わたしのメメント日記  〜きょうの覚え書き〜

たれぱんだ大好き人間のどんたれが、
日常風景を記録したり、日々思うことを
つらつら書き留めています。  

連日の夕立
今日も、16時頃かな、音に驚いて外を見ると夕立でした。1時間ほど激しく降って、今日は18時退勤だったのでその頃には上がって、雨のおかげで熱が取れた感じで涼風が吹いていました。
日中の日射しの強さは、相変わらず37度とかなのでたまりませんが、朝夕のこんな気候を見ていると、そろそろ夏も終わりかなーです。
この雨、すごく大きな台風9号が沖縄に向かっていること、あとぐっと東、東京のはるか南の方に台風10号ができたこと、が原因でしょうか。予報ではこれからの1週間、ほぼ夕方は雨ですね。これで気温がちょっと下がってくれると助かります。
ただ、9号の方、ほとんどまっすぐ北上しそうなので本州には大きな影響が無さそうですが、沖縄、九州地方は大変そうです。明日は防災の日。どうか大きな被害は出ませんように。

8月もいろんな事がありました。
大阪なおみさん、テニスが強いのはもちろんですが、今までにもこれまでには違う行動をして(たとえば、戦って下した、有望な若手選手に一緒にインタビューを受けないかと声をかけたとか)さすが世界の最前線で戦っている人はしっかりしてはるなと思っていたのですが、今回のウエスタン・アンド・サザン・オープン、準決勝の棄権表明、感心しました。
  大坂選手「アスリートである前に黒人女性」 黒人銃撃事件で大会棄権表明 米スポーツ界で広がる抗議活動

ウィスコンシン州の事件、動画を撮っていた人がおられてそれが公開されています。相手に逮捕状が出ていたとしても、丸腰の人の、背後から7発打つって、相手が誰であろうと無茶です。
少なくとも、相手が黒人でなければ、こういう扱いはしないでしょう。
それも、先日からBLMということでいろんな事件がこれだけ問題になってきた今、またこんな事件が起きるとは。
私は黒人でもないし、アメリカに暮らしたこともありませんが、それでも、これは「いくら何でも、今、何かをして・変えていかないといけない」状況だろうと思います。
大坂選手、手順を踏んで動かれたようですが、動く(発言する)ことは怖くて勇気がいったそうです。本当に立派な行動だったと思います。

ところで、ネットでは、否定的な意見、準決勝の相手に対して失礼だとか、違和感があるとか、暴動や略奪に賛同しているのと同じだとか、そういう意見が(少なくない数)あります。
個人的には、無茶やなあ、無茶なこと言うなあと感じます。
大坂選手は自分たち(黒人)の命に関わることだから発言し、行動しているのに。
日本にいる私たちは、蚊帳の外で、安全な立場にいて、話を見聞きしています。それで、なぜ大坂選手を非難出来るんだろう。(あと、黒人も差別されていますが、日本人、アジア人だって差別の対象なのですが。完全に他人事じゃない話なのですが。) うーん 私には分からないです。

いろんな、日本だけでなく世界の問題を扱ったドキュメンタリーやドラマを見に行くことがあります。
ふと、(とりわけ、だんだん年を取ってきて、その間ずっと問題は解決していないのを知って)見てもなあ、見るだけでは、どうせ何もできないんだしと感じることが多かったんですが、この一連の流れを見ていて、視野を広くするという意味だけでも、見に行っててよかった、見に行くべきなんだと思っています。
あと、大坂さんみたいな影響力も何もありませんが、BLMといった大きな問題で無くても、自分の身の周りにだって、何だかなあと思うできごといっぱいあります。ずるずると、まあしかたないか、声を上げて事を荒立てなくていいかと見過ごしてきたことが(いっぱい)あります。すっごく小さな事です。職場に、超ミニスカートの女子高生のポスター貼ってあるとかそういうレベルの話ですが、でも、機会があったら(←のっけから弱腰ですね(苦笑)、いつか声を上げていこう、そんな風に思っています。
そうでないと、ほんと永遠に変わらないよね。うん十年、結果として(ほぼ)変わってこなかったんだから。ちょっとずつでいいから、もう2020年なんだから、変わってもいいじゃない(というより、変わらないといけないですよ、ほんと)。

さてさて、そういう大きな話はともかく、今年の庭はいろいろ混乱してました。
カボチャ、どうも2つしかならないみたいですね。今頃ちょっと花が咲き出したけど、これからはまず無理でしょうね。
(それにしてもこういう風に写真を撮ると、今年、いかに草取りさぼったかよく分かります。カボチャの周りは一度は全部スッキリさせたはずなんだけど、1週間もすると、また元の木阿弥状態になってます。)
 
