わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

今年も半分終わって
正確には、今年は閏年で366日。半分は183日。6月までで182日終わったので、もう1日猶予?があるかもしれないけど、でも、まあまあ半分が終わっちゃいました。
覚えているのは、コロナ関連の話ばかり。2020年前半、嫌な記憶ばかり残ってますね。これからの残り半分は、どうか、明るい話題もあり(多く)ますように。

暑くなってきたのでマスクも一苦労だったり。
でも、最近買った1枚物のマスク(水着素材なのかな、伸縮性のある化学繊維製)がなかなか優秀で、バレエのレッスンの時、不織布だとさすがにちょっと息がしにくかったんですが、それだと大丈夫でした。ちょっとお高いかなと思ったけど(1枚あたり500円強)、洗えば何度も使えるし、いい買い物でした。(私が買ったのは、タカキューさんのもの)
マスクも、消毒液等も、一時はほんと手に入らなかったのが、店頭でも見かけるようになりました。ストックというほどではないにせよ、今使ってるのが切れたとき(の分は、今のうちに買っておくのもいいかもしれないですね。
今、バタバタ忙しいの、7月第2週になったら落ち着くかな(少なくとも、7月中にはめどが付くと思うんだけど...)
夏の熱いうちに、秋冬に備えて、早めに動いておくようにします。

いつも行っているスクラスがなかなか再開されなくて、6月に急遽開拓?した新しいバレエスタジオ。
行ける曜日に行っていたら、いろんな先生のレッスンを受けることが出来て面白かったです。説明なしにどしどし動く先生もおられれば、説明の詳しい先生も。その説明も、先生それぞれに違って、いろいろなるほどなあ...でした。
7月から元のクラスが再開するので、購入した回数券がなくなったらもう行かない(行く余裕がない)と思ってたんですけれど、今日のクラス、先生の指摘がまあ目から鱗のことばかりで(自分がいかに立ててないかがつくづくよく分かりました)ほんとにためになったので、火曜日、8月くらいまでならどうにか空けられそうなので、あと2ヶ月くらい続けてみようかなと思ってます。
それにしても、「バレエの立ち方が出来ますか」なんてタイトルの本があるくらい立ち方、立つ際の筋肉の使い方(どこに意識をおくか)って大事だそうですけど、今日はほんとに、え? そんなところを意識するの? でした。で、意識すると、やっぱり全然違うんですね、鏡の中の自分の身体の見え方が。
バレエ始めて、こんなぼちぼちでも続けてて良かったなと思うことの一つに、膝が痛かったのがほぼなくなって来たことがあります。少しは筋肉が付いたこともあると思うし、何より、(体幹で)身体を引き上げることがほんの少し出来てきて、前より足に自分の体重全部はかからなくなったことが大きいと思ってます。もっともっとちゃんと立てれば、それだけ、腰とか足とかの負担が減って、楽に動けて、姿勢も良くなるはず。
別に踊れるようになりたいとは思ってないですが(←意識が低いです ^^;;)、膝やら腰に痛みがないの、いいですよね。がんばります。

それにしても今日は、ひどい降りでした。大阪で一番ひどかったのは午後の早いうち、ぐらいかな。たまたまコンビニへ買い物に行ったので、たったそれだけの間にずぶ濡れになってしまいました。
この雨、今から東海・関東の方へ行くみたいですね。大過、ありませんように。
写真は週末、まだ青い空が見えている頃の柿の木。もう小さな実がいくつもついています。人が右往左往している間に、季節は着実に動いていっているんですね。
 
22:11 - comments(0) -
月曜は忙しい @_@
何だかバタバタとしています。
仕事で忙しいのは、今の時代、ありがたいことなんだと思いますが、でも、しんどいのはしんどいですね。

愚痴を書いても仕方ないけど、疲れるのは、作業量が多いとかそういうことでなく(まあ、結果的に多くなってるけど)、せっかくいったん決まった(と思った)ことがまた揺れ戻してというか蒸し返されて、また何週間か前に話が戻る、そういうことがある(何回か繰り返されている)から。
何だか、効率、悪いです。気に入らないなら、これでどうですかと尋ねたときに言ってもらえるといいんですけどねえ。


