わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

お天気急変
暑い一日で、1週間前は台風で大変だったんだけどそれからは全然雨が降らなくて庭もひからびてしまって当面不利そうにもないというので、かなりがんばった水やりを庭にしたりした一日でした。
大変だったけど、これからも全然降りそうにないし、やってよかったというような話を夕食の時にしていたのに、それから30分もたたないうちに夕立というか大雨になりました。(しかしまあ、見る目のないことで... ^^;;;)
関西だけでなく、いろんな地域で竜巻やら大雨やら、ずいぶん不安定なお天気だったようです。
これ、前線の、というか遙か南にある超大型台風21号の影響なんでしょうか。
実は、来週東京に行かなくちゃいけなくて、4日の日帰りを考えていたんですが、まっともに台風と当たりますね。うーん。日程考え直した方がいいかな...

それにしてもよく降ります。
昨日までとがらっと週間予報が変わって、これからは毎日雨模様のお天気が続くよう。気温も30度ちょっとに下がるみたいです。野菜は、かなり暑さと水不足にバテてる感じだったのでよかったかも。

ところで野菜の世界も、いろいろ進歩があるもんですね。
今年うちではカボチャは全くの失敗、ひとつもなりません(というかそもそも苗が大きくならなかった)でしたが、例年、どっち行くんだ?と拡がる方向は定まらないし、どこに実がなってるのか見つけるのが大変だったりします。こういう育て方ができるようになるとは。
  カボチャ 宙で育ち、たわわに実る 北海道・長沼

いろいろ便利になるもんです。
たぶんまだお高くてどこででもとはいかないんでしょうけど、でも便利なものがどんどん増えるのは(利用者が増えれば提供できるお値段も少しずつ下がっていくでしょうし)いいですよね。
  スマホで呼び出し ロボットタイプの車いすを病院が導入

何が流行るか、何から(どんなアイデアで)生まれるか、わかんないもんですね。まさか前進がはえ取り紙とは(笑  (というかはえ取り紙、実物見た人っていくつくいまで? 私でも、田舎のおばあちゃんのうちでしか実物は見たことがないです)
  マスキングテープ、原点はハエ取り紙 業務用から変身

8月も終わってしまいました。
8月は、いろんなダンスを見たり美術展を見たり、それは良かったんだけど、秋から始まるプロジェクトの段取りをしようと思っていたのに、そちらはさっぱり進みませんでした。そろそろ気合い入れないと、また9月末にむっちゃ焦ることになりそうです。

今、東京で、秋から京都で大きな回顧展が開かれる藤田嗣治。生誕130年なこともあるのか、いろいろ新しい発見も報告されています。
  最も古い「おかっぱ」発見 パリでの寄せ書きに
  画家の藤田嗣治 テープに晩年の肉声を録音
一度オンラインで美術展のチケットを買うと、こちらも買いませんかとDMが来ます。京都の藤田展、今日まで特に割り引いた前売り券を販売していて何度かDMが来ていたのですが、結局買いませんでした。
9月に何度か東京へ行くので、東京で見るかもという気もしたし、あと、行くかどうか、絶対行くぞ!とまで思えなかったから、かな。
以前は、藤田、大好きでした。あの透き通るような「白」(乳白色)、大好きです。あの色でフランスに認められ、何でそんな色が出せるのか、その謎はいまだに完全には解明されていないそうです。
ただ、いろいろ研究が進んできて、戦争高揚画というのかな、(ある意味)軍に協力する絵を描いていることを知ってからは、それらの絵を見てからは、ちょっと微妙な気持ちになっています。いろいろあって、で、藤田としては何より「絵画として魅力的な素材」だから描いたんだろうと思います。ただ、ただ、それがどう使われるかというところも見えたでしょうに... と思わずにはいられません。
上の肉声テープで、自分はもう名声とかいらないしと語っていたり、あと、最晩年はフランスで宗教(カソリック)に帰依したり、そのあたりのことも関連するのでしょうか。
非常に素晴らしい作品を残した人なのは確かですから、人となりはともかく、作品で判断すべき、部分的に作品が好きならそれでいいという考え方もあるんでしょうけれど。また秋になったら、見に行く方向で時間が取れるか、考えてみます。
  「おかっぱの変な人」藤田嗣治 しりあがり寿が見た軌跡