21:50 - comments(0) -
8月も終わり
ふう。それにしても月日がたつのは早いですね。
8月も明日の31日だけ、となりました。
なーんもしないうちに、8月が、夏が過ぎていく... そんな感じです。

今年は、これをやった感が本当に無くて、困ったもの。

今日は、3月以来だから5ヶ月ぶりに、髪の毛を切ってきました。
思いっきりショートにしたのでスッキリしました。
ほんと暑かったので、もっと早く思い切ったら良かったんだけれど、ずっと行っていた美容院が閉じてしまい、3月に行った美容院(チェーン)もコロナでそのお店は休業中。じゃあ次はどこへ?ということもあって、こんなタイミングになってしまいました。

いろいろありますけど、少しずつ涼しく、動きやすくなるでしょうし、手洗い・マスクはこまめに気をつけて、これからもがんばらないとね。

今年は学校はどうなってるのかな。
8月の中頃、制服着た生徒さん達たちとすれ違うようになって、でもまた見なくなって。今年は登校日がいろいろ工夫されているのかも知れませんね。
学校もそんな風に、密を避けて、安全対策してぼちぼちと進められているんでしょうね。大人もがんばらないとね。
 

このところ、大阪は、夜の間に(かなりの)雨が降ることが続いてます。天気予報では雨の確率はほとんどないので、急にいろいろ変化があるんでしょうね。降り方が局地的だし(南の方、和歌山に近い泉佐野=関西空港のあるところ は警報が出てたり)、あと、雨の降り方、変わりましたね。昨晩は、風はなくて雨は真下に降ってたけれど、すごい勢いで、ベランダに落ちるときの音が激しくて。夜中であっても、その音で目が覚めたりします。以前は、こんな降り方はなかったんだけど。
気温が凄く上がったし、雨の降り方も、日本、熱帯化してるんですかねえ...

と言いつつ、庭の方は秋冬野菜を撒いていかないといけません。
こちらのプランターは葉ボタンかな。今年も紅白、並べ方も考えて、庭に本植えしていく予定です。
 
21:23 - comments(0) -
向き不向き
某サービスカード(劇場関係)から、諸般の理由で今年限りでカートを廃止・今後は回数券で運用しますとの連絡が。
このサービス、ずっと使っていたけれど毎回現金払いで、この2月にやっと、それも面倒だしカート作ろうかなと動いた途端にコロナで使えない状態になって、で、カード廃止。もちろん残った回数分は使えるようにしていただけるんですが、劇場まで行かなきゃいけないんだろうし、とにもかくにもタイミングの悪いことです。
私、いつもこうなんですよね。たとえばスーパーで、並んだ列はなぜかいつも進みが悪いし、勘が悪いというかなんというか。

あと、いわゆるポイント制。これも合わないみたいです。
カード作った方がいいのかなと、三大コンビニのカードは作ったものの、いつも持ち歩くのは面倒だし(このあたりがそもそもポイント活用とか不向き)、じゃあ スマホに全部集まるかというと、その勇気もないし(それした途端、きっとスマホなくします ^^;;;)。
なんとかPayもPCからはいろいろ登録したし、iD、Waon、Edy... 一応作ったけど、やっぱり使わないなあ、使うの面倒だなあで、結局、今、ある一つだけ残して他はチャージした分使ってしまってそのカードは終わりにしよう、そんな風に思ってます。
こまめに、お得に、とか、縁がないんですね。
きちんとしようと思うんだけど、わからないくてイライラするの、精神衛生に悪いし。1年ほどがんばってみて、つくづくできないなと諦めたというか(苦笑

(もうひとつ、実はチャージが面倒だったり。←をいをい
 なので、関西系のサービスなのかな、PiTaPaはよく使ってます。
 京阪神の乗り物はほとんど使えるし、ポストペイでチャージ不要なのが
 性に合っているというか。楽です。)


訃報が多いなあと思います。
内海桂子さん、亡くなられて、ああこれで、ナイツも師匠ネタが出来なくなってしまいました。97歳だから大往生ですが、寂しいですね。
そんな風に考えると、チャドウィック・ボーズマン、ニュース聞いてびっくりしたけど、43歳はあまりに早いです。
で、2016年以来闘病中なことも全く知りませんでした。最近の映画は、手術や抗がん剤治療の間を縫って出演していたとか。何と..... まだまだ、まだまだ本当にやりたいことあっただろうに。
ご冥福、心よりお祈りします。

金曜に見に行った映画「ポルトガル、夏の終わり」は、たまたまですが、がんで余命いくばくもない大女優が家族や友人を集めて... と言う内容。彼女も、一時は全快と思われていたのが、その後映画出演をし、気づいたら... というストーリーでした。映画の本筋はそこではなくて、いろいろな人間模様、人生の在り方を感じ・考えさせられるものでしたが、もちろん病の中で何をどのように行うか、生きるかはその人が決めることだけれど、無理はいけないなあ。つくづくそうも思いました。
そんなで、池江選手、復帰おめでとうと思うのと同様、やせて、かなりいたいたしい感じも受けたので、くれぐれも、くれぐれも慎重に、無理しないで活動されますように。

