わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

じっくり 人生味わって
今年から(正確には昨年12月末から)少しチェックする映画館の範囲を拡げました。
行けるかどうかは微妙(かなり難しい)ですが、まずは公開されてること知らないと、見に行くことにはならないですものね。たとえば十三(じゅうそう)、へーこんな映画があるんだと思うような作品が公開されています。

今日は「つつんで ひらいて」を観てきました。1万5千冊もの本の装丁をデザインされた装幀者、菊地 信義さんのお仕事(本の装丁って、単にタイトル等のレイアウト考えるだけじゃなく、帯の存在も、そして表紙の紙質やら色合いやらインクの盛り方まで、様々なことこだわって決めていくものなんですね)と、本をつくるいろいろな現場の人たちを写し取ったドキュメンタリー。
  装丁家・菊地信義に迫るドキュメンタリー映画『つつんで、ひらいて』が12月公開
  装幀者・菊地信義さん追う映画「つつんで、ひらいて」 ブックデザイン1万5千冊、ぬくもりとこだわりで
こういう映画を見ると、やっぱり紙の本にこだわらなきゃいけないよなあとつくづく感じます。(私自身は、最近は、視力が落ちてることもあって簡単に拡大できる電子本中心になっちゃってるんですけど...)

紙の本というか、書籍、苦戦してますよね。
さらには、活版印刷がほとんど無くなっているだけでなく、この映画の中で描かれた本に使われたのが最後になる紙(もう製造が終わってしまって、おそらく二度と作られない)だとか、時代が変わりつつある、ある部分については終わりつつある姿が映し出された映画でした。でも一方で、この映画の中には、本が本当に好きで、「読者が欲しくなる本」を手間暇惜しまず、いろんな工夫を重ねてつくろうとする人たちがいっぱい出て来て、こういう方達がいる限り、本って生き残っていくんだろうな、そうあってほしいな、そんな風に思わされた映画でした。

映画館のカウンターに、菊地さんが装丁された本が何冊か置いてあって自由に閲覧できました。
 
たしかに、手にとって見てみたいと思わせる本の数々でした。

この頃、たまに買う印刷された本でもついネット書店で本を買ってしまいますけれど、時間を見つけて、ちゃんと本屋さんに行って、本を見て手にとって感じて、買わないといけないですね。

こちらねえ、ちょっとこの頃体調が悪いこともあって、つくづくそうだと思います。
私も、今年の目標はこれにしようっと。
  ウーパールーパーの目標。(4コマあります)
23:53 - comments(0) -
しっかり欺されて
ミステリー物の映画って、すっごく楽しみにして出掛けたものの、見終わったら割とうーん...だったりするんですが(<(__)>)、これはとっても面白かったです、「 9人の翻訳家  囚われたベストセラー」。
何せ、ミステリーなので、ネタバレしちゃいけないので何も言えませんが、謎解き物として面白いし(この手の映画、ちょっと無理では?と思う箇所があったりするんですが、ほぼほぼありませんでした=私は、1シーンだけちょっとそれは苦しいのではと後で思った箇所があっただけ。)、何というか人の行き方とか心理を逆手にとったトリック、プロットが多く、そうよねえと考えさせられてしまうところも多くて、見て良かったです。お勧めです。

出版社の人たち、翻訳家の人たちが出てくる映画なので、いろんな本の有名な下りが引用されたりします。
私、あんまり西洋の有名な文芸作品って読んでないんですが、プルースト『失われた時を求めて』、いつの日か、読んでみたいですね。


今日はちょっと寒いというか、冬らしい?気候でした。風が冷たかったですね。
明日は、今度は蜜柑の木の枝打ちをする予定なんですが、ちょっと寒さ緩んでくれるといいんだけど。
ただ、全体としては暖冬です。水仙、真っ白なペーパーホワイトに続いて、芯が黄色の糸水仙がたくさん咲き始めました。
 