今日は遅くなってしまって、せっかく京都へ行っているんだし水無月を買おうと思っていたけれど、もうたいていのお店は閉まっていて買えませんでした。残念。
ともあれ、今日はもう寝て、とにかく明日からがんばります。
この木曜までに見たい映画、たくさんあるんだけど、行けるかなあ。
明日明後日、大雨になるって言ってますね。あんまりひどい降りになりませんように。

とにかく、ぼちぼちがんばります。
 
22:56 - comments(0) -
何をどう応援するか
アップリンクという配給会社でもあり、映画館(これまでは東京に。この6月に京都にも)も開いている会社があります。
他ではなかなか配給してもらえない、たとえば中東の映画などを買って配給して私たちに見る機会を作ってくれる会社で、こういう会社があってありがたいなと思っていました。なので、コロナ禍で支援を呼びかけられた時、さっそく乗せてもらったりしました。
#配信サービスの購入という形
 実は買ってから3ヶ月以上足ってるけど、有効期間8月までだったかな、
 まだ1本も見ていません(苦笑 配信サービスって見るの、苦手なんです
 よね、映画館で見るのは好きなんだけど。
 見たい映画も何本もあるので、これも早く見始めないとね。

ただ、代表の浅井さん、たしかにクセが強いというか、私が聞くのは公の場面の発言だけれど、それでも何というか、そこまできつい言い方・見方・とらえ方しなくてもとふと思わせるところがありました。

アップリンクでひどいパワハラが行われていたという告発があり、その後一定の対応が取られたのかなと思ったけど全然そうじゃなかったようで(解決策的なものを浅井さんが提示したんだけど、実はそれは被害者の方達がこういう考え方もあると交渉の土台として提示したのを、被害者達と何ら交渉せず、勝手にまるで自分で公にしたんだそうで...)、その後、今回告発に加わらなかった、でも、過去アップリンクに勤めていてやはり心身壊されて退職された方のブログ等をよんでも、まあ本当に典型的なパワハラというか、ひどい状態が(浅井さんの言う、忙しくなったこの2年どころでなく)何十年も続いてきていたようです。
で、告発されている方々も、ブログ等を書かれている方々も、本当に、ほれぼれするくらい文章が上手いです。あれだけの文章をきちんと、ややこしい話をすっきりと論理立てて、つい感情的になるだろう話題を冷静に書けるって、はっきり言って、並大抵の技量じゃないです。そういう人たちが支えてくださったからこそ、アップリンクの配給する映画は名作揃いだったんだとあらためて思いますし、その人達が罵倒され、何(十)年たってもいまだに映画館に足を踏み入れることも出来ないくらい心身ダメージを受けておられるパワハラがあったとは。

答えは何もありませんが、そういうものを、ある意味支えてきたひとりとして、今、何とも言えない思いを持っています。

(そう言えば、DAYS JAPANのことも思い出します。
 日本には、きちんと報道写真を扱う写真誌がないから、そういう雑誌を
 作りたいという広河隆一さんの思いは、間違った物ではなかったはず。
 一方、私は、創刊号から購読を続けていましたが、広河さんの発言に
次第についていけない感じを持つように。
 あと、いろいろスタッフの方が掛けてこられる電話等に何か上手く言えない
 けど違和感を感じて、迷ったけれど、とうとう購読を止めてしまいました。
 それからしばらくして、いろいろな問題が一気に表に出ました。
 あのとき、私が、スタッフの方の何だかずいぶん神経質になっているような、
 何かにおびえたような声音に感じた違和感、外れてなかったんですね...)

何なのかなあ。
DAYS JAPANも、アップリンクも、志は間違ってないどころか、「立派」なのに、何でこんなことが起きてるんだろう。何がいけないんだろう。受け手の私たち、どう動いていけばいいんだろう。