さて、朝夕の風の涼しさ、夜の虫の声からすると、そろそろ秋も近いのかなあと感じたり。(昼間の暑さのたび、まだまだか...とも思いますけど。) サルビア、最後の1本、何だかちょっと寂しいです。
 
21:54 - comments(0) -
夏バテでしょうか
どうも疲れが貯まったというか、疲れが取れない感じが続いています。
今、だるいとか思うと、すわコロナ?と心配しなきゃいけませんが、熱は全くないし(平温低めなので朝夕36度台前半、さすがに発症していたらこの体温はないでしょう)、あと咳もないですし。
そんなに働いている、身体を動かしている感はありませんが、とにかく暑いし、あと、食べるのはまあまあ食べてますが、夜、あんまり眠れてないのが堪えて夏バテしてるんでしょうね。寝付きはそれほど悪くないけど、夜中に暑くて目が覚めて、その後しばらく眠れない・・・の繰り返し。早く、もう少し涼しくならないもんですかね。

ところで、秋冬になったら、例年インフルエンザが流行るし、今年はコロナもあるし大変だなと思っていたら、こんな記事を見つけました。
  Withコロナ時代に迎えるインフルエンザシーズンはどうなる?
ふむふむ。勉強になります。
結局、要は、これまでと同様に、飛沫感染なので、三密は避ける・換気には気をつける・対面の飲食は避ける・マスクは大事・こまめな手洗い+目や口には手をやらない、といったことに注意をすればいいんですね。
ところで、記事の中の表、コロナとインフルエンザ、普通のかぜの症状の対比、わかりやすいですね。
実は(特にきつい冷房の所にいると)くしゃみが出ることがあって、嫌だなあと思ってたんですが、コロナもインフルエンザもくしゃみはないんだ。何だかすごく安心しました。

今月中の仕事があって気になるところですが(何か、いつも納期近くになるとあたふたとしてますね ^^;;;)、昨日の仕事ぶりから、今日はいっそしっかり気分転換した方がいいかなと思って、午後は休みにして、がっつり栄養を取るランチ(フードホールで。昼食時出なかったとは言え、とても人が少なくて驚きました。たしかに、これは大変です...)、そして、久しぶりに(手帳をチェックしたら3ヶ月ぶりでした。その映画館に行くのは何と今年始めて @_@)映画を観て帰りました。
 
とってもいい気分転換になりましたが、その間、携帯切ってメールもSNSもチェックせず過ごしてて、夕方安倍首相辞任のニュースを見てびっくり。
人間、何より身体が一番です。ただ、あまりに突然で(周りの人はそんなことはないと言ってるというニュースばかりだったし)ビックリ。あと、「臨時代理は置かずに、後任の首相が決まるまでは引き続き執務を行う」んですか? 具合が悪いときにそれで大丈夫なんかなあ。体調悪いときは、とにもかくにもしっかり休むのが一番と思うけど。 ←何か、今日休んだ言い訳してるみたい?(苦笑)
22:49 - comments(0) -
一雨来れば
暑いです。
天気予報からは、九州は台風の影響で、東日本もそこそこ降っているように見えるのですが、京阪神はほんと降りません。気温もだけど、この1ヶ月ほとんど降らないのが、人間も、草木も、かなり堪えている感じ。
一雨、ほしいです。


さて、いろいろオンライントーク三昧の日々を過ごしています。

村井理子さん、お兄さんのことを書かれた『兄の終い』も読んでみたいし、あと、本業の翻訳をされた『黄金州の殺人鬼 凶悪犯を追いつめた執念の捜査録』、いつかは読んでみたいのですが、なかなかそこまで手が回らなくて。
#先週、とうとう刑が決まったようですね。
  「黄金州の殺人鬼」に終身刑 迷宮入り事件、DNAで特定―米国
  約40年越しに対峙─凶悪犯「黄金州の殺人鬼」と顔をあわせた被害者たち
  米「黄金州の殺人鬼」に終身刑 被害者に謝罪