22:18 - comments(0) -
勧められるままに乗ったのが失敗?
PCを立ち上げたら、OSのアップグレードの準備ができました... セキュリティの強化もあります... ということで、言われるままにアップグレードしたんですが、今回、よっぽど大きな変更なのかな、何か ●は立ち上がらない、■は開かない、▲はみつからないとか、トラブル続出です。これまでこんなことなかったんですけどねえ。
どうにかネットにはつながって、とりあえずブログ書いてますが、このブログ投稿サイトも、これまでと表示フォントが変わって、何だか変な感じです。

メールが立ち上がらないのには焦りましたが、こういうトラブルの時はこうしましょうというサイトをいろいろ探して、とあるサイト情報で動くようになりました。助かりました <(__)> こういう情報おいてくださる方々に、感謝です。(あと、PCだけでなく、スマホやらタブレットやら、別のネットにつなげられる機器があると安心、というか、ないとほんと詰んでしまうことが増えました。)
というわけでいろいろやっていたら、まあだいたい動くようになったんですが、最後、セキュリティソフトがさっぱり動いてくれないの、困ってます。一番大事なひとつなのに。
再インストールしてくださいと言われて、マイページに入ろうとしたら、パスワードはおろか、IDが分からなくなってるし...
(この頃そういうミスが多いので、とあるノートにIDとパスワードを書いているんですが、それを始める前に買ったソフトで、自動更新してたから、探そうにも情報、みつかりそうにありません。最悪、新しいのかいますかねえ。もったいないけど、セキュリティソフトなしは怖すぎるから。)

ということで、今日はまだまだ作業にかかりそうなので、ブログはこれくらいで。

ちょっと前に話題になった動画ですが、こちらをタブレットで聞き・見ながらほっこりしつつ、イライラしないようにして、作業続けます。(サイドメニュー見たら、このシリーズ。他にもいろいろ動画あるんですね。インストール待ちの間とかに、いろいろ探してみようっと。)
  マリンバ3重奏「ぬいぐるみたちの天国と地獄」


# 30日朝に追記
 うーん やっぱりウィルスソフトのID、思い出せそうにないです。
 IDを思い出せば、パスワードは再設定できるんだけど。
 もういっそ、最新情報で一番いいソフトを買い直すかなと思ったり。
 今のソフト、5年契約で買ったのであと2年ほど使えるんだけど。
 もし新しいの買ったら、今度こそしっかり情報メモっておくのと
 あと、こういう性格は大元のところ変わらないでしょうから
 1年契約ものを買う方がいいかもしれないです...

 奈良の方が新型肺炎にかかられて、同乗者に関西の人いるんじゃ
 ないかなと思っていたら、やはりガイドの大阪の方も発症とか。
 密室に何時間もということはないでしょうが、気にはなります。
 とにかく今できることは体力落とさないようにしっかり寝て食べる
 ことと、手洗いうがいをしっかりこまめにすることですね。
 あと、マスクの買い置き減ってきているので、どこかでみつけたら
 補充しておかなくちゃ。
19:35 - comments(0) -
冬らしい寒さ?
昨日今日とちょっと寒いですね。大阪は雨なので大したことないですけど。
関東は雪、北海道は酷い寒さのようです。やっと冬らしくなったのかな。

... とそんなことを朝思っていたら、昼ぐらいから異様にと言っていいくらい暖かくなりました。大阪、19度近くあったそうです。
まだ1月なのにねえ、何かほんと気候、おかしいです。


今頃になっていろいろ本棚を整理していると、以前行った旅行のパンフレット等がいろいろ出て来て、懐かしいなあと見てしまったり。(なので、整理は全然進みません ^^;;)
でも、やっぱりチラシとか置いとかないと、記録とっとかないと、記憶だけじゃ、全然ダメですね。
実は
  柳川雛祭り さげもんめぐり|色とりどりのさげもんが町を彩る/柳川
という記事を見て、ああ、これ前に見に行ったことある、あの旅行いつだっけ、もう7−8年立ったのかなあと思って調べたら、何と2005年でした... @_@ しかも、写真を見て、え あのフクロウの置物、今でも気に入って机の上に置いてるけど、あれ柳川で買ったの?! だったり ^^;;;
  マリアさまが見てるオフ会 in 博多・柳川  その1  その2
(写真、小さいですが、クリックするともう少しだけ大きくなります。)
  