ただ、ひとつ確かなのは、今はもう2020年。
どんな立派なことをしていようと、パワハラも、セクハラも、絶対ダメということ。それだけは確かですよね。

心より、一日も早く、今回勇気を持って告発された方々、以前にアップリンクに関わられ辛い目に遭われた方々に、少しでも心が安らぐ日が訪れますように。

ほんと答えのない、暗い、モノローグですみません。
また、ゆっくり考えてみたいと思います。

庭では、アガパンサスが咲き始めました。
21:51 - comments(0) -
時間欲しいなあ
さて、昨日はいろいろ美術展のリストアップをしたり、あと、うれしいことに4月5月はずっとできなかった「金曜から始まる来週見れる映画リスト」を作る習慣も戻ってきたり。
ただねえ、こういうの、情報集めても実際に行かなきゃねえ、なんですよね。
春以来、とにかく何だかとっても忙しくて、ずーっと働いているんですが、なかなか、仕事のやらないといけないリストが減っていきません。
美術展はともかく、映画は見たいのがいっぱいあるのですが、5月最終週こそ行けたものの、それ以来パタッと行けなくなっています。うむー こんなことではいけないんだけど...

毎週毎週、週末には、来週こそがんばるぞ! うまく時間を作って自分のこともやるぞ!と思うんですけどね。なかなか。
来週こそは、ああ 充実した1週間だったと思えるようにしたいものです。

今日は、せっかく買った回数券を無駄にしてはいけないので(←それが理由?(苦笑))、バレエのレッスンに。
6月に入ってこれで3回目なんですが、もう足は上がらないは、重力に負けてさっぱり身体が上に伸びないは。
あと、これコロナ禍で家で長時間いるようになって自分でも気づいてたんですが、元々猫背なのが、凄く目線が下に行って+腰が曲がって、ほんと姿勢が悪くなってます。すっごい高齢者みたい。
ここまで姿勢が悪くなると、バレエとか、引き上げとかいう以前の問題で、身体にも悪そうなので、少しでもしっかり身体を立てていくようにします。

今行っているレッスン場は大阪の商業街(小売りでなく、問屋さん等があるところ。この問屋さん、お店によっては会員になると一般人でも利用可能です)にありますが、週ごとに行くと、人が増えてきたなあというのを実感します。
飲食店、2週前は週末のお昼時でもテーブルがまばらにしか埋まっていなかったのが、今日は外にまで行列ができていました。だんだんといろいろなことが戻ってきているのでしょう。
ただ、ウィルスは消えたわけじゃないので、自分で出来る注意はしっかり続けないとね。ふと気づくと、ちょっと手洗いが雑になってたりするので、そこはちゃんとしていかないと。

雨になるとは言っていたけれど、午後からの雨、夜になっていよいよ激しくなってきました。
梅雨だから雨は仕方ないけれど、この、底が抜けたような降り方というのは最近ですよね。一気に降るといろいろ水害も出そうで、心配です。あと、今年はいろいろ苗を植えるのが遅れているので、まだ大きくなりきれていないものがへたってしまわないといいんですけれど...
 
22:53 - comments(0) -
蒸します...
the 梅雨だからしかたないですけど。
今週は、6月にしては高温で連日の30度越え。今年の夏は暑いとの予報ですが、この調子だと本当になりそう...
そこへ、晴れてはいても湿度が高い状態が続いているので、とにかく過ごしにくいです。
こんな時に、ついうっかり、買い置いていた豆腐や納豆の賞味期限1週間以上過ぎていました。もったいないけど、食べてお腹壊すのは怖いので、処分することに。もっとこまめに管理しないと、買うときは食べる量だけ買うようにしないといけないです。

生活時間というか、毎日の行動が、元へ戻りつつあるようで完全ではなくて、とりあえずの上に変わったルールが入ったり、で、どうもうまく対処出来ていません。
ただ、今日、やっと、これまで通っていたカルチャーセンター(大人のバレエ)が7月からは開きますとの連絡が。また一つ、元に戻ることができました。
焦らず、こういうことを一つ一つ重ねていくしかないですよね。

