わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

あっという間の8月
何だか月日の経つの、ほんと早いですね。
お盆くらいまでは暑くて暑くて、どうなることかと思ったけれど、大きな台風が過ぎてそれで気圧配置とかがガラッと変わったんでしょうか。8月の終わりの方は、日射しも元気がないし、晴れの日が多いこのあたりでも毎日どんより曇り・雨続き。夏とか、8月とかいう感じじゃなくなってしまいました。

この夏(も)使わなかったもの。
スイカバッグ、中身入んないですからね(というより、その柄をこの年で持ってたら周りに心配掛けるかな(苦笑))。
あと、暑すぎたからでしょうか、今年は蚊が出ませんでした。蚊取り線香も買わずじまい。こんなこと書いてると、9月になってちょうどいい気温になったからとたくさん飛んでくるかも知れないけど、これは今年の夏よかったことのひとつ。
 
 

スポーツジムの方は相変わらずサボり気味で、今日やっと今月4回目を行ってきました。余った分は来月に繰り越し。いつになったらこの繰り越し分を消化できることやら。
今日はヨガに初チャレンジ。まあ、身体の硬いこと。じっくり、ゆっくりした動きですが、肩やら腰やら、効きますね。今日のポイントは肩甲骨。他の体操でも聞くけど、肩甲骨をしっかり動かさないと・動けるようにしないとダメなんですね。
動き自体はシンプルだし、自分の家でもできそうなものが多かったので、いくつか覚えれたものは家でもやってみようと思います。最近どうも寝付きが悪いので、寝る前にこういった動きで結構良くするの、いいですよね。(と言いつつ、思うだけでなかなか実行に移さないのが...)

楽しい話じゃないんですが、ある世知辛い話にガックリしています。
9月末のバレエ公演、私は正規のお値段で買ったんですが(たしかにまあ、かなり強気の値段設定(S席2万円)ではありました)、おそらく売れてないんでしょうね。とうとう半額割引券が出だしました...
この会社が招んできはる公演、こんなのばっかしです。(なので、この会社からはもうチケット買ってません。今回はホールが売り出されたのでそちらで購入。でも、おそらく会社がいい席は押さえているんだと思います。売り出しすぐに買いに行っても後ろの方の席しかありませんでした。)
高いなあとは思っても、でもお客さん入らないといよいよ関西でのバレエ公演なくなっちゃうし...と(財布的には必死の思いで)買ってるのに。ちょっと辛いというか情けないというか。これで3回目かな。今後もこういうやり方続けはるんでしょうね。もうほんと、この会社絡みの公演行くのやめようかな(悩

「認証」ってどこでやってる・どこを見てるんでしょうね。
このお話、面白かったです。そうなんか、目の付け所、ポイントが一緒なのか。
  猫とAI (「7人家族の真ん中で。」)
22:16 - comments(0) -
秋がもうそこに?
毎日、ほんとよく降ります。
今日こそはお天気持つのかなと思っても、外を見るといつのみないか道の色が変わってます。一回に降る量はそれほどでなくても、雨が毎日続いているし、曇っていることが多いので、土が全然乾きません。
湿気たお天気が続いて、ほんと洗濯物は乾かないし(なので、袖の短いTシャツはもう洗って片付けたいけれどそれもできないし)、冬野菜の種を蒔きたい母は焦っていますが畑を耕すこともできず。いろいろ、うっとうしい週末になりそうです。

風邪の方は、咳が酷くならなくて一安心ですが、相変わらずだるくて気力がさっぱり ←これ、風邪のせいじゃないかも知れませんが...
ゆっくり過ごしなさい、という天の声だと思うことにします。
(ただ、本当は9月2日に渡す予定だった作業、少々遅れ気味。スケジュールに若干の余裕はあるものの、追い込まなくては。)

それにしても、日がたつの、早いですね。
8月いっぱい視聴期間があるからまだ大丈夫だと思って見ていなかった映画等、気がついたら明日まで!! 見る時間あるのかな...
今頃焦っても仕方ないんですが、相変わらず計画性がない人だ...