今日は、その村井さんの新作、新潮社のサイト「考える人」に連載されたエッセイ、「村井さんちの生活」が本の形で出版される記念として
  村井理子×宮下奈都「村井さんちと宮下さんちの生活」 〜『村井さんちの生活』刊行記念イベント〜
というトークが行われたので視聴しました。
地方在住で、在宅で、子育てしながら、たくさんのしっかりした仕事をされているお二人のお話。働く女性として、そしてコロナの時代、いろんなヒントをいただきました。能力のある、ある意味達人のお話の通りに自分が動けるとは思いませんが、ひとつ強く思ったのは、無理することはないんだなあ、と。子どもさんが小さいとき、いや そんなの それまで通り働くの何て無理ですよ、6割でもいいから、と達人の、いろんな修羅場を通ってきたお二人が話されていると、そっかー そうだよなー それでいいんだと思えて、そう思えただけでこのトーク聞いてよかったなあ、と。(すみません。お二人のお話の本質じゃないところに感動してしまっていると思いますが。)
あと、意外なお話もあって。読者の質問にも答えられたんですが、「子どもさんやご家族のこと、かなり率直に書かれていますが、ご本人達は嫌がっておられませんか」(私も、軽妙にご家族のことたくさん書いておられるなと思っていました)に対し、お二人とも、いやー 全然書いてないですよ、書いちゃいけないことは外して、ほんのちょっとだけしか書いていませんと言われていて、へー そうなんだ... (でもそれで、お話がしっかり見えるというのは筆力なんでしょうね。ちょうど、ダンサーが、小柄な人でも舞台で大きく見えるのと同じ感じかな。) などなど、いろいろ発見があって面白かったです。
もちろん雑誌対談記事(をweb上で)という流れもあるんですけど、でもお二人の声や表情を、自宅に居ながらにして拝見しながらお話が聞けるオンライントーク。コロナがなければ動かなかったでしょう。それだけは、コロナで良かったことかな。

歌舞伎のオンライン配信も始まりましたし
  “ナウシカ歌舞伎”も自宅で 松竹、有料配信「歌舞伎オンデマンド」26日スタート
いやいや、いくら時間があっても、足りないですね(苦笑 上手く時間管理していかないと。

柿の木。ことしはなり年のようですごい数がなっています。
そこまでなっても食べられないというか、それ以前にこれだけ密集して実が付いていては育ちも悪いでしょうし、何より重さで枝がひどくしなって垂れてきて横の通路を歩きにくくなったので、それぞれの塊の実を半分くらいにしようと思っています。ただ、そうしないといけないと決めても、今度はどの実を選んだものか。悩ましいです。
 
22:06 - comments(0) -
ひとつひとつ
残念ながら(苦笑)、今日も暑かったです。最高気温37度、これで35度を超える猛暑日連続2週間だそう。で、週間予報は、明日は少し涼しくて35度だけれど、ずーっと35-36度ですね。これを暑さのピークは過ぎたとみるか、まだまだ暑いとみるか、・・・

コロナの感染者も、グラフ見ると(今回の)ピークは過ぎたのかなあ、過ぎたと思いたい、ですけれど...
それにしても、4月より感染者が多くても第2波とは認めないというのも?でしたが(みんな、そうだと思ってますよね)、こちらのニュースにはガッカリ、ビックリ。そこまでもたもたしているとは。
  感染者情報の国のデータベース 一部データを把握できず
この頃お役所に出す文書、何かと「エビデンス(根拠)」は?と聞かれるわけですが、流れとしては当然だし、いいことだと思ってたんだけど、いろいろ大変だろうけど、ものすごく大事な問題なんだし、データなしに正しい判断は出来ないでしょうから、どうかご自分達もちゃんとしてくださいな...

暑いは、コロナで先は見えないは、みんなイライラしてるんでしょうか。
  レジの飛まつ防止シート引きはがす男、警察が捜査
というニュースを、邪魔じゃないとは思わないけどお客さんのためでもあるものだし、しかも引きちぎるって、それはお客さんいけないなあと見ていたら、今度は
  釣り銭の渡し方注意した客 投げ飛ばされ重体 店員を逮捕 千葉
お客さんの注意の仕方がきつかったとしても、記事によれば、わざわざカウンターから出てきて、突き飛ばすだけでなく頭を床に打ちつけるって、それはいくらなんでも... (ともあれ、このお客さん、回復されますように。)
何かねえ、自分もいらいらしていることきっとあると思うので、(あと正直、こういう方々、どこにおられるか分からないから周りにも)気をつけていたいと思います。

