わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

嵐の前の静けさ?
珍しく夕方早い時間に日記を書いています。
昨晩はかなりの降りでしたが、今のところ、大阪、それほど雨は降っていません。
ただ、すでに沖縄の酷い状況は入ってきていますし、本当に日本縦断コース。大型の施設は、商業施設も含めて今日は休業したし、鉄道もそろそろ全面的に止まりそうです。
まあ、家でゆっくりしていろということですね。
のんきなことを書いていますが、ウチの廻りは片付けられるものは片付けたつもりですが、被害が大きくないといいんですが。

珍しく昼間に家にいたので、CSのテレビ朝日で放映された、8月に行われた世界バレエフェスティバル、全幕の「ドンキホーテ」を見ました。
大阪では、主演がボリショイのペアで演じられた演目。そちらも素晴らしかったのですが、放映された東京での演目はパリ・オペラ座の2人、ミリアム・ウルド=ブラーム、マチアス・エイマン。この二人、とりわけマチアス・エイマンは大好きなので、見れて本当に良かったです。
それにしても、東京の方々が羨ましい。
もちろんチケットはお高いんですが、地方にいるとさらに新幹線に乗って...とはなかなか行きませんから。
なので、そら生で見るのとは違いますが、テレ朝さんが放映してくださったの、本当にうれしいです。
来月は、ロイヤルバレエの公演も放映される予定ですが、この日は日曜出勤が決まってしまってます。何とタイミングの悪い。残念です T_T

吉田寮、今日までに退去してくださいとのこと。
こういう凄くシリアスな話があるわけですが、
  京大「吉田寮」30日退去期限 どうなる自治の館
それに対して、ヨッピーさんって、何かと面白い企画をされますが、これは、ほんと斬新な企画。
  築105年、日本最古の学生自治寮「吉田寮」を大掃除してみた_PR
へー こんな所なんだとか、企画の面白さと一緒に、何か引き込まれてしまう記事です。ヨッピ−さんの人柄とか、ヨッピ−さんが引き出す寮生や関係者の方々の個性かな。

期間限定だそうです。
懐かしいなあ。あと、斬新な発想のが多いですよね。じっくり見てみたいと思います。
  富士フイルム 樹木希林さんといえば…あのテレビCMも

相棒、今回はシーズン17。10月17日から始まるそうです。楽しみにしてたんですが、そんな時に、ショックなニュースが入ってきました。
  俳優の志水正義さん死去 ドラマ「相棒」の大木刑事役
「暇かぁ」と聞く角田課長、そして大きいのに小松さん、小さいのに大木さんという二人の刑事の存在、大きかったですよね。シーズン17も途中までは参加されているそうですが、とっても寂しいです。ご冥福、お祈りします。

謎は解けたというか、わざとというかいたずらじゃなかったとのことで、ちょっとほっとしています。
それにしても、洋服を通しても1ヶ月のケガになるほど、業務用だと成分が強いんですね。ちょっと驚き。
  阪神電鉄の座席に洗剤、やけどさせた疑い 男を書類送検
  
大阪で刑務所から逃げていた犯人、やっと捕まって一安心です。
しかしまさかの山口県で、それも別件(万引き)で捕まえたら実はという話。
あと、そもそもの経緯とか、あと、今でも「3000人体制で捜索中」で、最近になってあちらこちらの駅にも等身大ポスターで注意喚起してましたが、ということは、大阪近辺にまだいると思ってたって事ですよね。
うーん 申し訳ないけど、ちょっと、何だかなあ感が残ってしまっています。
しかし、自転車で350km、やはり身体は鍛えておかないとねえ ← って、そういう話じゃないんですが。

そうこう書いてるうちに、だんだん雨風強くなってきました。
日本各地、大きな被害がありませんように。
17:15 - comments(0) -
台風の前の静けさ?
台風24号、やはり相当大きいようです。そろそろ、沖縄の被害の画像が入りつつありますが、これ、日本列島に沿って行くんですかねえ...
今の予報通りなら、明日の昼過ぎには近畿地方を通っていくようです。
唯一の救いは、かなりスピードが速いこと。あっという間に通り過ぎてくれると、いいんですけど。
明日の午後は、電車も停まりそうだし、家でゆっくり過ごすのが良さそうですね。