もう学校が始まってしまった人も、来週からの人も、この週末は最後のゆっくりできる時間でしょうか。
それなりにたっぷり時間はあったはずなのに、この夏(も)、あっという間、あんまり何もできなかった(ような気がしています)。
秋は、食べ物も美味しいし、身体を動かすのにも、音楽や絵を見に行くのにもいい時期。うまく時間管理して、盛りだくさんにしていきたいですね。

 
21:36 - comments(0) -
夏の疲れ?
九州の雨は小康状態でしょうか。
大阪は、朝からどんより、湿気たお天気でしたが、今日は持つのかなという期待に反して夕方から雨脚の強い雨。ただ、あまり長時間の降りではなかったようで一安心でした。
明日は台風とお盆休みでずっとお休みだった大人バレエのレッスン、行けるといいんですけどね。

...とお天気を心配していたのですが、どうも風邪を引いたのか調子が良くありません。
夏の疲れが出始めたのかも知れないし、あと、実はうちの職場、東南アジア方面の出張から帰ってきた人がことごとく酷い風邪を引いています。なんでもすごく冷房がきつかったから、とのこと。ああそう言えばそうでしたね...

というわけで、今日は久しぶりにいずみホールへ出掛け、アルフィート・ガストさんのパイプオルガンを聞いたのですが、途中咳は止まらないは、身体はだるいは、頭はふらふらするは、で、前半だけでギブアップ。
ガストさん、始めて聞いたのですが、ずっと行われていたバッハのオルガン曲演奏会で弾かれた22名のオルガニストの中から「再登場を希望する演奏家」をアンケートで募った、その第一弾の方。前半のバッハ、迫力のある演奏で、素晴らしかったです。後半は「いずみホールのオルガンで奏でるのに相応しい任意の作品をというホールからのオーダーに、意欲的なプログラムで応えてくれました」とのことだったので、どんな曲を弾かれるのか楽しみだったんだけど... とても残念です。

#(翌朝に書いてますが)やっぱり相当疲れていたみたいで、帰宅してすぐに
 バッタンキュー、朝まで爆睡でした。おかげで、今日はちょっとましかな。

このバッハのオルガン企画、いずみホールの音楽ディレクターでもあった礒山雅さんのレクチャー付きで、子どもの頃からFMラジオで磯山さんの番組のファンだった私にはそれが/も楽しみの一つでした。(今日のリサイタル、さっと演者が出てこられ一礼して音楽を始められたのですが、あらためて、ああ磯山さんもうおられないんだなあと寂しかったです。)
突然の事故で亡くなられてしまい、ちょうど始まろうとしていた新シリーズに出掛けることもなくなってしまっていたのですが、磯山さんが企画されていた、この秋から始まる「古楽最前線!〜躍動するバロック」の2年目、中後期バロックからまた聞いてみようかと思っています。
しっかり聴くためにも、体調管理ちゃんとしないとね。
金曜はぐっと気温が下がるとの予報なので、久しぶりに長袖を着て出掛けることにします。
21:40 - comments(0) -
あっという間の
気がついたら8月も、今日が28日、あと3日しかありません @_@
この間2019年になったような気がしてたけど ^^;; もう3分の2が過ぎようとしてるんですね。早い...

それにしても今年になってからでも大雨のニュース、どこそこの町が水浸しになったというニュース、何度見たことでしょう。
予報が徹底されるようになったからか雨の酷さからすると死傷者の方は少ないのかも知れません。でも、大雨特別警報、「これまでに経験したことのないような大雨」「命を守る行動をしてください」、梅雨時にも、やっと秋になるかの時にも、何度も聞いているような。ほんと地球、どうしちゃったのかな。
佐賀を始めとする九州地方、大変なことになっていますが、少しでも早く水が引きますように。これ以上雨が降りませんように。油の処理が上手くいきますように。