うーん、もともと記憶力はいい方じゃないけど、それにしてもここまで忘れているとは。これからはもっともっとしっかり記録書かないとだめですね。

実は、録画していたNHK特集「認知症の第一人者が認知症になった」を見て、しっかりした、トップを走ってこられた方でも、老いはくるものなんだ、呆けるんだ、自分みたいな凡人は、もっともっとしっかり準備しとかないとダメだと思ったところなんですが、それにしてもこれはちょっと。

ちゃんと、めんどくさがらずにいろいろ記録することと、別に検定にチャレンジする気はないですけど、少し難しいニュースも読んだり、あと、疑問に出たことはこれだけ簡単に調べられる時代なんだから、いろいろ調べてみる、まずはそのあたりからでも、やってみます。
  超難関のニュース検定1級合格 時事芸人プチ鹿島さんが明かす「紙の新聞の味わい方」
21:13 - comments(0) -
月曜の朝から雨
そうでなくても月曜の朝って憂鬱なのに、雨、それもかならの大雨ってテンションがどどーんと下がります。
会社、行きたくないよ〜(苦笑

そんなこんなで、まあ普通に仕事して、で、帰ってカードの支払い明細のチェック。
いろんな方が言われてるけど、え 何 この金額?! 何か不正利用された?! と大慌てでチェックすると、これが絶対ぜーんぶ使ってるんですよね(当たり前ですけど...) 時間をさかのぼれるなら2ヶ月前の自分に、年末だからって無駄遣いしないようにって意見しに行くんだけど。
で、ひとつ自分が無精なので無駄な支払いを発見。
もう使わなくなってるカード、年会費がもったいないし停止しなきゃと昨年秋から机の上に置いてるのに、解約しに行くのが面倒でずーっと先延ばしになってたら、1月に年会費が支払われちゃいました。あっちゃー
でも、じゃあしばらくはいいかとか思ってると、またうっかりしてしまうので、ほんともう使わないんだから、早めに解約にしに行くこと>じぶん


昨日「コッペリア」を見ていて、全幕で見たのは初めてなんですが、へー あの音楽(いろんな番組のテーマ曲とか)「コッペリア」の曲だったんだということがいくつかありました。ドリーブの曲だから使いやすいのかな。
こういう、音楽を知ってると楽しくなること、他にもありました。
WOWOW、2月のラインナップを載せた小冊子が届いたので見ていたら、月末にモース警部(「主任警部モース」)の若き日を描いた「刑事モース〜オックスフォード事件簿〜 」をやるのを発見。久しぶりで楽しみ。今回は24話と25話、だんだんとモース刑事も年をとってきたからか今回はひげを生やしてます。
で、今まで結構見逃した回もあるので見逃し配信あるかなと見てたら、ありました ^-^  で、今、どうせならと第1話から見直し中。今、3話まで来ました。
これって自分の記憶力が悪いというよりは、注意して見てないってことですけど、こういう続き物のTVドラマ、見たかどうか覚えてないんですよね。で、見ていると、(とあるシーンで)ああこれは見たなとは(さすがに)思い出すんだけど、犯人とかトリックとかは(ほぼ最後まで)全く思い出せません ^^;;; なので何回見ても面白く楽しく見れちゃうんだけど、書いててつくづく思いますけど、ほんとなーんもちゃんと見てないんですね ^^;;;
(これ、原作があるもので先に本を読んでいると、細かいトリックはともかく犯人を覚えてないことはないので、小説の方はそれなりに読んでるみたい。ドラマの見方がいいかげんなのかな...)
ともあれ、今回、見ていて感じたこと。モース警部(当時は巡査)は労働層の出身で奨学生(苦学生)としてオックスフォード大を出たインテリ、でも警察官になった変わり種。クラシック、特にオペラの大ファンでいつも大音量で聞いていますが、私、前に見たときはまだほとんどオペラを聞いたことがなくて単なるBGMとして聞いていたんですが、ここ数年母のお供でMETライブビューイング等でいろいろ聞いたおかげで、今回のドラマは見ながら、うん?この音楽が流れるということはクライマックスは高い所? とか演出上の伏線を読めて、おおっ 何事も、知ってるって無駄にはならないもんだなあとちょっとほくほく。
ま、知らなきゃ気がつかないだけで別に楽しみは減らないんですが、知ってると増える楽しみもあって、もっといろんなこと知ってると面白くなるんだって気分にさせられます。
21:58 - comments(0) -
疲れも貯まっている?
さて、まだ昨日の大失敗が尾を引いています。