そんな時、こちらの本を紹介されている人がいました。「モダンで乙女チックな広告を作っていた山名文夫はじめ、多くのクリエイターがなぜプロパガンダに手を染めたのかを追った本」なんだそうです。
紹介されていた方が、2011年に単行本で読まれたときの感想がこちら(「この頃の私はナイーブすぎて、名取洋之助に対しても今はもっと手厳しい気持ちでいます。」とのこと)。
ちょうど関連する内容かな。文庫本で出たようなので、探してみます。
4267021392
 戦争と広告 (潮文庫)
 馬場 マコト 潮出版社 2018-07-05


 by G-Tools
22:25 - comments(0) -
暑いけれど
少し風があったので昨日よりはしのぎやすかったかな。
いろいろ楽しませてもらった、映画館で見るバレエ、ロイヤルオペラハウス 英国ロイヤルバレエ団シネマ、今シーズンの最後は新演出(振り付け)の「白鳥の湖」。最終日にやっと見に行くことができました。
クラシックバレエと聞いたら誰でもが知っている超有名演目、いろんな振り付けがありますが、ROHでは31年ぶりの改訂なんだそうで、6月に初演され、いろいろ気合いが入った仕上がりだと聞いていたものを、やっと見ることができました。時間がもう少しリアルタイムに近いともっとうれしいけど、こうやって日本に居ながらにして映像で見れるの、ほんとうれしいです。
  気鋭の振付家、リアム・スカーレットが31年ぶりに『白鳥の湖』を新演出した! 英国ロイヤル・オペラ・ハウス2017/18シネマシーズン最後の上映
衣装も、そして舞台のセットもとても素敵ですし(画家でもあるJ.マクファーレンの制作。リアムは、この仕事を引き受ける際、彼が美術を引き受けるならと条件を付けたそうです。)
  Swan Lake Costumes 
以前の版に比べ、踊りを踊る登場人物も増え、プリンシパル級のダンサーがずらーっと登場する豪華版。
シネマなので、途中休憩の所でいろいろなインタビューも入ってわかりやすく解説されることもあり、3時間40分の長丁場。見る前は長いなと思ったのですが、あっという間でした(3幕、今までの版よりよほどすっきりしていたのじゃないかな、それに)とにかく見せ場の連続で、ほんと「堪能した」というのがぴったりの公演でした。
来シーズンも上映が決まっています。ほんと、楽しみです。

ROHは、シネマ途中のインタビューも工夫されているし、あと、リハーサル等を全部画像で公開してくれているのが、見ていて理解も深まるし、単純に見れてうれしいです。たとえば今回のリハーサルはこんな感じで1時間17分という太っ腹。途中、踊り手や振付家のお話も入るので、英語が理解できたらもっとよく分かるんでしょうけれど、ああ こんな風に手直し(指導)されて公演の踊りになっていくんだなというのがよく分かって、すごく興味深いです。
ちなみに主演、王子様役のワディム・ムンタギロフ。今ロイヤルバレエ団は東京でガラ公演をしているので、少し前から日本にいます。日光へ華厳の滝見に行っていたようです。どこでもこんなことできるのね ^-^

ROHは、このシネマを公開することですごく(日本での)人気が高まったと思います。
東京では、「不思議の国のアリス」では相次ぐ満員御礼に、別の映画館も上映を決めたり、9月にはリバイバル上映もやるんだそうです。
「不思議の国のアリス」は日本のバレエ団も今度公演をするそうで、こちらも人気、出そうですね。
  新国立劇場バレエの超話題作『不思議の国のアリス』〜必読!ダンスみどころガイド

大阪や兵庫は残念ながらそこまでいっぱいにはなりませんが、以前はどちらも夜の上映だったのが、お互いに連絡して上映時間を決めるようになったんでしょうか。大阪(梅田)は17:40〜21:10(仕事帰りだとぎりぎり?)、兵庫(西宮北口)は15:30〜19:05(夕飯までに帰れるかな?)と棲み分けするようになりました。
映画の上映時間、いろいろ理由があって決まって(決めて)いるようです。
  「なぜ、この時間に上映が…」映画館の上映スケジュールはこうやって決まる!