私の場合、ストレス解消法の多くはいい音楽を聴いたり、舞台を見たり。
今も続いているMETの音楽配信、たいていの日は聞いています。かなり古い名作でまったく知らない歌手の方を聞いたり(昔は、結構ラインナップが違ったんですね。全然聞いたことのない作品もいっぱい)、そういった旧作でもう亡くなられた名歌手(パヴァロッティだとか若くして亡くなったホロストフスキーや)を懐かしく聞いたり。最近のライブビューイングでも流れた名作を聴いたり。(ダンスと違って、オペラや音楽はじーっと画面を見てなくても聞けるのでいろんな作業しながらでも見れて、助かります。ちょっと邪道だけど。)
  メトロポリタン・オペラが『Nightly Met Opera Stream』でオペラを配信!
パヴァロッティは、ドキュメンタリー映画がもうすぐ公開だそうです。これは行きたいなあ。あの歌声、何か、なぜかはわからないんだけれど、聞いていると(いろいろくよくよ考えていたことなんて忘れて)ハッピーになります。気持ちを明るくするために、あと、何でそう感じるのかのヒントをみつけに、見に行ってみようと思います。最後は、人柄が出るんでしょうということになるのかな。
#そうだとすると。METの配信、始めは最近出禁になったレヴァインやドミンゴ
 日がたつにつれて配信されるようになりました。
 ドミンゴの歌声、好きなんですよね。演技も含め、いつ見ても素晴らしいと
 思います。でもねえ、(自分の地位を使っての)セクハラ、許される事じゃ
 ありません。(しかも記事を読む限り、かなり、何というか、あっちゃーな
 感じのセクハラで。) そんなことをしてた人なんですよね、そう思うと...
 芸と、人柄・人格と。(仕事だって、めっちゃ有能だけど、近づくのも嫌な人
 もいるしねえ。)難しいです。少なくとも、かなり私の耳は節穴です。

さて、6回あったNBSさん主催のバレエ・スプリーム オンライン
そういう人となり、バレエに対して、舞台に対して、もっといろいろな事・社会全体についてのいろんなことが聞けた回は、ほんと聴き応えがありました。
そうでなかった回も残念ながらあって、でも、日本のことどう思いますか、どんな食べ物が好きですか、って、有名なダンサーばかりだから、どこかのインタビュー(雑誌記事等)で見てますもの。(あと、聞かれる方はほんと耳にたこができてると思う。)(第1回はジェルマン・ルーヴェとユーゴ・マルシャン、この二人に対してそういう質問が続いたときは、彼らがまだエトワールになる前の来日時、あるTV局のワイドショーで、上半身脱いでくださいと言われてそうしてたの思い出しました。何でそんなことを... ←フランスでも(よくない)話題になってました)
私は、つまんない質問の連続だな、がっかりくらいだったのですが、他の方の感想・指摘を読んではっとしたのが、「レスペクトがない」ということ。たしかに。もちろん、カッコイイダンサーさんで、ファン的にはいろんなこと知りたいです。でも、それ以前に彼らは芸術家なんですよね。で、公演の代わりのオンラインインタビューなんだから、彼らの舞台に、バレエに対する思いを聞かないといけない。パリ、フランスに詳しい方が「エトワールになるとそのことがニュースで流れる。国立のパレエ・オペラ座でエトワールになることは日本では横綱になるのと同じ位置づけ。横綱にそんな質問しますか」と言われていて、ほんと目から鱗でした。
パリ・オペラ座の若手3人(上記2人とレオノール・ボラック)の回は、ほんと残念でした。ポラックは別のインタビューで、社会問題にしっかり踏み込んで発言していたのを見たことがあるので、そういった思いとバレエ(とりわけ古典作品)との関わり、どう活かしているのかといったこと、聞いてみたかったですけどねえ。
堅い話は、お客さんは興味がないと思われてるのかなあ。そんなことないのに。
とりわけ後半の3回(サラ・ラム/スティーヴン・マックレー、マチアス・エイマン/スティーヴン・マックレー、リュドミラ・パリエロ/マチアス・エイマン/オニール八菜)に聞けたいろいろなお話は、作品に関すること、学業とバレエの両立、そして人生(生きていくこと)に関わること、とても考えさせられたし、それぞれ踊りを見て好きなダンサーの方々でしたが、こんな風に深く考えて、ダンスのために生活して、舞台で踊っておられたんだなということを知って、さらにぐぐっと(別の意味でも)ファンになりました。

バレエ・スプリーム オンライン、私にとっては別の副産物があって、やっぱり語学分かると、世界が拡がりますね。
高田茜さん、金子扶生さん、司会:山本康介さんの回は日本語だから細かいニュアンスまで分かります。その他もきちんと通訳さんはつくんですが、私、フランス語は全く、ほんと全く分からないですが、英語はまあどうにかどんな話をしているかくらいはわかる程度に分かると、それだけでもふむふむと聞きつつ、通訳の方にしっかり補足していただいて、なるほど〜となれるので、より深く入ってきます。
あと、サラ・ラム、アメリカ人なんですよね。アメリカ人って感じしないけどといつも思ってたんだけど、ボストン(今、郷里に戻っているそうです)で、使う単語も東海岸(のそれなりの階層)だなあという感じ。なるほど。ボストンなら納得。スティーヴン・マックレーはオーストラリア人で英国在住、でも豪英語のクセも英国英語のクセもない、あとインタビューだから(特にフランス人のエイマンが英語で参加していた回は)使う単語、言い回しを分かりやすいものにしていて、頭のいい、気遣いの出来る人だなあ、と。
勘違いもあると思いますが、英語だとどうにかその程度は分かるので、ちょっと楽しめたりしました。やっぱり、言葉が分かるのって大事。
でも英語、しゃべる方は全然ダメだし、あと、フランス語、今から英語と同じレベルまでは全然無理だけど、でも少しは何を言っているのかわかるくらい分かるようになると、もっといろいろ楽しみ増えますよね。ちょっとずつ、がんばってみますかねえ..... このインタビューでも、いろいろ大変だけれど、前向きにがんばっていきましょうって、どのダンサーの人も言われていたことだし。