そんなときに脳天気な日記で申し訳ないのですが。
英国ロイヤル・オペラ・ハウス(ROH) シネマシーズン2018/19最後の演目、「ロミオとジュリエット」がこの木曜までかかっているので、見てきました。
  もう一度見直したいドラマとしての『ロミオとジュリエット』、英国ロイヤル・オペラ・ハウス・シネマ シーズン
お話はあのシェイクスピアの悲劇、音楽はプロコフィエフ(ドラマチックさというか演劇的な意味合いでは、バレエ音楽の中で三本の指に入ると思います)、そしてケネス・マクミランの振り付け。今回の主演は、若い、最近プリンシパルになったばかりのヤスミン・ナグディとマシュー・ボール。
脇を締める人たちも、ティボルトのギャリー・エイヴィス、キャピュレット卿のクリストファー・サウンダーズと渋いところから、ロザラインを金子扶生、マンドリン・ダンスをマルセリーノ・サンベと若手の上手い人でしっかりと押さえています。
このお話、ロミオとジュリエットが実際に会った・一緒にいた時間って数えるほど(合わせても半日もないのじゃ?)で、出会った時から死ぬまでがほんの5日ほどで、冷静に考えたらいくら何でもな展開ですが、年齢設定ロミオが16歳くらい、ジュリエットが14歳くらい。中学生か高校生と考えると、ああ あんな風に突っ走ってしまうのあるかもと思ったりします。
一方で、その5日間のうちに二人ともすごく精神的に成長して、お話の冒頭ではお人形さんのぬいぐるみを抱いていたり、広場で周りにちょっかい出していたりする子どもが、大人になって永遠の愛に死んでいくわけで、舞台上ではものすごい演技力が要求されます。なので、ベテランダンサーの人が踊ることも多い演目です。
今回の二人、27歳と25歳。どちらも去年プリンシパルになった若いペア。
でも二人ともすごく演技力があって、しかも若いので、本当に出会ってときめいて惹かれ合って、でも運命に翻弄されて苦悩して絶望して... 有名な二つのパドドゥ、バルコニーのシーンも、ベッドルームのシーンも、思わず引き込まれて、つい涙してしまうほど素晴らしかったです。
R&J、マクミラン版、たくさんあるバレエの演目の中でもとても好きな一つなんですが、何度も見ましたけど(吉田都さんのロイヤル退団記念も、スティーブン・マクレエとこの演目でした)、こんな切なくてやるせないR&Jは初めてでした。シーズンの終わりに、ほんと素晴らしい演目が見れて大満足です。このお二人、これからも大注目です。
  ヤスミン・ナグディ =インタビュー「信じてくれる人の元でこそ、より良く力を発揮できます」
  ロミオ役、マシュー・ボールのインタビューです!

来シーズンの演目も発表されました。日本でも(日にちは少し遅くなるでしょうが)放映されるようです。よかった ^-^
  『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2019/20』のラインナップ 全12演目発表!!
観たい演目はちゃんと行けるように、しっかりと時間管理をしないと。
22:28 - comments(0) -
心が温まるような
大阪、昼過ぎから酷く雨が降り出しました。
雨が降るのはいいのだけれど、秋の長雨にしてはちょっと早いような、でも今年はお天気がだいたい全部2-3週早いですからね。ただ、どちらにせよ、降り方が何年か前から変わってきたのが気になります。雨脚が強いというか、もの凄く激しいというか。行ったこと無いけど熱帯のスコールってこんな感じじゃないかな。
九州の方は、もっと降り方が酷くて避難警告が出始めてますね。
今週はずっと雨マークが続いています。大きな被害がどうか出ませんように。

気温も急激に下がってきました。
今日はどうにか30度は越えましたが、明日の予報、最高気温28度。
たぶんちょっと寒いくらいに感じるでしょうね。
電気代も無駄だし、冷房はもう付けちゃダメですね。扇風機も、そろそろ片付けないとダメかな。
実は私の周り、急に涼しくなったからか、風邪引きさんが多いです。うつらないように気をつけとかないと。」