ところで、疲れるニュースが多いこともあって、あんまりニュースに敏感に反応したくないんですけど、これはいくら何でも...
  「のどあめ」なめて登壇、懲罰動議に発展 熊本市議会
「議会の品位」って、のど飴が??(大阪だと、おばちゃん(、おじいちゃん)全滅ですね。)
あと、熊本はそうじゃないのかもしれないけど、国会の映像見てるとやたらと居眠りしてたり酷いヤジがあったり。そっちの方がよっぽど問題じゃないかな。
何というか、最近、「虚構ニュース?」と思うような話が多くて、疲れます。
もう21世紀なのにねえ。
(今日、ちょうど、大学生の履歴書見て、ええっ 大学生って(1年生は)21世紀生まれもいるんだとびっくりしたところですけど、世の中は全然進んでないというか、どっちかというと(女性議員、子連れで登庁したり今までにないことしている人に対して、)逆行(逆上?)してる感じもします。いくら何でも、少しは変わっていった方がいい(いかなきゃいけない)と思うんだけど。

こちらもちょっとがっかりしたニュース。
売れなくて止めますというのは仕方ないことなんですが、売れなくなった理由が.....
  チョコフレーク、生産終了へ 「スマホと相性が悪く…」
かりかりした食感とチョコの甘さが合わさって好きだったんですが、スマホに負けましたか...

自分にもガッカリしてます。
  国語世論調査 「なし崩し」本来の意味回答2割
こんなまさかの意味で使っている人が多数を占めるようになってるんですよ(嘆かわしい)というニュースなんですが、読んでみたら、私、ことごとく誤用の意味で使ってます。とほほほ.....
読書の秋ですし、じっくり言葉の力をつける本でも読まないといけないです。

地元のニュース。リニューアルで新しいお店が増えるのはとてもうれしいんですが、まあ5年は経ってるとは思ったけど、えっ もう10年もたったの?という感じ。はあ 月日の経つの、ほんと早いです。
  『阪急西宮ガーデンズ』約75店舗のリニューアル、ゲート館・別館を開業

道すがら。ランタナはずいぶん長い間咲く花ですが、今頃にまたナス科の花が咲いているのを見つけました。
今は雨も小降りになっていますが、明日の雨風、耐えられるかなあ。
 
21:10 - comments(0) -
睡眠はとっても大事
昨日、疲れが貯まったのか、夕食食べて1時間も経たないうちに眠くて眠くて、で、結局9時過ぎには寝てしまいました。一度、目は覚めたものの、またすぐに寝て、朝起きたら7時。おおっ 9時間以上、10時間近く寝てしまいました。

そのせいか、今日はとっても元気でした(苦笑 昨日雨が降ったので無理かなと思ったのだけれど、母に頼まれていた、家庭菜園の新しい畝作りもしっかり完了。やっぱり睡眠大事ですねえ。なんとなく、この頃夜更かしだったんだろうと思います。気をつけないと。

昨日は雨で、寒いくらいでしたが、今日はとてもいいお天気で、また夏が戻ってきた感じに暑い一日でした。
ただ、夜からは雨になるとか。
台風24号、どうも、日本に沿って北上するコースで来るみたいですね。で、秋雨前線が一気に活発になるとか。
最近植えた野菜たち、まだ小さな芽のものもあるんですが、大丈夫かな。
  

夏の間がんばってくれたオクラ、花が咲かなくなってきました。そろそろ、今なっている実くらいで、終わりかな。お疲れ様でした。
 

今度の台風は、風は強くないんでしょうか。
柿、実が直接落ちただけじゃなく、葉や枝もやられたため、今頃になって実が腐ってしまって落ちたり、もうしかたないから落としたり。なり年だったんですが、かなりダメージ大きいです。
八朔の方は、夏の水やりができてないせいか、どうにも実が大きくなりません。今年は、果物はどうも失敗の年のようです。
 