8月はあまり映画には行けなかったけれど、秋になると話題作がいっぱい出てくるはず。
できるだけ見落とさないよう、見に行けるといいんですが。
22:46 - comments(0) -
あっという間の8月
毎月、月末になると「もう○月も終わりだなんて」と書いてるような気がしますが、ほんと月日が過ぎるの、速いです。もう今年、残り3分の1だなんて、信じられません...

さくらももこさんが亡くなられて、まだ53歳ととてもお若くて、あまりに早過ぎますが(ご冥福をお祈りします)、死因が乳がんだったということでいろいろと記事が出ています。忙しい女性に、日曜に受診できるようにと言う取り組みとか(今年は10月21日)、痛いんじゃないのという声に対してはこういう進歩とか。:乳がん検診、痛くない 島津製作所が新型撮影装置

技術は、どんどん進歩していきますね。
開発秘話とか聞いていると、私は普通以上にぼーっとしていて何も気づかない方なんですが、ああいろいろと思いつかれる人、すごいなあと思います。
たしかに蚊に刺されても痛くもちくっともしないから痒くなるまで気づかないです。そこからこんな発明とか。
  蚊が血を吸うメカニズムの解明から 世界で一番痛くない針の開発に挑戦
蝉が鳴いてても、うるさいなあと思うだけで、羽の表面がどうなっているか、そこに何か効力があるかなんて調べて見ようとも思いません。(何でまた、大腸菌をかけてみようと思いついたんだろう?)
  ポイントは表面の”突起” セミの羽に抗菌作用
すごいですね。
このあいだ佐川美術館で田村一村の絵を見たときつくづく思ったんですが、当たり前だけれど、絵の上手い人は小さいときから上手くて、そういう思いつき、目の付け所が違うのも(経験とかでさらに世界は拡がるんでしょうけど、基本的には)天性のものだろうと思います。
こちらのスーパー小学生、内容もさることながら、まだ8歳の小学3年生がというのに驚き、さらに1年生から、もう5千個も抜け殻を集めているとか、専門家の指導も受けているとか、栴檀は双葉より芳しとはよく言ったもんです。
  猛暑のせい?セミ羽化中に15%死ぬ 小3男児自由研究
すくすく、大きくなられますように。

やっぱりデータ分析って、数と、調査環境の記録がすごく大事なんですよね。
百聞は一見にしかずというか、いろいろ理屈や予想を立てても、実際の観察がずっとずっと大事ですから。
こちらの話も、すごく感心してしまいました。(記事、冒頭に巨大ナメクジのアップ写真があります。苦手な方はお気をつけ下さい。)
  ナメクジの出現を予測する!- 市民科学と最新統計の融合

天気予報通りなら、明日(か明後日)が暑さのピークで、その後は30度前後に下がるようです。
ただ、また台風21号が嫌なコースで日本に近づいています。この、四国・本州西日本部分縦断コース、今年の流行なんでしょうか orz

とある所で見かけた、アガパンサスの抜け殻(?)。
言われれば当然こんな形になりますかね。うちでは見たこと、予想したことなかったので、何だか新鮮に見えました。
 
22:26 - comments(0) -
久しぶりに
暑いですね。気温としては平年並みなんでしょうか。ただ、いったん32−33度になっていたのが35度に戻ったので、身体にこたえる感じがします。
また朝夕2回洗濯する毎日。ま、暑い分、夜の間に乾いて、昼の間に乾いて、しかもスッキリ乾いて、気分はいいんですけどね。この洗剤のなくなりかたが速いなあな暑さ、いつまで続くんでしょう。