ROH、英国ロイヤルバレエ団のシネマ「コッペリア」の席をインターネット予約していたので、何度も何度も時間を確認して行ってきました(苦笑 さすがに昨日の今日なので時間を間違わずに観劇。
ただ、こんな失敗するなんて疲れてるのかも知れないと思って、昨日は7−8時間寝たんですが、それでも映画の途中でちょっとうとうと、拍手の音にはっと起きたことがありました。やっぱり疲れもあるのかな。

「コッペリア」、楽しいバレエで、主演の二人(マリアネラ・ヌニェスとワディム・ムンタギロフ)の素晴らしい踊りも、風変わりな人形職人のギャリー・エイヴィスの味のある演技も楽しくて、いい気晴らしになりました。

ただ、ROHシネマ、オペラ6作品、バレエ6作品を公開してくれるのはとてもうれしいんですが、1週間続けての公開も助かるんですが、関西の場合、大阪が朝の10−13時といった時間帯、西宮が14時ー17時といった時間帯、勤めのある人間にはちょっとつらいですね。今回は日曜が空いていたからよかったけど。
あと、毎月1演目とかではなく、今年から1月と5月と7月に4週間連続(4演目を1週ずつ)の公開なんですよね。こちらはかなりつらいというのが正直なところ。普通の映画は2時間ですが、こちらは休憩もはさんで3−4時間はかかりますから。
私の場合、必死でカレンダーとにらめっこして、1月4演目のうち3演目は通いましたが。でも5月はせいぜい2演目しか無理じゃないかなあ。
このスケジューリング、映画館の都合でしょうか。でも勤め帰りに見たい方も少なくないと思うんだけれど。


さて、プランクワークアウト、10日続いたので、ちょっとは体重減ったかなあと久しぶりに体重計に乗ってみたのですが(前回は1月3日に測定)、何と1.5kgほど増えてました @_@
まあ、しっかり食べてますからねえ... (↓ 料理の鉄たれちゃんたちです) 
しかし、それでは全然ワークアウトの意味がないような ^^;;;
21:48 - comments(0) -
ああ 大失敗
さて、今日はびわ湖ホールで、前から一度見たいと思っていた山海塾の 『ARC 薄明・薄暮』の公演。
午前中仕事して、阪急で高槻市まで、歩いてJRの高槻駅について、あとは新快速で大津へ行くだけ。4時開演、3時15分には着くから、ホールまで歩くと25−30分、ちょうどいい時間かなと思いつつ、Twitter見たら、公演紹介が載っていたので読んでいると、開演2時と目に入って... え @_@ と大慌てでチケット見ると、確かに(開場13時半、)開演14時。

