる!と思って歩道を必死にダッシュしたら、ちょっと周りへの注意が甘くなってたら、もうちょっとで歩道を横断する自転車に当たりそうになったとか。そんなくらいが変わったところ、他は普通にお仕事でした。

注意散漫、いけないな、怖いなと思ったんですけど、でも、歩道を横断する自転車ってどうよ...とも思います。
法律変わった、雨の日に傘さしながら自転車乗るのダメなはずですけど、大阪は傘ささずに乗ってる人、ほとんどいないです。。。



タイミング逸してしまいましたが、ちょっと前に行って来た、兵庫県立芸術文化センター開館10周年記念公演「椿姫」のこと。
この会館、神戸の震災の後、復興作の一つとして生まれたものですが、もうそれから10年になるんですね。
場所が阪急西宮北口駅というターミナル駅徒歩5分(駅から屋根のある通路があるので全く濡れないで歩けます)というとてもいい立地なこと、いいコンサートがちょっと安めのお値段であること、いろんな好条件があって、いる行ってもとてもお客さんの多い、そんなホールになっています。
芸術監督の佐渡裕さんの力、大きいでしょうね。

「椿姫」、オペラの代名詞のような有名な演目ですが、見るのは始めて。私はBプロというのかな、テオナ・ドヴァリさんがヴィオレッタを演じる方の組み合わせで見ました。皆さん熱演だったけれど、特にアルフレード役テノールのチャド・シェルドンが素晴らしかったです。

せっかくの豪華なオペラの後なので、劇場そばのイグレック・テアトルでフレンチを食べて帰りました。
椿姫の特製コース。写真あまりうまく撮れてないですが <(__)> まずはアミューズ。鯵だったと思います。まるで和食の突き出しみたいな感じ、暑い時期なのでさっぱりしたもの、助かります。
ワインはグラスの白、ソーヴィ二ヨンブランをお願いしました。

 

前菜。鴨肉のパテ、ホウレンソウのソースに温泉卵。
鴨の上に乗っているのはユリネ、お野菜も一切れずつですがいろいろバリエーション豊かで健康的。

 

アサリのスープはトマト仕立て。そしてアワビが添えられていました。

 

せっかくのめったにない機会だったので、メイン、お魚もお肉もお願いすることにしました。
まずはお魚。鯛の蒸した物にホタテのピューレ、キノコのクリームソースが添えられています。
いろいろな温野菜、ずいぶんスリムな形でアレンジされてました。

 

お肉は牛ロースのステーキ。グリーンサラダが添えられています。
ここで赤のグラスワイン、ピノノアールをお願いしました。

 

最後は、椿姫と名付けられたデザート。
イチゴのソルベにゴマのソース、コーヒーゼリーやメロンが添えられています。

 

ゆっくりお茶を飲んで、おしまい。
たまには、ほんとたまには、こういう贅沢なお食事、時間の使い方もいいかな。



22:57 - comments(0) -
| 1/4 | >>