こんなサイトを見つけました。世界各地の滝の写真です。
写真好きの方には「長時間露光を用いた撮影」「露光時間の長さがどう写真に効果を与えるか」がポイントだそうですが、私の場合、わあ なんて涼しそう、です。
#各写真の左下方に撮影者のお名前をクリックすると、出典へリンクします。
  28 Long Exposure Waterfall Photographs

暑いなあとぼーっとしていたら、夜8時前くらいかな、久しぶりに大きな揺れが来ました。
大阪北摂や京都南部で震度3だったそうです。6月の地震の余震でしょうか。
地震、それなりに大きいのの時、うん 何だか変 もしかして揺れるの?という引きの間が嫌ですね。一瞬して、ああ やっぱり来てしまった... ぐらぐらぐらっとなるわけですけど。
2ヶ月経ってもう安心と思っていたけど、震度2や3なら大したことにはならないはずですが、またそれなりの揺れがあるの、何だか嫌なものです。


学校へ行っていたのはもう何十年も前なので当然、今とは全然時代が違います。
大阪の公立学校はもう2学期が始まるそうです(昔は、9月になってからだったのにね)。
いじめの酷さも、昔とは全然違って、話を聞いてもなかなか信じられないくらい、それくらい酷いです。
新聞やネットに、無理しないようにと子供に呼びかける記事が、子供のサインを見逃さないようにという記事が載っています。ほんと時代が違います。
そんな時に、何ができるんでしょう。
  「死ぬな」って言葉、地獄分かってない 夜廻り猫が描くしんどい学校
  不登校を恐れるな 誰かとつながっていればいい
  ひきこもりクライシス "100万人"のサバイバル
答えは全然ないですが、でも、これだけ時代が変わってるんですから決めつけたり、押しつけたりは絶対ダメだなと思っています。
たとえば、ふなっしー嫌いな人もいると思います。でも、救われたり、元気もらえる人もおそらくいっぱいいると思います。
  西日本豪雨「頑張ろうなっしー」 ふなっしー被災地訪問
自分が受けてうれしかったことをしてみれば、それがまた廻り廻って、温かい気持ちを生んでいく。そんなこともありますよね。
  猛暑と闘い元気に開花 ひまわり140万本見ごろ 大分
  難病克服「生きる力くれたヒマワリ」 無料配布続ける
ニュース見ていると、若い人はまだしも、50代のおっちゃんでも(教頭さんってエラい人なんじゃないんでしょうかね...)無責任というか、何を考えているんだろうと突っ込みたくなることが多いのですが、
  スマホ自転車判決「空虚な謝罪」元女子大生に有罪判決
  京都市教委 失踪した市立小の教頭 神社に3週間潜伏
それは置いておいて、そうはならないように、地道にできることをしていくように、無理せず気持ちに余裕を持っていろいろなこと対応していくように、それしかないし、そうありたいと思っています。

こちらの写真、素敵ですねえ。
お花をこんな風にアレンジしてみると、いっそう楽しいです。
hanacotoba_jpさん、本も出されているようなので、早速買ってみます。
22:05 - comments(0) -
なかなか疲れが取れません
昨晩はよく寝た(早く寝た、夜中に目が覚めることもなかった)んですが、それでもまだだるーくて気分がどよーんとしています。いつもの月曜よりさらにどんよりしています(苦笑
疲れがすぐに取れなくなってるのか、暑さでくたびれたのが少しずつ貯まっているのか。

身体は動かす方がいいですよねえ。今晩からこんな番組も始まります。
  「みんなで筋肉体操」NHK広報アカも困惑気味... 武田真治さんと弁護士、庭師らが“Let’s筋肉”
(大変失礼だけど、若干、暑苦しいくらいに)凄い筋肉。地道な訓練を継続してはるんでしょうね。
さて、家にあれだけエクササイズやストレッチの本やDVDがあるのに、また買ってしまいました。
  フィットネスDVD 『PARIS BALLET FIT』 特設サイト
  毎日15分、ドロテ・ジルベールと一緒にフィットネス!
予告画像があるので見てみましたけど、なかなかハードです。続けられるとも思えないんだけど、15分は無理でも5分でもいいからとにかく身体を動かすクセをつけれれば... (今までについてないのに何でこれならできるかもと思うのかは置いておいて)。とりあえず一通りはぜひ見てみたいと思います。(積んでるだけになってるのは、買っただけで、始めを見ただけで最後までたどり着いていないのがたーくさんあったりします ^^;;;)