何と、14時を午後4時と勝手に間違って思い込んでいました。
公演時間は1時間15分と書いてあって、ということは着いた頃には終わってるやん...(涙

というわけで、すごすご反対向きの電車に乗って、家に帰りました。

こんなことなら仕事してれば、だし、すっごく楽しみにしてたのに、気合い入れてチケット取ったのに、・・・ と頭の中をぐるぐるいろんなことが廻りますけど、誰も悪くなくて、とにかく自分が悪い訳で...
ミスは、いろんな時間の管理、すべてあるメモ帳に書き込むんですけど、その時に(何を間違ったか)4時って書いちゃったんですね。うーん...
で、どの電車に乗るかなど後のスケジューリングは、たいてい手帳だけを見て決めてしまうので、こんなことになってしまいました。うーん、それでも一度や二度はチケット見るんだけど、このチケットに関しては全然見返さなかったんでしょうね、最後まで気がつかなかったところ見ると。書き間違ったときに限って見ないとは、運が悪いというか。

うーん、こんな失敗は初めてです。
大ボケもいいところ。
なんか、これ以外にもいろいろ失敗してるんじゃないかな。心配になってきました。いろいろ気をつけないとね。

ともあれ、ちょっと気を落ち着けて、まずはメモ帳のスケジュール確認、明日にでもすることにします。

しかし、このミス、ダメージおっきいですね。めっちゃ、ショックです。
(びわ湖ホールまで行って気がつかなくて、まだちょっとはましだったのかな。)
21:27 - comments(0) -
やるときはやらなきゃ
新型コロナウイルスによる肺炎のニュース、とにかく人口の多い国だし(14億人)、旧正月=春節という抜群の悪いタイミングだし、すごく心配だし、怖いです。
海外の話とは言え、近所の国だし、人の行き来も多いでしょうし。(夜のニュース見てたら、今、一番中国人観光客が多いのは大阪ですと伝えながら戎橋(ひっかけ橋)が写ってました。阪神が優勝したときに上から飛び込む人がいて有名になった待ち合わせの定番場所です。ミナミの方はあまり行かないけど、観光客の方だけでなく、金曜とは言え夜の10時でもこんなに人が多いんだと感心しながら見てました。よく知ったところがニュースで流れるって、なんか変な感じですね。)
何があるか分かりませんし、インフルエンザだって流行っているし、とにかく体力落とさないように食事と睡眠だけには気をつけようと思っています。あと、前からいいと聞いていた消毒剤を購入したり。実際効くんだろうし、病は気からなところも大きいので、用心に越したことはありません。

それにしても、武漢の人口は1100万人だそうですがそこを封鎖するってスケールが大きいなあと思っていたら(大阪、府全体で人口880万ですから)、
  人口1100万人の巨大都市・武漢、事実上の封鎖…公共交通機関の運行停止
湖北省ほとんどくらい封鎖が拡がってるし
  中国新型ウイルス、中心地外で死者2人目 8都市封鎖
新型肺炎用の病院を10日で建てるとか
  中国・武漢に1000床の新病院、10日間で建設 新型肺炎治療に特化
いやあ この機動力は見習わないといけないです。凄いは。

それにしても、変な気候ですね。
雨は降らなかったけれど、どんより曇った湿度の高い日で、変に暖かくてなまあたたかーい感じでした。3月というより4月の感じかな。まだ1月の下旬なのに。
病気がいろいろはやるのこの気候もあるでしょうね。
異様に暖かい日があったり、かと思うと冬っぽい気候の日もあって、変な気候に、寒暖差に身体が付いていってない感じ。
今日は柿の木だけを枝打ちしましたが、カイガラムシの抜け殻がいっぱいあって、いつも以上に発生していたみたい。
暖冬だけど、この後で寒波が来るとお年寄りの木が多いので枯れてしまうかもと心配していましたが、長期予報、今年はどうも「冬」が来ないまま終わりそうですという予報が多いので、その心配はないのかな。
ただ、上の方を枝打ちした感触では、だいぶ木全体が弱ってきてますね。母もはっきり覚えてないけど、もう四捨五入したら50年近いだろうから、無理もないのですが。