このところ観たい映画をいっぱい見逃しているので、今日はがんばって「風をつかまえた少年」を見てきました。
奇跡的な、あまりによくできたお話に思えるけれど、これ「実話」なんですよね。
アフリカの現状(伝統も政治も含め)も、自然に翻弄される農民達の姿も胸に迫ってきて、そしていろんな小さな偶然(ほんとの偶然も、それを引き寄せるいろんな人の動きの結果も)が積み重なり、少年ウィリアムの熱意と知恵、努力がある実を結んでいきます。
文科省とかいろいろな団体の推薦映画になってて、そういう映画って、いい映画だけど何というか説教っぽくてと思って見るの躊躇うこともあるんですけど(すみません)、でもこの映画は素直に、いろいろ知ることができて、小さな一歩があってこそ前に進むことができること、そのためには「知識」(勉強)もとても大事なこと、そんなことをすーっと感じさせてくれました。見て、ほんとよかったです。
あらすじはこんな感じ ↓。ぜひ、予告編はご覧ください。
2001年、アフリカの最貧国のひとつマラウイを大干ばつが襲う。14歳のウィリアムは飢饉による貧困で学費を払えず通学を断念するが、図書館で一冊の本と出会い、独学で風力発電のできる風車を作り、乾いた畑に水を引くことを思いつく。いまだに祈りで雨を降らせようとする村で、最愛の父でさえウィリアムの言葉に耳を貸さない。
それでも家族を助けたいという彼のまっすぐな想いが、徐々に周りを動かし始める。

数日前の庭、長いインゲン豆の様子。この豆もですが、今の収穫が終わったらそろそろお役御免かなと考えていた野菜が何種類か、あと大根やカブラはそろそろ種を蒔かないといけないんですが、この雨じゃあねえ。
 
少し前に撒いたニンジンも、撒いた直後に大雨に遭ってしまって、さっぱり芽が出ませんでした。
雨は必要だけど、降りすぎても困ります。(「風をつかまえた少年」でも、洪水と干ばつが代わる代わる来てましたっけ) 早く、落ち着いた天気になってくれたらいいんですけど。
22:14 - comments(1) -
一気に涼しく
ついこの間まで干からびそうになるほど暑かったのに、ずいぶんとしのぎやすくなってきました。
とは言っても30度は越えているんですが(今日の最高気温は32度)、でも35度を軽く超えてた日々からしたら、何かこんなの平ちゃら... そんな感じです。
かえって、三分袖だとちょっとスースーするから半袖にしようかなと思ったり。ほんのちょっとのことでずいぶん違うもんです。
ただ、気温が下がったのと、雨が続いて湿気が高いんでしょうか、洗濯物がさっぱり乾かなくなりました。いいことばかりでもないですねえ。


今日は、朝のうちに電車でいろいろ移動しないといけなかったんですが、大阪は今日から学校がスタートしたところが多いみたいです。久しぶりに学生服の生徒さん達を見ました。
ちょっと気になったのが、とある駅で、私は反対側へ進む電車の中から立って向かい側のホームを見ていたのですが、そのホームの一番端から、とても痩せた女子生徒さんが、(たぶんその生徒さんのカバンを抱えた)若い男性にしっかりと抱きかかえられるようにしてホームの中央の方へ歩いていたこと。向かいのホームは電車が行ってしばらくたっていたのか、他の人も電車も見えなくて、そのお二人がふつう電車が停まるよりずっと端の方をゆっくりと歩いておられて(お二人とも硬い表情をしておられて)、何か心配になってしまいました。(横の方もお二人をずっと目で追っておられたので、私の気のせいというわけではないような)

まだ暑いですから貧血や立ちくらみといったこともあるかと思います。今の時期、気をつけないといけないですよね。無理は禁物です。
あと、今の時期、毎年のように言われますが、学校って楽しいところでもある(はずだ)けど、今はそう簡単な話でもないようになってきているようです。
いじめの問題、本当に深刻なようで、もちろん私が子どもの頃もあるにはあったけれど、それほど陰湿ではなかった(と私は思ってる)んですが、今は報道される(おそらくは氷山の一角の)話ですら目を耳を疑うような内容のことが多いです。