見るのと、実行するのとは全然違うわけですが。

土曜日の夜(東京に泊まってました)は荻窪まで足を伸ばして、KARAS APPARATUS カラス アパラタスへ。
5年前に開いたそうで、6周年記念公演、アップデイトダンスNo.53「火傷の季節」、勅使川原三郎さんのソロダンスを見てきました。
勅使川原さんを見るのは2回目です。
一度目はオーレリー・デュポン(パリ・オペラ座バレエ団エトワール)の名前に惹かれて、兵庫県立芸術文化センターで行われた『睡眠-sleep-』を見に行きました。で、オーレリーは何かすごく苦労しているように見えたんだけれど、勅使川原さん、佐東利穂子さんの動きにぶっ飛んでしまいました。どうやったらあんな風にくねくね、芯はあるのに軟体動物のように柔らかく動くことができるんだろう?
それ以来いつかじっくり勅使川原さん、佐東さんのダンスをまた見たいと思っていたのですが、それがやっと実現しました。4年ぶり、かな。
60分間動き続ける勅使川原さん。何を表現しようとされているのか、私にはたぶん分かっていないです(#)が、でもその動きから目を離すことのできない60分間でした。
いろんな音楽、ちょうどラジオのダイヤルを合わせてなかなか合わない、雑音のような音が続くそんなところから始まって、シャンソンあり、クラシック(バロックくらいから)あり、ロックあり。とりわけロックの激しい音の時の動きが個人的には好き、素敵で魅了されました。
#ちなみに、『睡眠 -Sleep -』について応えた、勅使川原三郎さんの
 インタビューがこちら。 part 1 part 2
 むー 凄いと思う一方、ちゃんとは理解できていないと思います。
 「自分の中にあることを社会化する」・・・ うむー...

(全然、ダンスの本質じゃないところに目、興味が行ってしまったり ^^;;
 60分間動き詰めですから、かなり冷房はきつく入っていましたが汗だくだくになります。
 黒のシャツが汗いっぱいになるんだけど、グレーのズボンはほとんど濡れたようにも見えない。足って汗かかないのかな? あれだけ汗が落ちて、あんな不安定に見えるポーズ繰り返して滑らないって、床材が特殊なのかな、どんな靴を履いておられるんだろう? 腕を振り回す動きをすると、汗がぱーっと飛び散るんですが、結構遠くまで跳ぶのだなあ。ダンスが終わり、拍手に応えられた後、まるで何もなかったように落ち着いた声でトークをされたんですが、その間も袖からどんどんと汗がしたたり落ちていくの、あのシャツどんな素材なんだろう? などなど、そんなことも考えてしまいました。←もっとダンスのこと、この音楽にこの動きは何を表しているんだろう?とか考えようよ>じぶん ^^;;;)

でも、ほんと、刺激的な時間でした。
ダンスもだし、小劇場で本当にそこで踊っておられるのをじっくり見れるという体験も初めてだったので。
今すぐ何に、何がと言うんじゃないんですが、身体の中、精神の中に何かが詰まった、何かでいっぱいになったそんな感覚。しっかり覚えておいて、機会あるごとに反芻してみたいです。

「火傷の季節」は26日まで、そのあと8/31から9/8までは佐東さんとお二人で「幻」というダンスを踊られるそうです。こちらもぜひ見たいですが、ちょっと機会がありません(8日が夜なら見れるんだけど、この日は16時から)。残念。
21:11 - comments(0) -
暑さがぶり返して
どうにかこうにか帰阪。
この週末、暑かったですねえ.....
ちょっと涼しくなった、これでもう秋?と気持ちと身体が緩み始めた後なので、ちょっとこたえました。
今朝は、まあ大丈夫だろうと目覚まし替えずに寝たら寝過ごしそうになるし ^^;; ちょっと疲れ目かもしれません。