夏の花も、そろそろ終わりでしょう。
サルビアにマリーゴールド、ケイトウ。花虎の尾。また来年、キレイに咲きますように。
  
18:50 - comments(0) -
明るい話があるといいのに
今年は、天災も多いし、あんまりいいニュースもないような気がするし。
今日は、9月末で辞める人の話を2件も聞いて、ちょっと気分が黄昏れています。

疲れもあるのか、やたらと眠いし、今日は早く休むことにします。

雨、よく降りますね。
今の季節の雨は、一雨ごとにぐっと寒くなるのも辛いです。
もう半袖はほんとにしまわないと。


最近お気に入りの「きつねくんと先生」。
最新作、ある夜 / また別の夜、これもとってもいいお話です。


先週末くらいは、こんないいお天気の日もあったんですけどね。まだ夏の花もがんばってました。
  
20:30 - comments(0) -
驚いてはみても
クレジットカードを使うと、月に1度、明細が届きます。
たいていの月は、えぇっ こんなに使った?と驚くんだけど、置いてある明細や、月々払う会員制のものをチェックすると(当たり前ですが)ちゃんとそれだけ使っています ^^;; カードって、便利だからついつい、ひょいっと使っちゃうんですよね。
あまりストレスを貯めてもいけないので、無理に我慢はしなくてもいいかもしれないけれど、ネット通販+カード決済ですごく楽に買い物できるようになったので、ちょっと要注意、です。


この頃、謝罪会見・謝罪記事、何だか多いですね。
で、そういうものの中には、それって謝ってるの? 本当に悪いと思ってるの?と思うものもあったりします。
あと、ちょっと違う話になるのですが、関西の人間でもともとお笑いは好きだったのですが、この頃、あまり見なくなっています。「いじる」ということが、ツッコむとかボケるとかはいいんですけど、時として笑いものにする、そういう場面を(頻繁に)見るようになって、何だか... と思うようになったので。
明るく、伸びやかに過ごせる社会がいいと思うんですけどねえ。

どうも疲れが貯まってきたみたいで、マイナス思考になりがちです。この週末はちょっとのんびりできるといいけど。(どちらにせよ、台風で、外へ出掛けるのは無理そうですしね。)

伊丹に行ったとき、彼岸花がキレイに咲いていてちょっとびっくり。
地元ではまださほど咲いていません。ただ、いつもキレイに咲くところに行ってみたら、フェンスができてこんな状態に... ここでいつも10本くらい咲いていたけど、生き残れたのはこの2本だけみたいです。ちょっと残念。
  
21:55 - comments(0) -
また台風?
今年は天災の多い年です。
近畿圏は、地震に大雨、さらに台風と、ちょっと一息ついた頃に、びみょーに一番被害の大きい場所が変わって、それぞれが想定外というか記録を取りだして初めてとか二番目とかに大きな被害が出ています。
そろそろ、少なくとも今年は終わりにして欲しい。みんなの偽らざる気持ちと思います。
で、台風24号、南の方にできたんだなあ、北上してくるんだなあと見ていたら、何もそんなところでくきっと曲がらなくてもいいのに.....
まだいつ頃近畿圏を通るかはわからないけれど(こちらの予報だと日曜のうち、こちらだと1日(月)になってからでしょうか)、どうも本州を縦断していくコースになることは避けられないようです。
どうかあまり大きな被害が、これ以上に出ませんように。


凹んでいた東京での失敗は、10月早々に再度上京、リベンジすることになりました。今度こそ気を引き締めてがんばらないと。

そう言いつつ、どうも気合いが足りないのか、体力(と気力)の衰えか、仕事の歩みが遅くて、ほんとぼちぼちぼちとやっています。困ったもんです。

季節、少しずつ進んでいます。
でも、伊丹の方が秋が来るの、少し早いような。左の写真、紫苑でしょうか、たくさん咲いていました。
一方で、私の自宅よりさらに職場の方が温かいようなんだけど、右の写真、ランタナの後ろ、まだ露草が元気に咲いています。
 