前向きに、といえば、とは言っても公演も全然ないしと昨日書いたところですが、兵庫芸術文化センターのページに行ったら、9月発売・10月主催公演のラインナップが出ていました。海外の演奏者もおられて、今から発売するって事はちょっと目処が立ってきたのかなあ? 何かうれしいですね。席数は半分になっているので、忘れないようにチケット購入しないと。
22:21 - comments(0) -
まだまだ峠は越さない
今年に入って何かと体温が話題になって、私も毎朝測っては、36度台だ、37.5度は越えていないということを確認するようになりました。
それにしても、毎日毎日、体温じゃないのというような最高気温。嫌になりますね..... 処暑って、暑さが峠を越すんじゃないかったのかなあ...
朝夕、少し風が吹くようになったし、あのうるさい、ほんとうるさかったクマゼミは鳴かなくなったし、日の落ちるのが早くなってきたし。季節は巡ってると思いたいんだけど、巡ってはいるんでしょうけど、日中の日射しはきついし、雲はもくもく入道雲だし。
  雲の峰(「暦生活」)
とにかく体調管理にだけは気をつけていかないと。

日中は仕事に出ているので、こういう機会はないかも知れないけれど、子どもさんには大丈夫?と聞いちゃダメ(大丈夫と答えてしまうから)は聞いたことあるけど、これくらい工夫しないと(特に困っている子ほど)答えられないですよね。(子どもさんも、あと、おそらくお年寄りも) しっかり頭に置いておきます φ(.. )
  遅めのお昼を買いにいこうとしたら、・・・
  「大丈夫?」ではダメで・・・
いや、でもこのお子さん、大事に至らなくてほんとよかったです。
で、いろいろルールはあるんでしょうけど、このニュースはねえ.....
  子どもが日傘で学校、ダメ?
手がふさがるって、雨の日の傘はいいんだから、いいでしょうに.....
この暑さの中、一番大事なのは暑さから身体を、しっかり判断できる冷静な頭を守ることなんじゃないの? 何かこういう杓子定規な議論、日本の学校、いまだに多いです。(私たちの頃からあんまり変わってないというか) もう2020年なのに。
#学校だけじゃなく、こういう、いつ決めたの? 今は誰のためになってるの?
 なこと、少なくないような。気をつけていかないと。

オンラインでいろいろ見れるのはとても便利なんですが、オンライン、こういういいニュースもいろいろ聞くんですが
  コロナ禍でピンチの職人がTwitterで発信→売れ行きが前年の1000倍に
このところ感じているのは、舞台や音楽などはやっぱり直接、自分の目で見聴きするものとは比べものにならないなあということ。でも、まだまだいろいろ難しいことが続きそうです。
こちら、「ゴッホと静物画」展、可能なら東京へ見に行きたいと考えていましたが、展覧会そのものが中止に。残念です。
  SOMPO美術館、「ゴッホと静物画」を中止へ。作品輸送の目途立たず
美術展も、いろいろな公演も、海外からの作品、演者のもの、いつ頃になったら見れるんでしょうね。
どうにか始めることの出来た「ロンドン・ナショナル・ギャラリー」展、東京に続いて、大阪も、日時指定入場券の購入が必要なようです。11月からなのでまだまだ先と思っていたけれど、そろそろスケジュール決めて買っておいた方がよさそう。いろいろ、ほんといろいろ後から後から入ってきますから。
 
今年は、暑すぎて、夏の花はほぼ全滅に。暑さに一番強いマリーゴールドも、去年は一面に咲いていたのが今年は4株のみ咲いています。水はやっているんですけれど、ちょっと元気ないかなあ。雨、降りませんからね。 
 
23:00 - comments(0) -
どうにかこうにか
もうほんとタイトルの通りで、お願いしますねと言われていた最終期限20分前にやっと仕上げ、どうにかこうにか納期をクリア。1ヶ月前から預かっていた仕事なのに。こういうことやっちゃ、ほんといけないなあと猛省中。
それにしても踏ん張り効かなくなりましたね。あと、段取りというか計算というか、いついつまでにこれこれやって(やれて)という計画がまあ甘いというかとんでもなく大きく延びるというか。暑さもだし、集中力もだけど、怠慢さ(最後はどうにかなるだろうという慢心も、とにかくやりたくないなあという気持ちも)、で、結局ここまで押せなくなってるのはやっぱり年でしょうか.....
仕事の引き受け方も、やり方も、再度、ほんと心から考え直さないと、と思ったここ数日でした。