東京へは、予約時間を簡単に変えれるので、この頃は新幹線ばかり使っています。
飛行機は乗ってる時間は圧倒的に短いし疲れないのですが、飛行場への移動時間・での待ち時間をいれると同じくらいの時間がかかるし、天候にはより弱いし、何より変更がききません。
このところは、30分から小一時間余裕を見たのぞみを予約しておいて、仕事が終わって東京か品川に移動する電車の中でスマホから一番早いのぞみに変更というのがパターンになってしまいました。手続き簡単だし、料金は変わらないし、何度でも変えられるし、これに慣れちゃうと、東京出張はもう飛行機には戻りそうにないです。
ただ、混み具合にもよるけれど、さすがに片道2時間半は疲れます。(たまにポイントがたまってグリーンに乗ったり、西向きの移動でさくらやみずほに乗ると疲れないので、1列に4席か5席かでゆったり度がかなり違うんですね。)
もうあんまりきついスケジュール*で移動したくないなあ、とりわけ、業界会合の週末みんなが休みの時に集まりましょうはこたえるなあと思っていたんですが、今回の会合でまたもうひとつ必要な打ち合わせが増え、9月は少なくとも3回は上京しないといけないみたいです T_T
*昔は、10時から東京でという時は前泊だったんですけど、のぞみが
 速くなったこともあって、日帰りになりました。となると5時起きに
 なるわけで... こういった細かいしわ寄せが疲れます。

このプロジェクトはもうあと1年なので、それから離れれば、もうあんまり上京しなくてもいいかな。
まあ、もうそれならいっそ、行く間はいろいろ東京ならではの催しに行って、楽しむことも考えた方がいいですよね。
というわけで(?)25日の夜は勅使河原三郎さんのダンスを、26日は時間がなかったし混んでいたので、ほんとにさーっとですが新国立美術館で「ルーブル美術館展 肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」を見てきました。
これ、チケットはだいぶ前にネットで買ってたんですが、気づいたら次の週末まで。大急ぎで行って来ました。
ただ誰でも考えることは同じで、週末の、会期末の、しかも夏休み期間中というのをかなりなめていました。入場するための行列が凄くて、中も人でいっぱいで、ゆっくりは見られませんでした。が、さすがはルーブル美術館が所蔵している品々、すごくレベルが高くて(あ 教科書で見た絵・彫刻だという感想が情けないですけど)、時代とともに人が人をどう描こうとしたか(描かせようとしたか、肖像というものの意味合いがどう変わっていったか)がわかる展示になっていてすごく興味深かったです。ざっとでも見れて、よかった。
この展覧会、東京は9月3日まで、その後9月22日から来年1月14日までは大阪市立美術館に巡回します。
#なぜ大阪で見ないかというと、おそらくですが、これまでの経験から、
 大阪市立美術館の展示、見にくいだろうと思って。なので、東京で見る
 ことにしました。人は多いけど、たぶんこの方が正解だったと思ってます。
 同じ理由で、フェルメール展(上野で10月から2月、大阪で2月から5月)も
 東京で見た方がいいか、行く日にちがあるか、思案中です。

しかし、今回の出張、仕事はすごくスムーズに行った(と思う)んですが、とにかく疲れました。今日は早く休みます。勅使河原さんのダンスの感想はまた明日にでも。
22:58 - comments(0) -
暑さが戻ってきました
昨日は、日付が変わるか変わらないかのうちに台風が行って、じゃあそのあとお天気になるのかなと思っていたら、どよーんと曇り。
大阪はその曇りのままだったんですが、帰るころにはぽつぽつ降り出して、あれ〜 まだ降るの? 家で聞くと、兵庫の方は午前中からぱらぱらどころか、断続的にかなりしっかり降ったようです。まだまだお天気安定しないようでした。