21:30 - comments(0) -
つかの間の晴れ間?
秋らしい、湿度の低めの、晴れた一日になりました。
でも夕方から雲が出て来て、今日が中秋の名月だったようですが、何回か見たけどお月様、雲の向こうにあるなあとしか見えませんでした。残念。

バタバタしていて、あれもしたい、これもしたいと思っているうちに会期や上映期間が過ぎていく...ということが多いです。ああ。
今日は、8月から2ヶ月近く会期のあった「みんなのレオ・レオ−二展」に、どうにかこうにか最終日に滑り込んできました。小学校の教科書に「スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし」が載っていて、ご存知の方が多いからかな、最終日の夕方行ったのに、かなりの人出でちょっとびっくりしました。
伊丹美術館外壁のポスター。酒所らしく、白い壁作りの、お蔵のような建物です。
 

絵本の作品は、これまでに何度か展覧会に足を運んでいることもあり、一度は見たことがあるものが多かったですが、絵本作家になる前、グラフィックデザイナーとして活躍していたことやその作品は全然知らなかったので、その時代の展示が充実していたの、行って良かったです。
グッズもいろいろ盛りだくさんで、買うまいと思って(ならのぞかなきゃいいんだけど)一応のぞいてみたら、絵はがき、表だけじゃなく裏にも絵が描いてあって本の内容がわかるなあとか、クリアファイル、このサイズは使い勝手が良さそうとか、そんなで結局、かなりの散財をしてしまいました ^^;;; ま、文具は使いますからね、ということに今日はしておきます ^^;;;

伊丹市立美術館への道すがら。
まだカンナが咲いていましたら、一方でキバナコスモスが満開になっていました。秋ですね。
  
21:54 - comments(0) -
世界が拡がる?
つらつら思うに、
クラシックバレエは、TVで、たぶんボリショイバレエの白鳥の湖を見て、わあ キレイと思ったのが興味を持ったきっかけです。別に習いに行きたい!とかにはなりませんでしたが(そこが押しの弱い私らしいです ^^;;)、公演を見に行きたいとせがむこともなかったけど、TVで放映しているときは見たかな。
大学生になってバイトをするようになり、(お小遣い以上に)自分でやりたいことを選べるようになりましたが、大学時代はとにかく映画にはまっていて、他のものを見たり聞いたりすることってほんとありませんでした。
社会人になって、1年目、いろいろ世界を広げてみようと思いました。まずはクレジットカードに入って、そのカードの雑誌も購読することにしました。隅から隅まで読んで、あと、カード会員特典で少しお安くなるチケットとか見て、とにかく一度見てみようで、歌舞伎(京都)とか文楽(大阪)とか、大相撲(3月場所)とか行ってみました。このあたり、催しは圧倒的に東京が多かったけれど、京阪神が次に多かったのがありがたかったです。
それで満足しちゃって、雑誌も取るのを止めたりしてしまいましたが(をいをい ^^;;)、このときに、フェスティバルホールにボリショイバレエ団が来ていることに気づいて、始めて公演のチケットを取って見に行ってみました。これまた白鳥の湖と、こちらは記憶があやふやなんだけどたぶんジゼルじゃなくてドン・キホーテ。
生の舞台は見応えがあったんですが、なかなかチケットがお高いこともあって、結局、その後も映画が娯楽の中心になりました。
それでもたまに、バレエは、いろんな有名作品のさわりがみれるガラ公演は、ほんとにたまにいっていました。
そのうち、仕事がだんだんと忙しくなって、映画すら年に10本見てるかどうかになってしまい... (その裏には、ビデオでも見れるようになったのも大きいですけど。ただ、私はいまだに、映画はどうもモニタ画面で見るのは苦手。見るなら映画館がいいなと思ってます。)