さて、外出自粛が解けて、映画館には行きました。音楽やダンスの舞台は、7月のチケットがあるので出掛けるつもり。となると残り、まだ行く予定がないのは美術館だけ。
ということで、今、何が見れるのか調べて見ました。
  8月16日まで  大阪市立美術館(天王寺) 「フランス絵画の精華」
  10月11日まで 国立国際美術館(中之島)
   「ヤン・ヴォー ーォヴ・ンヤ」(読み:ヤン・ヴォー)展 
  10月4日まで 予約制
  「杉本博司 瑠璃の浄土」 京都市京セラ美術館
  7月26日まで 福田美術館 「若冲誕生 ー葛藤の向こう側ー」
  7月3日から11月8日まで 予約制
   「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」展 兵庫県立美術館
あべのハルカス美術館は8月30日まで「ムーミン展」。とてもいい展示でしたが、東京で一度見たので、今回はパスかな。
上の中で、福田美術館の若冲は行きたいですねえ。7月26日までなので、そろそろいつ行くか考えた方がよさそう。
その他は、行ければ行きたいけれど、予定帳を見つつ、コロナの様子を見ながら決めていく・・・ でしょうか。予約制のものもあるので、かなり余裕を持って動いた方がよさそう。

あちこち巡回していた「くまのパディントン」展、とうとう最終の浜松へ。開催されるそうです。
9月13日まで。これ、京都で見逃してしまっていて、普通なら浜松なら出掛けるところだけれど、今回はどうしようかなあ。
出掛けられないなら、グッズ購入だけでもすることにします。

さて、今年は楽しみにしていた美術展が軒並み中止になってしまい、がっかりしていましたが、「ロンドン・ナショナル・ギャラリー」展は会期を後ろにずらして東京と大阪で開かれます。
オンラインで、29日の月曜日、19時から、国立西洋美術館から紹介動画が見れるようです。
  国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」を巡ろう
これは絶対見なくては。

しかし暑いですねえ。
暑さ対策、とくにマスク対策、ちょっと真剣に考えないと、ダメみたい。
 
  
22:12 - comments(0) -
連日だけれど
5月、やっと外へ出れるようになって1週間くらいは映画等へでかけたんですが、その後また忙しくなって昨日まで全く出掛けることが出来ませんでした。
その反動でもないけれど、今日までの上映だったので、パリ・オペラ座の「夏の夜の夢」を見てきました。
ご存知シェイクスピアの喜劇をメンデルスゾーンの音楽に乗せて、しかもユーゴ・マルシャン以下、6人ものエトワールが踊るというア豪華キャスト。さらに、セットと衣装はクリスチャン・ラクロワ! (ほんと、衣装、デザインもですがとりわけ色合いがとても素敵でした。)

今日はぱらっと降るとは言っていたけれど、午後、結構しっかり降ったので、雨の中出掛けるのはとか思ったけれど、やはり動いて、外でいろいろ見るのいいですね。ちょっと仕事のリズム、コツがのみ込めてきたので、これからはぼちぼちと無理のない範囲で出掛けてみたいものです。まだ、近場の映画くらいですが。
今週末も、バレエのレッスンに出掛けれるといいんだけど。そろそろ、時間を決めて予約をしないと。

ところで、このところいろいろな所で、地震や、大阪はきつい降り方するなあくらいですんだけれど、北九州、ひどい雨降りだったようで、何だか(大きな)災害続きのような気がします。
今、やっとコロナウィルスが落ち着いたかなあというところ。密は避けたいので、避難生活とかほんとしたくないですよね。
そう言えばシベリアで38度といった猛暑だそうで、永久凍土が解けたら水害がとか大変と思っていたら、さらに、封じ込められていた現代人には免疫のない病原菌も溶け出すかも、とのこと @_@
  異例の高温続くシベリア、「警戒すべき兆候」と研究者
  「地球の時限爆弾」永久凍土溶解が引き起こす危機 温暖化ガスや病原菌放出
結局、諸悪の根源は地球温暖化でしょうか。ポリ袋の有料化も、それにちょっとは貢献出来るのかなあ。とにかく、少しでも変な動きを止めるため、やれることからやるしかないですね...