さて、昨日見たもう1本は「レディ・マエストロ」、実話に基づくお話。女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの半生を没後30年を記念して作られた映画です。
音楽界も、まだ(特定の)学期はまだしも、指揮者は、今でもほんと数少ないですよね。オーケストラが楽団全員男性しかいないところも、まだあります。奏者は、音楽学校の学生さんは、どの楽器でも、どの学科でも女性もたくさんいるのにね。
今でもそうなのに、昭和になったかならないかの時代に音楽家に、それも指揮者になろうとした女性、凄いなと思います。当然、いろんなバッシングやら嫌がらせを受けるんだけど、それがほんとあるあるなことが多くて...
映画の中に「目をつぶって聞いていると、女性だって分からない」という台詞が出て来ます。
それでいい、それを・それだけは受け入れて欲しいなと思います。
女性だから優遇してくださいなんて誰も、どの女性も思ってなくて、せめてスタート地点は、評価の方法は同じにしてください、とそれだけを願ってるんじゃないかな。
多くのオーケストラでは、今は、新しい奏者を決めるときにブラインドで(ついたての影で演奏してもらって)音だけを聴いて決めています。性別の、人種も関係なく、音だけで決める。それが本来ですよね。
少しずつでも、そういう流れが、いろんなところへ広まっていきますように。
21:37 - comments(0) -
予想外の展開に
世の中、嫌なニュースが少なくないですね。
いろんな人間関係があるので、人のおうちのことにとやかく言っちゃいけないですけど、どう考えてもそらあかん...な芸能ニュースが流れてきて、先週見た「ケイジとケンジ」の演技も...だったよねとか、うん?このお相手の人、どこかで見た... あ 何度も何度も映画館で予告編を見た「寝ても覚めても」の共演者なんだとか、思い出してました。
うーん ドラマの関係者、映画の関係者、がっくりしたはるやろなあ。お気の毒に。

ところで、予告編ってとてもうまく作ってありますよね。予告編見たら、何かどの映画も世紀の大傑作みたいに思えちゃいます。(たまーに、実際に見て腰が抜けそうになることもありますけど(笑))
さて、今日は、見逃した映画を2本、見ることができました。
1本は「ボーダー 二つの世界」。
これ、予告編見て何だか変わった、奇妙な感じの魅力のある映画だなと思っていました。もともとあまり下調べして見に行く方じゃありませんが、この映画は特に、予告編とチラシの情報のみ。チラシには
  「僕のエリ 200歳の少女」の衝撃再び! 
   切なくも美しい究極の北欧ミステリー
とありました。お話、
  主人公は、心の臭いをかぎ分けることのできる女性ティーナ。税関職員で、
  違法な物を持ち込む人を、その心の動揺をかぎ分けられるので見事当てる
  ことができます。ある日やってきた怪しい旅行者ヴォーレ。ひどく臭う
  のに、でも、検査しても何も違法な物は持っていない。
  その彼との出会いがティーナを...
といった感じ。
いやー ぶっ飛びました。
つい、こういう展開になるのかなと予想したりしますけど、ほんとに予想外の展開ばかり。で、たしかに「胸が張り裂けるほどの衝撃!」でしたね。
何を書いてもネタバレになっちゃうので書けませんけど、ほぼ情報なし、予告編(ミステリーなので、見事にネタバレなし)情報だけで見に行って、よかった。(原作者というか共同脚本家が誰かを知ってただけでも、ということはこういう話かなと予想しちゃったでしょうから。)
楽しい話、ではないですが、今の時代、世界で嫌でも考えなくちゃいけないあることと関連していて、ずしーんとくる映画でした。
こちらは、ネタバレにならないように書かれていますが、それでもここは勘のいい人ならヒントになるなという部分もありますので、できれば、映画を観た後でお読み下さい。=>アリ・アッバシ監督が語る、映画/文学にできること・できないこと