5年ほど前から映画も、疲れてへたっているくらいなら、ストレス解消の意味も込めて出掛けようと思うようになりました。あと、音楽を、これは兵庫県立芸術文化センターが西宮北口というとても便利なところの駅すぐにできたことが大きいですけど、土日の午後に聞きに行くようになりました。
今一番好きなバレエ団、ハンブルクバレエ団を見たのもこの劇場。その時、ああ 全幕もので、物語を語っているダンスってこんなに素晴らしいんだと思い知らされました。そこからバレエの見方が変わったような気がします。
あと、Twitterを始めて、バレエのこと、ダンスのことつぶやいておられる方に気づき、そういった方をフォローするようになったのも大きかったです。仕事の合間に、はしごしまくっていったい年に何十本(百本越えてる?)見ておられるんだろうという方、お気に入りのバレエ団、ダンサーを見るために日本中はおろか海外まで出掛けている方々。そのエネルギーに圧倒されたし、ダンサーの方々の旬(思うように踊れる期間)って短いんですね。相手役との組み合わせもあるし、ほんと舞台って一期一会だというのもだんだん分かってきました。

そんな中で、まだまだ昨日書いたようにさっぱりですけれど、クラシックバレエだけでなく、コンテンポラリーダンスもちょっと見てみようかなと思うようになりました。
ロレーヌ・バレエ団、そもそも京都までロームシアターまで出掛けるなんて、昨年の今頃の自分じゃ全然考えられないです。
今年の2月にハンブルクバレエ団の公演でロームシアターに出掛け、そこでいろんなチラシを見て、またTwitterでのダンスに関するつぶやきを見て、へーこんな公演があるんだ、じゃあ見てみよう。そんな感じです。
いまだ、あまりわかってないです。
正直、コンテンポラリーって難しそうで、↓のインタビューとか読んでも、うーん 自分大丈夫かなあ(知性いるのか...)とくじけそうになるんですが
  木田真理子と芳賀直子が考える、コンテンポラリーバレエと知性の関係
まあ、でも見なきゃわかんないし、とりあえず行ってみようで出かけて来ました。

こちらの特設サイトで詳しく作品について描かれています(1作ごとの動画もあります)。

一つ目の作品は、ネットではあまりよく言われてなかったんですが(ダンサーらしからぬ体型、ポワントで立てないダンサー、金返せまで言われてた)、私も見終わった時の正直な感想は「うーん わからない」でした。
ちなみに振り付けたのは「いまヨーロッパで最注目の過激な2人組ベンゴレア/シェニョー」だそうで、しかもこのバレエ団が頼んで振り付けてもらった作品。うーん... 「現代アート好きにもお勧めのプログラム」だそうだから、私現代アートわかんねぇな人だからダメなのかなあ... と悩みまくりでした。
いろんな感想、評を見ていると、ポワント(つま先)で立つというクラシック・バレエの伝統、でもそれって人間の動作としては無理のあること、ふらつきはその不自然さを見せているという狙いがあるようです。コンテンポラリー出身のダンサーはすごく身体能力は高いけどトーシューズで立つなんて訓練してないからふらついている訳ですね。その当たりの、大げさに言えば伝統を批判する(というか、それって不自然じゃないという疑問をいただかせる)といったように読まなくちゃいけないみたいです。
ひょえー そんな難しいことできないよと(とか、本当にそうなんかなあとかちょっとあまのじゃくに)思ったりもしますが、そういう風に考えられる作品があるというのが衝撃だったり。

2作目のフォーサイス、「バレエを脱構築した鬼才」なんだそうですが(?_?)、難しいことはともかく、何でバッハの音楽をあんな風にぶつ切りにして使ってるのかさっぱりわかんないけど、でも、ダンサーさん達の身体の動き、人間ってあんな風に動けるんだというか、動きが凄いなあ、美しいなあ、迫力あるなあ、カッコいいなあ、で見ているうちに終わった、あっと言う間の20分でした。
3作目のカニングハム(「ポストモダンダンスの巨匠」)、こちらは音楽がもうノイズに近いような現代音楽で不協和音が嫌いな人としてはそこは辛かったけれど、でも、やっぱり動き面白いなあ、幕をあんな風に使うって面白いなあ、そんなで(たぶん見る観点がさっぱりずれてると思いますけど)楽しくではないかもしれないけど、興味深く見ました。

こちら、実際に踊ったことのあるダンサーの方々の紹介でも「これもありなんだ」という思いで見てもいいみたいなので、とりあえずよかったのかなあと思っています。
  安藤洋子&島地保武が語るフォーサイスの魅力- 「これもありなんだ」と体感してほしい

公演が終わった後、芸術監督とバレエの監督かな、お二人出てこられてのミニトークがありました。
このバレエ団、フランスに19ある、創作のために、訓練のために設立されたバレエ団とのこと。
どんな作品を、どんなダンサーをというところで、「break the rules (既成概念を打ち破る)」を念頭に置いているとのお話でした。(ということは、私の見方もまるっきりは間違ってなかったのかな?)