こちらは庭のキュウリ。
いつになく小さいなと思っていたら、一度枯らしてしまって二度目に(かなり遅い時期に)撒いたものだそう。例年だとそろそろなり始める頃なんですが、と言うわけで、今年はやっと花が咲き始めたところ。まあ、家族で食べるだけなら、少しなってくれれば充分なので、このままうまく育ってくれるといいんですけどね。
 
22:14 - comments(0) -
少しずつ
終業後、大急ぎで梅田へ。
ずっと中止になっていた映画館でのバレエ、ボリショイバレエ・イン・シネマ、先週に「白鳥の湖」、そして今日、今シーズン、新振り付けで公演された「ジゼル」と続けて公開されました。先週は残念ながら都合が付きませんでしたが、今日は万難を排して。
  キャスト表
ジゼルのオルガ・スミルノワ、アルブレヒトのアルテミー・ベリャコフだけでも凄いけど、ヒラリオン(ボリショイ版はハンスというのかな?)がデニス・サーヴィン、さらには何とベルト(ジゼルのお母さん)に往年のプリマ、リュドミラ・セメニャカともの凄いラインナップでした。
振り付けも(シネマなのでたまに上から俯瞰した映像がありましたが)とってもユニークで、あと、資料をいろいろ調べて(ソ連時代でなく)ロシア風にしているそうで、結構いろいろ筋が違っていました。
アルブレヒト、まあもちろんジゼルのこと好きだったんでしょうけど、今まで見た舞台では軽い気持ちで身分を偽っていた(お金持ちのお遊びというか)感が強かったんだけど、今回のベリャコフ、1幕も、2幕のうちひしがれた感じも、本気で好きだった誠実な(も変ですけどね、婚約者いる身なんだから)アルブレヒトで、ふーんでした。
バチルド(アルブレヒトの婚約者、貴族)も心優しくて、何でも「貴族は悪」というのはソ連時代の像なので、それ以前の、ロシア版に戻したということだそうです。エンディング、へーっという感じで、ネタバレになるので詳しく書けませんが、個人的にはそんなのありかなあ(それはそれでちょっと大変なのでは)と思ったりしましたが、とにかく、スミルノワとベリャコフの踊りや細やかな演技を堪能出来ただけでも、ほんと出掛けた甲斐がありました。

映画館、このLVは1回きりなのでそこそこの人出(それでもふだんの7割程度かな)でしたが、他の演目、入ってなかったですね。平日とは言え、ふだんなら夕方、人で一杯なのに。
そういうこともあるのか、まだフードも、前回はポップコーンだけだったのが、まだフライドポテトとチュリトスが増えただけ。早く人が増えて、フーズメニューも元へ戻るといいのに。

今日は梅雨の晴れ間。暑かったですね。
ミニトマト、いくつか赤くなり始めました。どんどん実ってくれるといいんですが。(どうも今年はナメクジが多い年らしいので、要注意です。)
 
22:55 - comments(0) -
改心せねば...
いや、腰回りが、背中のお肉が拙いなあとは思っていたのですが、事実を知るのが嫌でずーっと体重計に乗っていませんでした。
前回に測ったのが2月11日。4ヶ月半ぶりに乗ってみると @_@ 驚愕の数字が。

数年前、いやもう5年近く前かも知れません。こんな体重じゃいけないなと思った体重になって、それでバレエも始めたり、カロリーママも始めたり。
で、目標(30代の体重。さすがに20代まで戻すのはもう無理でしょう)まで6kgのところ、3kg減はできて、そこからは減らせはしなかったけれど、どうにかそこをキープしていたのですが...
この年末、お正月に増えてしまって、2月の段階は+1kg、これを減らさないとと思っていたのに、この4ヶ月でさらに2kg増えてしまって、何と、スタートの、「これはいけない体重」に戻ってしまいました orz

ああ... 元の木阿弥ってこういうことなんだろうなあ。

ただ、最近、動いていないのに、とてもよく食べてました。ちょっと多いなと思っても、もったいないなとか、今は体力付けておかないとと思って食べてました。たまに胃薬飲まなくちゃいけないくらいだったし ^^;; そら、太りますね。

やっと週1ペースで身体を動かすスケジュールが戻りつつあるので、それは維持して、あと、しばらく(胃が元へ戻るまで)はぐぐっと食事を抑えて胃を楽に・小さくして、(たぶんそれで1kgくらいはすぐに落ちるでしょう) そこからまたぼちぼちと精進していくしかありません。

別に体調に支障が無ければ少々太っても構わないのですが、「少々」が大切だし、何より、胃が悪いとか、身体が動かしにくいとか、さらに洋服が入りづらい ^^;;; はまずいですよね。