ニュースをあらためて見ると、うちのあたりはほとんど大きな被害はなかったようですが、淡路島や、神戸や西宮でも浜に近いところは大きな被害が出たようです。風力発電の風車が根元から折れるとか、大橋の上でトラックが横転するとか、マンションの屋根が吹き飛ばされるとか、和田岬の灯台頭部分がなくなるとか、どうも風の被害が強かったようです。観測できた最大は秒速52mだったとか。でも狭いところに吹き込むときとか、瞬間的にもっと凄い風力の時もあったでしょう。京都ではご神木が倒れて拝殿が倒壊したとか。
いろいろな被害が、少しでも早く復旧していきますように。


変わって今朝は青空も見え始めました。
雲はまだ多いのですが、だんだんグレーの色が薄くなってきて、白い部分が多くなってきました。
日射しが強くて、夏が戻ってきた感じ。暑いです。

さて、今から東京出張へ出掛けます。基本、今日は移動。簡単な準備のみ。明日の本番に備えます。
で、夜は開いているのですが、調べて見たらある催しに行けそうなので、楽しみです。この出張かなり気重だったんですが、ものすごく幸運な時に出張だったのかも。


遊ぶことばかり書いていますが、ものすごく評判の高い映画(オーシャンズ8,カメラを止めるな!)とかも行きたいし、あと、英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 今期の最終作、リアム・スカーレット版『白鳥の湖』。昨日から上映が始まり1週間のみ。見た方の評判はもの凄く高いのでぜひ行きたいですけれど、時間あるのかなあ。
  バレエ界最大の話題作=リアム・スカーレット版『白鳥の湖』、英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18で上映へ

ブログ、次の更新は月曜になります <(__)>
10:09 - comments(0) -
台風一過?
いやー 凄い台風でした。
昨晩21時頃四国に上陸。早めに22時過ぎには横になったのですが、凄い雨風の音に目が覚めました。まだ日付変わらないくらいの時間。ちょうどその頃、台風、瀬戸内海を渡って、姫路に再上陸していたようです。だいぶ離れているんですが、台風って東側の方が雨も風もきついんですよね。あんな雨風の音は、あとあまりに激しくぶつかるもんだから、古い木造の家なこともあるでしょうが、2階が揺れるのは、初めての体験でした。
あとびっくりしたのが、樋の具合が悪くて少し雨漏りするところはしかたないけど、しっかり窓を閉めているのに、雨風が吹き付けるものだから、サッシの隙間から水が入ってきてカーテンやら窓の木枠やらが濡れていて、夜中に家中のぞうきんを集めて拭いたり敷いたりする羽目に。
私は1時にはまた寝てしまいましたが(疲れていたのか、もの凄い音がしてたのに寝れてしまいました)、3時くらいにはもう日本海側へ抜けていったみたいです。速度が速かったの、助かりました。

朝起きて、雨が降っていないことを確認し、おそるおそる外を一回りして点検。
野菜等の支柱はかなり曲がっていましたが、物置の屋根が飛んでいったとかそういうことはどうも無さそうで、ちょっとほっとしています。

ただこの台風20号、今からぐるっと曲がって東北、北海道に今日の夜には近づくそうです。
しかも、19号、まだ台風で、朝鮮半島に行ってたと思ってたら、こちらもカーブして、1日遅れて25日の夜にはこれまた北海道へ接近するコースを取っています。
どちらの台風も海の上で勢力を復活して来ているでしょうから、東北、北海道の方々、くれぐれもお気をつけて。


庭で一番ダメージが大きかったのが、こちらのキュウリ。そうでなくても調子が悪かったんですが、今度こそはもうダメかなあ。(左がビフォアー、右がアフターです。支柱を直そうにも、ひげが変に絡んでしまっているので、難儀しそうです。)
  