とにかく、いろんな意味で、刺激の大きな公演でした。
ほっといたら頭はどんどん堅くなるばかりなので、たまにはこういう刺激を受けに行かなきゃいけないですね。機会見つけてまたチャレンジしてみます。
21:42 - comments(0) -
また夏に戻った?
久しぶりに日射しが戻りました。
昨日までの雨で湿気が高いところに、そこそこ高い気温(29度)。蒸し蒸しと、暑い一日でした。
そんな日に、近畿では一等暑いところとして知られる(気温は大阪の方が高くても、盆地だからでしょうか、むわーっと暑さが押し寄せてくる感じがします)京都へと出掛けました。
東山にあるロームシアターで、ロレーヌ国立バレエ団のトリプルビル公演を見てきました。
シアターのアクセス地図では、京都市営地下鉄・東山駅から東へ出て国立博物館の方を通ってとアドバイスされているのですけれど、私はたいてい西へ出て、古川町通、琵琶湖疎水を北上してシアターへと向かいます。
今日は疎水に、大きな白い鳥がいました。鳥の名前は全然分かりませんが、鴫の仲間? 何だか優美な感じです。
  

さて、この公演、先週末に神奈川県でも公演があり、感想をネットに書かれている人が多数。
神奈川芸術劇場のサイトの方が、作品紹介、詳細かな。
 あと、予告編も見れます。
で、優れたバレエ団だという触れ込みだったのに、何というか、褒めてる感想が圧倒的に少なかったので、そうでなくてもコンテンポラリーダンスはわかんない人なのに大丈夫かなあと戦々恐々で行ってきました。
#数を見てないし、評とかもほとんど読んでないので、コンテ、全然分かって
 ないとは思っていましたが、今日はつくづく思い知らされることが。
 舞台の後、芸術監督他の方のミニトークがあって、聞いて良かったんですが
 今回は英語、3組の振り付け家のことを話している時に、「うん 今 Heって
 言った? マーサ・カニンガムって男性なの?」。で、調べて見たらマース・
 カニンガムでした。ポスト・モダンダンスの創設者をここまで間違えて覚えて
 いるとは...
さて、見た感想は... なんですが、この後もまだだいぶ長くなりそうで ^^;; このところの疲れが貯まってきたのか、強烈に眠くなってきました。続き、また明日に書きます。
22:57 - comments(0) -
まだまだ雨模様
しかし昨日は終日、夜までずっと、本当によく降りました。寝る頃にやっと止んだかと思ったら、夜中にまた降って、この頃いつもですが、降るとなったらとても強い雨脚で。
雨も必要ですけど、ここまで降ると、ちょっとうんざり。
さすがに今日の日中はさほど降らなかったけれど、そろそろすっきり晴れてくれないかな。お日様が恋しくなってきました。

今日は、母がご近所にチケットをいただいていたのでその付き添いで、中之島の国立国際美術館まで「プーシキン美術館展--旅するフランス風景画」を見に行ってきました。帝政ロシアの時代に貴族の目利きたちが集めた、とても質の高い絵画の数々をゆっくり堪能しました。
グッズも色々売っていました。この頃なるべく葉書やクリアファイルなどは我慢するようにしてますが、今回はロシアの小物類やフランスのグルメグッズが豊富にあって、ついつい財布の紐が緩んでしまいました。
ご近所へのお土産以外に、自分用にアカシアの蜂蜜と、ドランの色鮮やかな絵が印象的な白ワインのミニボトル。蜂蜜の方は、長く楽しめそうです。
21:00 - comments(0) -
| 1/3 | >>