そんなこんなで、会員になっているので所沢での公演をライブで見れますよと連絡をもらっていたNBAバレエの「GRACE & SPEED」、見ることができませんでした。残念。

結局、時間の使い方というか、疲れてしまうと、どっかでたくさん時間を(だらだらと)使うと、なーんにもできなかった...になってしまいます。
東京圏では、いろいろ公演も始まっているようで、・・に行きました!と書かれている人もおられるんですが、京阪神では(私の探し方も悪いんでしょうけど)まだまだですね。
ということは、まあだいたい週末は何かに出掛けていたはずなので、その時間も、そのチケットをとったりetc.の時間も余ってるはずなんですけどねえ。時間はどこに行ってるんだろう??
情報を入手する力?が落ちてるのは確かです。あと、○日△時からチケット販売と分かっていたのに、翌日くらいに思い出して慌てて取りに行ったらもうほとんど残席なかった... だったり。
自分の忘れっぽさを棚に上げて言うと、今は、席数が半分以下になっているせいか、待っているファンの方々の熱意か、チケット売り切れるの、早いですよね。BalletCompany WestJapanが11月23日に「ジゼル」を公演するのですが、販売から25-26時間たったところで思い出して買いに行ったら、何と残り3枚で大汗。(今はSold Outに。ライブ配信チケットが準備されるそうです。)  
まあ、この公演、アルブレヒト:アンドリュー・エルフィンストンさん、ミルタ:瀬島 五月さんもさることながら、ジゼルが中村祥子さんですから。ほんと楽しみです。あと、山本康介版「ジゼル」を見るのは初めてなので、どのあたりを工夫されているのかそれを見るのも楽しみです。

山本康介さんがローザンヌ・コンクールの解説をされるようになって、俄然あの番組を見るのが楽しみになりました。ここは直さないといけませんねということはぴしっと仰るし、プロはこういうところを見てはるんだ、見ないといけないんだというの、いつも感心してしまいます。あと、(理由が分かって、それを)ちゃんと言葉に出来ること。ダンスを見ていて何かちぐはぐだなーと感じることはあっても、それが何故なのかは私には分かりません。で、「肩に力が入っていて」「上半身が・・・だから」こんな動きになってしまっていますという解説を聞かせていただきながらリプレイを見ると、ああ なるほどーと目から鱗が。ついつい大きな動きにだけ目が行ってしまって、(一瞬の)姿勢やバランスは見れてないこと、バレエってほんと総合的で、全身が関連し合って、前の姿勢があるから次につながる。つくづく、そう思います ←分かっても、自分はそうは動けないんですけど ^^;; でも、まあ、理解が少しでも出来たの、まずは第1歩ということで。
山本さんの本『英国バレエの世界』、すごく評判もいいし、ぜひ読んでみたいんだけど、紙媒体しかないんですよね。電子書籍、出ないのかなあ...

SHIVER京都(あれからもう1週間たったんですね...)、写真撮影時3方向いてくださったので、向こう側を向かれているときに。
左から木下嘉人さん、佐藤健作さん(和太鼓)、米沢唯さん。ふと撮った写真ですが、あらためて見ると、姿勢、肉の付き方、勉強になるというか。背筋は真っ直ぐ、でも肩は下げて、首は長く、・・・ ちょっとでも近づけたらなあ。
 
22:53 - comments(0) -
一雨降ると
今日も日中はよく照って、暑い一日でした。
夕方から雷が鳴り出して、大阪も南の方。堺より南はゲリラ豪雨だったらしいですが、北の方は降らないなあ、雷ごろごろは言ってるけどと思っていたら、2時間くらいしてからかな、かなり雨脚の強い夕立がざああっと降りました。これでちょっと涼しくなるかな。

世の中、オンライントークばやりですけれど、この夏の公演は中止になってしまった〈バレエ・スプリーム〉、パリ・オペラ座バレエ団と英国ロイヤル・バレエ団から選りすぐりのトップダンサーが集って舞台で競う公演、トークイベントが6件、行われました。
今日がその6回目、なかなか聞き応えがあったんですが、実は第1回目とか、いやーさすがにそれは... な運営、進行で、Twitterなど怒りの声がばあああっと並ぶスゴイ展開になってしまっていました。
SNSもだし、感想を送れるシステムなので批判、改善要望を書かれた人が多かったんでしょうね。日に日に形を変えて、で、後半は聞いて良かったなあというトークになりました。(実は、開始前に6回分購入してしまっていたので、1回目聞いた時は、早まったかなあ、こんなトークにお金出すのは... 寄附と思えばいいのかなあ... みたいになってたんですけど、立て直していただいて、ほんとよかったです。)
何が悪いか、どうすればいいか、SNSの意見を見て思ったし、また後半のトークを聞いて、ダンサーの方々、踊ることについていろいろ考えさせられました。また、近いうちに(自分のために)まとめたいと思います。