朝、何だか気になることがあって、それを勝手に私が心配(妄想?)しているだけです。朝の件は、何事もなかったんだし、これからもないことを祈っています。
ただ、ふと思ったのは、大阪の、日本のいろんなところで、困っている・苦しんでいる人は少なくないんでしょうね。
ちょうど「夜廻り猫」の番外編、そんな生徒さんの気持ちを描いていました。
  夏休み最終日…「明日が 来なきゃいい」 夜廻り猫が描く居場所

何もできない者が端から言っても詮ないことなんですが、ちょっと長く生きてきてつくづくそう思うのは、しんどい時はほんとにそのことしか考えられなくなるけれど、状況って変えられる・変わることがあるということ。たとえば、その場所を離れることができると、ほとんどの・かなりの部分は変えられること。そして、とにかく、命あっての物種だということ。生き続けていたら、いいこともあること。
どうか、しんどい人たちが、ちょっとでも環境変えることができて、ほっと一息つくことができますように。

「夜廻り猫」、今もオンラインで連載が続いていますが、この夏は、全28話オールカラーの特別編「夜廻り猫の雑貨店」が連載されていました。明日(27日(火))の夜に最終話が更新されます。どんな大団円を迎えるか、楽しみです。
1ページ目は、こちらから。
22:17 - comments(0) -
久しぶりの東京行き
通常業務はあるのに、それ以外に「お仕事」あるの、遠出・出張付きなの、辛いです。
弱音吐いてても仕方ないんだけど。
でも、ぶっちゃけ「パトラッシュ…僕はもう疲れたよ…なんだかとても眠いんだ…」
でも、でも、 この業務も、来月で終わり(のはず)。

昼はおにぎり一つだったので、夕食は美味しい物をゆっくりと。


今日の夕焼け、沁みます。
19:55 - comments(0) -
見逃したり見逃さなかったり
昨晩もなぜか寝つけませんでした。
で、疲れが取れないのにも困りますが、朝起きて手帳見て、あちゃー 昨晩見たい番組あったのに見逃した...
そういうことがないように手帳に書いてるのに、見なきゃ意味ないですね。
これも一昨日寝れなかったのが原因ですね(そういえば昨日は一度も手帳見なかった...)。ああ...

嘆いていても仕方ないので、また再放送があることを祈って、今日見ようと思っていた番組をしっかり視聴。
WOWOWでパリ・オペラ座特集をしていたので、オニール・八菜さんのドキュメンタリーと、カール・パケットの引退公演だった昨年大晦日の「シンデレラ」。

ドキュメンタリーの方は、オペラ座の裏側が見れたり、練習風景が見れたりも楽しいですが、踊り手の人の考え方、生の声が聞けるのが、なるほどなあだったり、そんなもんなんだだったり。いくつかとても印象的なお話(下に書く、怪我に対する思い、気の持ち方も含め)があって、短い番組だったんですが、見てよかったです。
八菜さん、昨夏もこの夏も日本の舞台で観たのですが、その間に肩の怪我で半年間も踊れなかったそう。知りませんでした。もう完治なのかな?どうぞお大事に。これからも活躍、続けられますように。
「シンデレラ」、おなじみのストーリーで、ハッピーエンディングなお話もさることながら、意地悪な継母・お姉さんたちのコミカルな演技・踊りがとても楽しいです。この人たちはさっぱり踊れないという設定で動きがとても面白いんだけど、すごくちゃんと踊れる人が無茶苦茶に踊るのって、かえって難しいでしょうにね。大笑いしちゃいました。
引退公演だからかすごく豪華キャストで、お姉さん役にも(ドロテ・ジルベール)・ ・役にもエトワールが!という布陣。目の保養でした。
オペラ座のシンデレラは、舞台がアメリカ・ハリウッドに設定されていて、シンデレラはミュージカル出演を夢見る少女、そして王子様は映画スター。舞踏会は映画の撮影所で、エキストラの人たちの踊りも素敵だし、撮影クルーの演技も楽しいです。そしてシンデレラ(コラサンテ)とスター(カール・パケット)の素敵なパドドゥ。衣装(森英恵さん)も演出もオシャレで、とりわけエンディング、素晴らしかったです。
ほんといいアデュー公演でした。見れてよかったです。放映してくれてありがとう、WOWOWさん。