15:20 - comments(0) -
台風直撃?
19号も九州の方では被害があったようですが、かなり西の方を、大陸の方に抜けてくれたからまだよかったかと思いますが、19号があったからでしょう、20号はそのぐっと東側、四国に上陸、兵庫から岡山の間を駆け抜けていくコースのようです。
  18年 台風が最多ペースで発生 8月に初の5日連続で
朝から風はかなり強く、雲も出ていました。雨、時頃から降り出しました。かなり激しくなっています。
夜の映画に行こうかとも思っていたのですが、台風直撃で電車やバスがどうなるかも心配だったし、早めに帰りました。庭に、あまり被害がないといいんですが。


このところ目について記事をいくつか。
これ、便利かも。折りたたみ傘で出掛けるときは、途中で止んだ時用にしっかりしたビニル袋を持っていてくるんだカバンの中に入れてますが、かばんの外側につけれるの、いいですね。
  カバンに外付けできる 吸水傘ケース

逆転の発想。これ、面白いです。見てみたい。
  スマホ窃盗犯をアプリで「スパイしてみた」ドキュメンタリー

子供さんができて、というところ、なるほどなあです。
意見が変わっても、地に足の着いた発言する人って、家族や友人に恵まれておられるというか、ご自身がハッピー(安定してる)なんですよね。頭だけで考えてないというか。
昔々、ピーター・フォンダがインタビューに答えて、「世の中良くするにはどうしたらいいでしょう」という問に、「徹底的に自分が得する(損しないよう)にって考えればいいと」と答えて、「そんな利己的でいいんですか?」、「長い目で見て絶対に自分が損しないようにと思ったら、人間は一人じゃ生きていけないから、何かしら他人のこと、他人が困っていないか、その影響が自分に来ないか、まで考える。自分に余波が来ないところまで他人を助ける、そうしたら結果として自分も困らないんだよ」といったこと答えていたの、思い出しました。
  SUGIZOさん「パワーの源」 脱原発、難民支援の20年

長くされている方の言葉は、重みが違います。
  日ロ交流協会 岩田守弘さん講演会

ウサギが泳いでいるところ見たことありませんでしたが
  Have you seen how the rabbits are swimming?
前半、犬かきっぽい?と見ていて、地上に上がったら、あ 結局 手足の動かし方は地上でも水中でも同じなんだなと思ったり。こういう動画を見ると、へーっっということが多いです。
20:33 - comments(0) -
やっとこ美容院へ
暑さ、ぶり返してきました。
台風の風によるフェーン現象とか。中には40度近くまで上がったところもあるみたい。
ちょっと涼しくなったと身体が慣れてきたところにこの暑さはこたえました。

さて、髪の毛を伸ばしていることもあって、あとあんまり暑い間は何をする気にもなれなくて、美容院に全然行ってなかったのですが、気づいたらもうほとんど3ヶ月。3月経つとクーポンが効かなくなるので、大慌てで行ってきました。
裾を揃えてもらって、あと中を梳いてもらって、カラリングして、すっきりしました。
ほんとは2ヶ月ちょっとで行かないとだめですね。今のお店(美容師さん)は珍しく長く続いているので、秋からはもう少しこまめに出掛けます。

今週(1泊)、再来週(日帰り)、その次の週(ここはちょっと長い)と、東京に出張に行かないといけません。
ただ、これだけ台風が多いと、暑いと、ちょっと予定が上手く立ちません。着る物も悩みます。もう少し落ち着いた気候になって欲しいですけど。


ダイエットとか言ってる割に、今日は帰りのコンビニで、ビールとこんなもの買ってしまいました。
こぐまのケーキ屋さん、大人気で本もグッズも、そして今回はコラボお菓子、ムースエクレアが出ました。
ムースの方、顔のシールと帽子の厚紙を置いておくと、いろんなものでこぐま店長を再生可能みたい ^-^
  
第2弾の本もこの週末に出るみたいです。楽しみ ^-^

4091284795
 こぐまのケーキ屋さん そのに
 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
 カメントツ 小学館 2018-08-24


 by G-Tools

21:52 - comments(0) -
| 1/4 | >>