今日も暖かく、で、雨は午前中だけ。明日明後日は降らないらしいので、明日は朝から枝打ちを決行(笑)することになりました。なので、今日はもう早く寝ます。もう1本の映画の感想は、また明日。
22:49 - comments(0) -
季節外れの雨
明日から1週間雨が続くという予報、でも予報より早くに夕方から雨がぽつぽつ降り出しました。
寒くはならないらしいけど、かなりの雨風になる、それも1週間も続くって、1月末にはらしくないお天気ですね。(TVの天気予報では、4月下旬の菜種梅雨の頃に気圧配置がそっくりだと言ってました。)

大寒だなあ、今年は暖かいけど2月上旬が一番寒いから(大阪でもその頃はたいてい雪がちらつきます)さすがにそろそろ寒くなるのかなと思ってたんだけど、連日10度越え、高い日は15度を超える予想に @_@
あと、今年は柿の木や蜜柑の木、かなり枝を切ろう、大寒になったら切ろうと母と言ってたんですが、このお天気じゃ1週間は待たないとダメですね。うーん タイミングの悪い雨。

ところで、大寒と打とうとすると(間違ってたいかんと入力したら)体幹が出て来ます(苦笑
今年は朝夕がんばるぞーが新年の目標でしたが、案の定意気込みだけで倒れかけてました ^^;; が、いいアプリを教えてもらったので今で1週間ほど毎日プランク続いています。
  プランクワークアウト - 無料で30日のプランクチャレンジ
画面が小さい(iPadに入れても、中央の方だけで動いてる)のでiPhoneに入れて、見ながらがんばってます。
初級、中級、上級とありますが、当然初級を。1日1回、ワークアウトすると記録してくれて、で、リマインダをセットしておくと「忘れてるよ」と通知もしてくれます(夜の9時にセットしていたので、はじめ何でこんな夜にアラーム鳴りだしたんだろうって焦りました(苦笑)
プランクもいろいろあるもんですね。前向いて、腕立て伏せ風(腕を伸ばす・肘をつく)のは知ってたけど、足を膝まで突けるのとか、横向き(左・右)、昨日からは裏向き(足が前で、後ろ向きに手をつく)も出て来ました。
前向きはどうにかこうにか、横向きはまだ本当は足を伸ばしてしなくちゃいけないけどできないので膝までついてやったりかなり手抜きモードですが、とにかく一日一回、合わせてもまだ5分も動いてないけどとにかく続けていると、ちょっとあばら骨のあたりがスッキリしてきた?
とにかく1ヶ月初級、2ヶ月目は朝晩初級くらいのペースで増やしていって、夏には中級くらいやれるといいですね。
プランク、体幹を鍛えるの、ダイエットにも効果あるでしょうし、お腹が引っ込めばタンスの肥やしになってるスカートも復活できるし、あと何より、私はかなりの猫背だし胸を張ってない・腕が前の方で下りてるんですが、自然と姿勢が良くなっているのがうれしいです。これやると身体も温まるし、とにかく寒い間?、このアプリ、続けてみます。

あと、腹筋も鍛えないとと思ってますが、お勧めの体操やってみるとなかなかきついのと、変に力が入っているからかどうも腰に来るなあ、怖いなあというので全然続きません。
で、昨秋TVで話題になってのかな、逆腹筋(立って反り返る運動)
  1) まず両足を腰幅に開く
  2) 足の指を床から浮かせる
  3) 両手で頭を支え上体を反らし5秒キープ
  4) 息を吐きながら元の姿勢に戻す
これを1日10回×3セット、はもっと簡単だし、腰への負担も少なそうなので、ダイエットに効かなくても姿勢は良くなりそうだし、お腹引っ込めばめっけものだし、こちらも思い出したときにやってみようと思ってます。


日本産のワインもいろいろ増えてきました。
こちら、広島県世羅町のワインだそうです。広島でもワインを作っているとは、知りませんでした。どんな味わいかな ^-^
22:08 - comments(0) -
| 1/4 | >>