ともあれ、月曜までに仕上げないといけない2つの仕事。片方は、とりあえず形だけはどうにかなったかな。
ただ、もう一つの方が、本当は今日中に半分くらいは作業したかったんだけど、いいとこ5%ですね... 明日中にどうにかなるのかしらん...  どうにかしないといけないんですけど。
ともあれ今日は早く寝て、明日、がんばることにします ← をいをい ^^;;;

録画していたカンブリア宮殿、星野やのことしていました。
こういう旅館、泊まるとおもてなしに心洗われるんでしょうねえ。1泊8万とか聞いたら、縁がないなあと思っちゃうんですけど。
遠くへは出掛けられそうにありませんけど、せめて気分だけでも、遠くへ行ってみましょうか。(向かって左から、スペイン、ハワイ、オランダたれちゃんです。衣装もですが、飾ってある花がそれぞれ違うのが ^-^)
 

#明日の更新は、お休みします <(__)>
22:13 - comments(0) -
いつの間にやら
毎日「暑い 暑い」と書いているうちに、気がついたら8月ももうあと10日。何か、早いです。

お盆明けで、今週末、次の月曜日が納期の仕事が立て込んでますが、全部は仕上がっておらず、この週末は大変なことになりそう(涙  (ま、ツクツクホーシの声におののく人ですから(大汗)

やりたいこと、やらないことはてんこ盛りなんですが、ほんと進みません。
いろいろやっているんですが、ほんと亀の歩み。
ま、進んでいるんだからいい と思いますかねえ。

通販、いろんなところから買ってますが、ずっと続いているところはあまり多くなかったり。Amazon、LOHACO、セシールくらいかな。
で、この間セシールで買い物したとき、もう少し買うと送料無料になるなあと見ていて、こういうのなら続けられるかなと思って
  レッグストレッチチューブ
買ってみました。
よく、床に置いたタオルを、足の指で掴みましょう・動かしましょうという運動がありますけど、あれ、できないんですよね ^^;; で、そもそも足の指、バラバラに動かせません。そういうの出来ないと、真っ直ぐも立てない、バレエの時にも困るので、やってみることに。
母も、足先、指のあたりの感覚が少し鈍いと言っていたので、ソフトとハードを1つずつ購入。二人でやると、片方がサボっても、まあ続けられるんじゃないかな。
届いたので早速やってみましたが、簡単だし、足指にも効くでしょうが、結構太股にも来ます。実は私、ヨガの弓のポーズが出来ません。右足はかろうじて持てるんですが、左足、太股の前側が張ってどうにも持てないんですよね。
このチューブ、太股にも効くし、足指を動かす動きにも使えるけど、反対に、後ろに足を反らすのにも使えるようなので、これで少しずつ左足太股の張りが取れればなあと思ってます。
とにかくこういうのは続けないとダメですよね。毎日まずは5分程度でいいから、忘れないように続けます。

それにしても、ヨガのポーズもいっぱいありますね。
  ヨガの基本ポーズ43種類を写真&動画で紹介!
昔買ったテキストもいっぱいあるし、こういったサイトも動画もいっぱいあるので、毎日2-30分ずつやってみるのもいいかも。
学生の頃テキスト見ながらやってみたことはあって、その頃はそこそこできていて、息が上がるほどハードなものじゃないので、簡単に(?)いつでもできると思ってしまった節があります。で、何(十)年かたって、昔は簡単にできた弓のポーズができない!となってビックリ。他のポーズも、やってみたら出来なくなってたり、本人出来てるつもりでもいやそれは曲がってませんけど?状態だったりするんじゃないかな(汗 
これも「継続 大事」ですよね。ほんと、毎朝、毎夜、ちょっとずついろんなことしたほうがいいんだけど(、ほんと続かない(涙))

大阪、今日は夕立がありました! おかげで外に干していた洗濯物が少し濡れてしまったんですが(苦笑)、先月30日以来の雨、ほんと恵みの雨でした。
ただ、降った後もあまり涼しくならなかったのは残念。
予報、少し変わってきて、明日は降らないかも、ただし日曜は降る、になりました。いずれにせよ、ほんとにひからびた状態だったので、これで一息ついてくれたらいいんですけどね。

サルビア、かんかん照りの中どうにか花を付けてくれていましたが、そろそろ終わりかな。雨で最後にほっとしてくれたらいいけど。
 
22:26 - comments(0) -
| 1/3 | >>