ああ、しかし、我ながら、意志が弱いというか、ちょっと気を抜くとこれだから...長く健康を維持されている人って、腹八分目ですよね。見習わなくては。


季節外れに一輪咲いているなと思ったら、木瓜に実がなっていました。大きくなりますかねえ。なったら、お酒に漬ける咳止めになるはずなので、実ってくれるといいんだけど。
 
 
22:25 - comments(0) -
やっと行けました
いい陽気の一日でした。
よく晴れて(もう一日早ければ日食がしっかり見えたのにね...)、湿気はそこそこ、風があったので適度に爽やか。暑いけれど、汗ばむけれど、暑すぎるという程でもなく。本当なら、梅雨の合間の、いい行楽日和なんでしょうが。

月曜は京都へ仕事に行く日。少し慣れてきたので、昼休みに外でご飯を食べたり(カレーうどんのお店だったよう。私は汁を飛ばすのが嫌で(←後から前掛けが出てきたので、うどんでも良かったかも)ライスにしてしまいました。京都だし、揚げナスをトッピング。ずらっと、一味や七味だけでなく山椒やガラムマサラまでスパイスが並んでしました ^-^
 

八坂神社へお参りして、茅の輪をくぐってきたりしました。
門をくぐってすぐに、あったと思ったのですが(ちゃんと「蘇民将来子孫也」と唱えながらくぐりました)
 
本殿まで上がると、
  
こちらにも茅の輪があって、3回こんな風に廻ってくださいと図解してあったので、その通りにしてきました。これで疫病退散!となるといいんですけどねえ。
  


職場が、各自リモートで仕事はしているんですが、まあまあもう集まっても大丈夫かなな状況なので(密はダメだからみんなでは集まれませんが)いろんな打ち合わせがぎゅっと凝縮した形で入ってきました。
何か、今週はタフな週になりそうです。結構疲れが溜まっているのか一昨日、昨日と爆睡していたので、しっかり眠って疲れを取って、乗り切れるようにします。
22:57 - comments(0) -
ミスが多くて...
何かとバタバタしている今日この頃。
いろいろ片付けて、ちょっと遅くなったけど昼ご飯、食べながらTwitter見て... としていたら、今日、楽しみにしていたZoomを使ったトークイベントが昼前に始まっていたことに気づきました..... ああ 何てこと。

朝までは覚えてたんですけどね、そうでなくても忘れっぽいところへ、今、生活のリズムがいろいろ変わってしまっているので、もうめちゃくちゃ。
これからは、とにかくメモをいっぱい貼り付けて、そういうミスのないようにしないと。残念だし、もったいないし(有料イベントだったんです T_T)

昨日今日といいお天気が続いてますけど、明日もいい天気らしいけど、空梅雨は困るし、あと、いっときにどかどかっと降るのも水の被害が出るのは嫌だから避けて欲しいですね。
何か文句、注文ばかりだけれど、コロナウィルス禍だけでもしんどいので、気分は爽やかに、でも必要な分だけ適度に降って欲しいなあ... って、やっぱり無茶な注文かな(苦笑

でも、今日は夏至、1年で一番日が長い日でしたが、夕方に部分日食だったとかで、割とお天気良かったから、見れたところもあって、よかったですね。

Twitter、今日は私の大失敗を教えてくれたんですが(苦笑  新しい言葉を知ったり
  竹酒
素敵なCMを知ったり。
  #エル・ファニング ×ティファニーのCM。
ティファニーって、どう考えても一生私は縁がないですけど、オシャレな洋服や装飾品を身につけたときの気分の良さが、映像が色つきになって上手く表されていて、素敵なCMでした。(日本のCMだと、うわっ 縁が無いは〜で終わっちゃう、ゴージャスさだけが目立つ映像が多いですけど、こういうCMもすればいいのにね。)
あと、こちらのCM、世の中、少しずつ(いい方向に)変わってる、変わっていって欲しいですよね。何かそんなこと、思って見ていました。
  NEWクレラップ「僕は手伝わない」篇 フルバージョン

ユリ、たくさん咲いてくれて目を和ませてくれました。グラジオラスともども、そろそろピークを超えたかな。ありがとう。残念ですが、また来年。
21:31 - comments(0) -
| 1/3 | >>