さて、今晩こそは、ちゃんと寝るぞ〜
20:50 - comments(0) -
睡眠不足はダメ
昨日から今朝にかけての雨、凄かったです。
普通に寝たんですが、あまりの雨音に1時過ぎに目が覚めてしまってその後さっぱり眠れませんでした T_T 明け方に少しうとっとてきただけ。今日は一日眠くて眠くて、大きな声では言えないけど、さっぱり仕事にもなりませんでした。

でもまあ、庭の水やり当分しなくてもいいし、雨はこれで一段落かなと思ってたら、夕方から激しい雨。
間が悪いことに、駅を出てしばらくしたところで降り出して、もうとにかく進むしかない... でやっとこ帰宅した頃には、傘はさしてましたが、スカートもシャツの両袖もずぶ濡れに。

なんかもう泣きっ面に蜂、今晩はよく眠れるといいなあ。

昨晩の雨風ひどかったですが、今朝の庭、それほど大きな被害はなかったようです。(明日の朝また酷い夕立の被害、見て回らないといけませんが)
一番被害があったのは、ケイトウがちょっと横倒しになったことかな。今年はいつになくひょろっと背が高くなってたことも悪かったかな。
20:05 - comments(0) -
お天気どうなることやら
今日も蒸し暑い一日でした。
で、明日はとても不安定なお天気なので気をつけるようという予報でしたが、雨、降り出しました。風がきつくて激しい雨が降り、ぱたっと止んでは、しばらくしたらまた激しい雨風の繰り返し。予報通りというか、降り始めの時間が早かったですね。あまり大荒れにならないといいけど。


今日は、今頃ですが、今年のアカデミー賞でも大変話題になったローマをやっと見てきました。
  話題作『ローマ』が映し出す、矛盾だらけのメキシコ
モノクロで描かれる、1970年代のメキシコ。若い家政婦とその雇い主一家の生活が描かれます。
いろんなことがあるんだけれど、流れる時間は静かというか地味で、ワクワクドキドキするようなお話ではないのに、気づけば物語に引き込まれています。そこそこお客さんおられたのだけれど、皆さんとても集中して(物音一つ立てずに)見ておられて、タイトルロールの最後まで・場内が明るくなるまで全くどなたも動かれませんでした。こんなの、(大阪では)ちょっとないです。
脚本、無駄はないし、すべてのエピソードがつながっていくし、よくできてるなあと感心(でもアカデミー賞では脚本賞「グリーンブック」だったんですね)。あとカメラワークが素晴らしかったです(撮影賞は受賞)。どの役者さんもすごくしっくりして、特に主演のヤリツァ・アパリシオ、これが初めての演技なんてほんと信じられない素晴らしい表情、たたずまいでした。
昔はこうだったんだろうなあという何とも懐かしい気分にさせる描写、そしていつの時代にも変わらない親の、子の、夫婦の、若者の気持ちを見事にあぶり出すエピソードの積み重ね。何というか、ああ映画を観たなあという気持ち(満足感)に浸れる素晴らしい作品でした。キュアロンの監督賞、外国語映画賞も当然ですね。
なんとなく地味そうだし、上から目線的(お金持ちの白人である雇い主側から見た映画)なんじゃないかと思ってこれまで見てなかったんですが、見に行って、大きなスクリーンで見て、よかったです。
(変な食わず嫌いせず、評価が高い映画はまずは一度見てみようよ>じぶん)

インスタ映えという言葉はどうも好きになれないんですけど、でも、デザインのいいものはいいですよね。
こちらの鯛焼き、キュートです ^-^
残念ながら私はいまだに餡が全くダメなので食べには行けないけれど、実物見てみたいですね。四条は、美術館に行くときに通ることも多いので、持ち帰りにチャレンジしようかな。(私以外の家族は皆、餡子大好きなので。何で私はダメなんだろう?)
  【京都】衝撃的すぎる見た目のたい焼き!「あまいろ コーヒーとたい焼き」
22:42 - comments(0) -
| 1/3 | >>